プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2013年03月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
最近の記事

まずは免疫力を (08/17)

攻めの姿勢 (08/11)

中国講演を終えて (08/07)

フルパワー (08/03)

新大阪講演を終えて (07/29)

バックナンバー

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

この時期を乗り越えましょう

[ テーマ: ブログ ]

2013年3月7日10:34:00

3月に入り、少しずつ暖かくなってきました。

 

病気の方にとっては、寒さが一番大敵ですので、これからが良い季節です。

 

でも春先は昼間ポカポカで、朝は気温が低く、一日の寒暖の差が大きい

 

です。こんな時は自律神経のバランスが勝手に乱れ、”炎症”を起こします。

 

また、免疫機能の調子も悪くなりますので、さらに炎症が酷くなります。

 

”炎症”は病気をとても悪化させます。

 

炎症を食い止めるためには、自律神経を整え、免疫力を安定させます。

 

病気の有る、無しにかかわらず、

 

まず睡眠を十分とって下さい。過労は避けて下さい。

 

食事では甘いもの、油ものを避け、緑黄色野菜を多めに摂って下さい。

 

サプリメントでは、

 

①免疫機能を安定化させるためにグルタミン(アミノ酸)を取りましょう。

 

②自律神経のバランスを整えるためにギャバ(γーアミノ酪酸)も

 

  摂りましょう。

 

③直接、炎症を鎮めるためにスクアレンを摂りましょう。

 

「還元電子治療」のおすすめの仕方は、

 

免疫機能を安定させるために、極数選択「1」で1回20分1日3回、

 

片手足にしましょう。

 

また、眼の疲れを取るために、極数選択「2」で1回20分1日2回、

 

こめかみにしましょう。

 

春先の気候を乗り越えれば、本格的な暖かさは、もう目前です。


やっぱり、頑張りましょうの言葉

[ テーマ: ブログ ]

2013年3月10日12:00:00

私たちは、いろんな病気になります。

 

病気が重くなるほど、心の方も、つい折れてしまいそうになります。

 

すでに病気になり、心身ともに苦しんでいる方に酷な話ですが、

 

”何が何でも乗り越えなければなりません。”

 

病気のことを悲しく、そして不安に思い続けてもなかなかよくなりません。

  

病気になるまでも知らず知らずのうちになったので、病気を治すときも

 

知らず知らずのうちに治す、そうイメージしてほしいです。

 

来週には治さないと、来月には治さないと・・

 

不安と焦りが先行しては、むしろ回復にブレーキがかかります。

 

不安にならず、焦らず、時を使ってじっくり治す気持ちになることです。

 

そして不安がでたとき、その気持ちを”なにくそ!”という「こころ」に

 

切り替えて下さい。決して綺麗な言葉ではないけれど、他人には

 

全くご迷惑は掛けません。

 

20年間患者さんを診てまして、不治の病から奇跡的に回復を成し遂げ

 

た方に共通して”病気を治す意地”がみられます。

 

言葉の表現が異なっても、そこにはやはり”なにくそ!精神”があるのです。

 

健康を取り戻していただくには、私からはやはり「頑張りましょう」の言葉し

 

ありません。何故なら、代わりをすることはできませんので・・。

 

さて、ガン患者さんが還元電子治療を行うとした時のポイントは、

 

1.極板選択「1」1回20分、1日7回以上、左手足です。

  治療は必ず仰向けで行い、座椅子、ソファーでの姿勢は

  お勧めできません。

  治療と治療の間隔、つまりインターバルは60分以上空けます。

  これらの注意事項は免疫機能の回復と炎症の鎮静化の観点からです。

  治療中にテレビを観たり、雑誌や新聞を読んだりはできません。

  治療中はゆっくりとお休み下さい。それが効果的です。

  それ以外の治療の仕方は、経過を診て決めることになります。

 

 

 

 

 


こころの切り替え

[ テーマ: ブログ ]

2013年3月20日22:23:00

仕事がら、ガンを患っている方にお会いする機会が多いのですが、

 

しっかりお元気になられて、もっと人生を楽しんで頂きたいと思います。

 

正直、病気などなければと思うのですが、それは誰にとっても避けられ

 

ない出来事ように思います。

 

それで、病気になりたくないと思う人は、そうならないように日常的に努力

 

しなければなりません。・・・・・・「A」

 

既に病気になってしまった人は、病気から脱出する努力を相当しなけ

 

ればなりません。・・・・・「B」

 

もし10年かかって病気になるとしたなら、「A」さんは、その10年間病気に

 

ならないように毎日努力を続ければ良いのですが、

 

一方、既に病気になった「B」さんは、本来すべきであった10年間の努力

 

だけでなく、病気が出た分、年数も努力も、相当の覚悟をもってしなければ

 

なりません。それだけでなく、場合によっては、短期間で勝負しなければ

 

なりません。そう考えると当然ですが、病気にならない努力を毎日コツコツ

 

やる方が得策です。

 

しかし「B」さんの場合、病気の治療の大変さよりも、「こころ」の切り替え

 

が出来るかどうかが問題です。

 

落ち着いて、自分に病気を治す気持ちがしっかり見えていれば”合格”

 

です。

 

※「還元電子治療」は”自己防御力”を高めるための治療です。

 自己防御力総合評価が2.0未満の人は、病気が無い状態でも

 1回20分、1日4回の還元電子治療回数が必要です。 

 

 

 

 


自己防御力評価「3.3以上」

[ テーマ: ブログ ]

2013年3月30日17:08:00

自己防御力は”病気を出さないようにする力”のことです。

 

病気が出る?出ない?は自分の力次第ということです。

 

年をとればとるほど、病気のことが気になります。

 

もし、自分が病気になって寝込んだら家族に迷惑をかけてしまうのでは・・

 

そう心配しています。

 

これを払拭するには、たった一つの方法しかありません。

 

”自分自身が最後まで健康でいること”です。

 

しかし、ず~と健康でいられるには、それなりの努力が必要です。

 

何となく健康が手に入ることなど、絶対にありえないのです。

 

私たちは「自己防御力」を高めるために、日々全力を

 

尽くさなければなりません。

 

ところが、ここがとても厄介なのです。

 

自分に自己防御力があっても、なくても、通常自覚症状には、

 

一切反映されないのです。

 

それで”自己防御力を高めなければ、と分かってはいても・・・”

 

つい手を抜いてしまうのです。努力しないのです。

 

これでは健康など手に入りません。

 

それで私は、せめても自己防御力を数字に表すことができれば、

 

もっと前向きに努力するのではないかと思いました。

 

それで「自己防御力診断」を作成しました。

 

自己防御力評価が、「3.3以上」取れたら、そしてそれがず~と続くなら、

 

むしろ当然のように健康が転がり込んでくると思います。

 

※還元電子治療

  春先は自律神経の調子が悪く、そのために肩や首の筋肉

  が凝ります。こめかみに1セット、肩に1セット同時にします。

  1回20~30分、1日2回が望ましいです。