プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2014年10月 
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
最近の記事

まずは免疫力を (08/17)

攻めの姿勢 (08/11)

中国講演を終えて (08/07)

フルパワー (08/03)

新大阪講演を終えて (07/29)

バックナンバー

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

還元電子治療は病気を治療できない!

2014年10月5日13:25:00

                                                                                         No.632

還元電子治療とは、一体何のための治療であるのか?

いま一度おさらいする必要があります。

還元電子治療は、直に病気を治療できません!

直に癌を治療する、直に糖尿病を治療する、直にリウマチを治療する、

・・・・そのようなことはできません。

もし癌を即刻消すなら手術か、抗がん剤か、放射線を受けるべきです。

もし血糖値を即刻消すなら糖尿病の薬をお使いください。

還元電子治療は、病気の根っこを抜くために作られた治療法です。

病気は一瞬にしてできることはありません。必ず根があります。

それを抜かないと、いつまでも病気が生えてきます。

しかし、病気の根を抜くことに全く興味のない方に、還元電子治療は

何の価値もありません。

今一度、自分がどうしたいのかをお考えください。

 

 

 


ほんの少しの容姿の気遣いで

2014年10月11日21:50:00

                                                                                         No.633

本日は当院の健康講座でございました。ご多忙の中大勢の方がご参加頂

き、ありがとうございました。

この度は美容の観点から、とりわけ毛髪についてのお話をして頂きました。

病気になりますと、つい心も落ち込んでしまい、外出も控えてしまいます。

しかし病気のときこそ、心を明るくして、外へ積極的に出かけてほしいです。

その時ほんの少しでも身なりを整えると、もっと明るい気分で外出できます。

髪や衣服や顔の手入れなど、ほんの少しの気遣いで、気分は晴れやかに、

そして病気であることも忘れてしまいます。まさにそれこそが、病気を治す

方法なのです。

病気でない方は、普段からほんの少し容姿に気遣って、気分晴れやかに

お出かけください。きっと老化にブレーキがかかります。

もし人生が一度きりなら、いつまでも健康で若々しく、楽しく過ごされるのが

良いのではないでしょうか。

本日ご講演をしてくださった有限会社リッツ、ストーリア・エフ スパアンド

リラクゼーションの「喜田 健三」様に心から感謝致します。

 


勉強会とカンファレンスを終えて

2014年10月20日22:41:00

                                                                                         No.634

第4回還元電子医学の会勉強会、並びに第4回電子免疫治療研究会カン

ファレンスに多数のご参加を頂き、誠にありがとうございました。

今年3月の新大阪での開催に引き続いて、この度は東京開催でございま

したが、終了後沢山の方からご称讃頂きました。

すべてはご参加の皆様のご協力によるものです。心から感謝致します。

「病気の改善ではなく、病気の治癒を目指して!」をスローガンに

世の中の人々に喜ばれる医療を研究して参ります。

それだけにとても苦労の多い内容になりますが、ご賛同いただける方々

とともに尽力してまいりたいと思います。

何卒よろしくお願い致します。

 


病気の根を抜く7か条

2014年10月28日00:03:00

                                                                                         No.635

病気にならないためには、病気の根をつくらないことです。

病気の根をつくらないために、自分で日頃できることを取り上げます。

1.毎日散歩しましょう。

  一番の目的は血行を良くすることです。

2.ゆっくり深呼吸しましょう。

  酸素を取り込み、二酸化炭素を排泄します。

3.抗酸化物質を摂りましょう。

  体の錆を消します。

4.睡眠をしっかりとりましょう。

  体から疲れを除去するための時間です。

5.病気の根の誘因を避けましょう。

  一番は心身のストレスと過労です。

6.こころ晴れやかに過ごしましょう。

  最悪の状態を仮想すると、晴れやかになれます。

7.筋肉のこりを解消しましょう。

  こりは血行を悪くします。

詳細は11月1日発行の健翔会だよりをご覧ください。