プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2013年06月 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
バックナンバー

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

私の癌治療

[ テーマ: ブログ ]

2013年6月18日23:00:00

できれば病気などなりたくありません。一生健康で過ごしたいです。

 

しかし病気は容赦なく襲ってきます。

 

病気にならないためには、自身の”自己防御力”をしっかり維持することです。

 

自己防御力とは、「自分に病気を出さないための力」です。

 

でも持続的に低下した自己防御力を回復すること、

 

それは容易なことではありません。

 

病気の中でも癌だけは、特に注意を要します。自己防御力をできるだけ

 

速やかに回復させないと、病気がどんどん大きくなって回復が困難

 

になります。この時、自己防御力を回復させる手順は決まっています。

 

炎症抑制→免疫バランスの回復→細胞の新陳代謝の回復

 

この順番が厳守です。

 

癌治療に抗がん剤や放射線治療を行った場合は、免疫バランスがさらに

 

悪化することが多いです。(それでもこれらの治療は必要です。)

 

するとせっかく癌によく効く治療であったにもかかわらず、自己防御力の

 

さらなる悪化で、癌は再び出できます。

 

そこで私は、免疫バランスを回復するために、還元電子治療とグルタミン

 

(アミノ酸)を第一選択にします。

 

それでもすぐさま免疫力の向上が見込めない場合、患者さんに免疫治療を

 

ご提案することがあります。

 

苦しかった治療から抜け出し、再び人生を楽しんでください。


私の癌治療その2

[ テーマ: ブログ ]

2013年6月20日22:53:00

癌だと分かったとき、

 

何もしないでこのまま自然のままに・・・と思う方もいれば

 

手術を受けて抗がん剤治療をする、という方もいます。

時に食事内容を見直したり、温泉治療に行ったり、お灸をする人もいます。

 

どの治療を選択しても間違いということはありません。

 

ただ残念なことは、もし治りたいという気持ちがある患者さんなら、

 

どうすれば治るか?という”治るための方向性”がみえていないのです。

 

本当にこれで良いのか?治療に躊躇して立ち止まってしまう人、

 

反対に手当たり次第何でもやってみる人、

 

病院でおこなう治療も民間的といわれる治療も、

 

いったい何のためにするのか?それをしたらあとはどうすればいいのか?

 

癌になったとき、癌を治しきることができるのは患者さんの力次第!

 

ということは、すべてのお医者さんの異論のないところと思います。

 

その治しきる過程で、手術あり、抗がん剤あり、放射線あり、

 

そしてすべての民間的治療あり、と思います。

 

癌を治すとしたら、

 

まず目指すは、患者さんの”自己防御力”を落とさないように治療する、

 

それがもっとも大事なことです。

 

”自己防御力”は病気を治す力ではありません。

 

”自己防御力”は病気を出さない力です。

 

それでまず自己防御力を育てる時間をつくることから始めます。

 

自己防御力は直ぐには丈夫にならないのです。回復する時間が要ります。

 

そのために手術があり、抗がん剤があり、放射線治療があります。

 

なによりも自己防御力を育てるとき腫瘍が妨げになって、

 

力が上がってこないのです。

 

そうかといって抗がん剤や放射線治療は、自己防御力を下げるのです。

 

ですから徹底的に自己防御力をつける治療を同時進行しながら、

 

抗がん剤や放射線治療を行います。