プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2008年10月 
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
バックナンバー

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

還元電子治療その8

[ テーマ: ブログ ]

2008年10月7日19:20:00

私の診療所にはたくさんのご高齢の患者さんが受診して来ます。お若い方では

 

70歳、高齢の方では90歳代です。皆さんが口をそろえて言われることは「自分

 

が亡くなる時は、ころっといきたい」と言うことです。「病気で長わずらいだけはし

 

くない。だって家族の者に大変面倒をかけて申し訳ないし、時に嫌がられてま

 

長生きしたくないと思うのです。」これが患者さんの本心だと思います。これを

 

いた時、私もよい方法はないものかとずっと考えてきました。それである時患

 

者さんを診察していて気が付いたのです。例えばお酒が好きで好きで三度の飯

 

よりお酒を好物にしている人を診ていて「もう肝臓も悪くなっているし、このまま

 

では肝硬変や肝臓ガンになってしまうかもしれない、だからもうお酒の無い生活

 

に戻った方がいいと説得します。」本人も体の具合の悪いことを十分わかって

 

いるけれどその生活を直せないでいます。それから数年して案の定、肝硬変と

 

ガンができてしまいました。そこからが長い闘病生活の始まりとなりました。

 

やっぱり病気になろうとする人は、体の中にしっかりと異変が起こっているのだ

 

と思いました。今の例の場合は、本人も体の具合が悪いと言う自覚症状があり

 

ますが、たとえ自覚症状がなくても病気の起きる異変が体にあったなら、ある時

 

突然倒れ闘病生活に入ることでしょう。体の異変とは、正に細胞の異変のこと

 

です。いくつになっても細胞がピカピカに磨かれていれば体は元気です。そんな

 

人をみていると、長わずらいをしていません。そんな人に限って還元電子治療を

 

していることが多いのです。