プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2014年02月 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
バックナンバー

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

下地の治療

2014年2月4日18:25:00

                                                                           No.603

もしすでに病気が起こっているならば、還元電子治療は下地の治療に

なります。あらゆる病気の治療を始めるときの下地の治療として行う

べき治療です。直接、病気をなくする治療にはなりません。

お薬を使ったり、時に手術をしたり、または放射線治療をしたり、

リハビリをしたり、ありとあらゆる治療を実践するときの下地の治療に

なります。それが何故なのかといいますと、

還元電子治療は、自己防御力を回復するためのものです。すなわち

”自分で病気を防ぐ力”を取り戻すための治療です。

自己防御力が回復すれば、お薬は効きやすく、手術後の経過が良く、

傷が治りやすいのです。また放射線治療後の影響も出にくいのです。

ですから、還元電子治療を病気のための治療ではなく、病気の治療

をするための下地の治療として使って頂きたいのです。

もし現在、病気がないなら、還元電子治療はこれから先もず~と

病気が起こらないために、毎日日課のように行って下さい。

 

 

 


病を克服する気持ち

2014年2月21日08:34:00

                                                                                  No.604

病気など無ければよいのにと思いますが、残念ながらどんどん病気が

せまってきます。いろいろとストレスや過労が多い人ほど、病気も起こり

易いと感じます。しかし社会はといえば、ますます心身のストレスが多く

なり、空気の汚れなど、環境汚染もひどくなっています。

悲しいですが、この方向は容易には変えられないでしょう。

病気になるとき、私たちの体に起こることといえば、体が老廃物で一杯

になることです。体は細胞でできていますので、細胞が老廃物で一杯に

なり、病気が起こります。

細胞の老廃物は、抗酸化物質やネガティブイオン(マイナスイオン)の

”電子”で消すことができます。でもその程度の操作では、掃除が不十分

です。日常、あまりにも細胞を酷使するので・・・・

とにかく”電子”を十分に与えることが、個々人の急務です。

還元電子治療は、直に病気を治しません。

しかしながら、体に電子を与える最良の方法と考えています。

病気など無ければよいのにと思いますが、

病気は、病(やまい)を克服する気持ちが試されている、そう感じます。

さあ、体を手入れする道具(電子)は準備できました。

あとは、粘り強いこころが勝敗を決めることでしょう。

 


炎症を考える

2014年2月28日23:33:00

                                                                                  No.605

人の体には勝手に炎症が発生します。

自分の意思とは無関係に、知らないうちに炎症が起こっています。

しかしその炎症によって、病気はとても起こりやすくなります。

病気の起こる最終の場所は細胞になります。細胞が病気になること、

それがやがて人の病気になっていきます。

細胞が病気なるからこそ、iPS細胞やSTAP細胞を用いた再生医療が

重要になるのでしょう。

炎症が起こると、すでに病気に陥った細胞は、あっという間に増えます。

つまり炎症は、病気の状態の細胞を増やすことになります。 

炎症が起こる理由は自律神経系のインバランスです。

交感神経の緊張によって炎症が起き、血行障害をもたらして炎症が起き、

そして免疫バランスが悪くなって炎症が起きます。

無論、自律神経を障害するものは、心身のストレスと過労、大気・水質・

土壌汚染、電磁波・紫外線・放射線曝露、嗜好品、そして気候変動です。

もう一つ冬場に気を付けなければならないのは、静電気帯電です。

病気の細胞を増やすような炎症は、とても小さなレベルです。

従来の検査(例:CRP)には現れないほどの小さな炎症です。

そこで、血中ラジカル生成能を調べることによって、この小さな炎症をみる

ことができます。少なくとも170 Unit位に抑えることができると、かなり

病気の細胞が増えられると考えられます。

病気を治療するには、お薬をはじめ還元電子治療、食品、空気が重要

です。