プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2017年01月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
バックナンバー

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

健康の物差し

2017年1月1日20:38:00

                                                                                         No.695

2017年の新年を迎えることができ、こころから有り難く思います。

今年も皆様が、健康でありますよう、また病気を克服できますよう、切に

願っております。

さて、自分が本当に健康かどうかを知るには、それ専用の物差しが必要

です。殆どの人が誤解しているところの”自覚症状の有る無し”は、全く

用を成しません。何故なら、皆、「体調は良いです。」と言っておきながら、

やがて病気で倒れるからです。

健康をきちっと評価する物差しは、自覚症状であってはならないのです。

健康の物差しを、わたしは”自己防御力診断”で行っています。

病気を把握する物差しではありませんので、CT、MRI、レントゲン、超音波

検査、一般血液・尿検査の結果とは全く対応しません。

日頃から健康の物差しで、自分自身のまことの健康度をチェックし、もし

健康でないと分かれば、急ぎ健康を回復するために、最大限の努力を

して下さい。

自己防御力診断は健康の物差しですから、既に病気の方は、当然ですが、

健康度はとても低いです。しかし、もしその方が健康の物差しに従って

順調に健康を回復したら、その病気を治すことになります。

あるいは身体を完全に修復できなかったとしても、日常生活をより元気に

、より楽しく過ごせます。例えば透析をしている方、遺伝性の病気の方、

いくらかの臓器・組織を失った方などです。

ついでながら病気の方が健康を回復するために、どうしても実行しなけれ

ばならないことがあります。それは”病気の気持ち”を乗り越えることです。

病気と分かった時点で、気持ちが引き下がってはいけません。

きっと不安感でいっぱいでしょうが、病気への気持ちをのみ込まなければ

なりません。それには幾つかのパターンがあります。

①病気のことなど、すっかり忘れていた。気にも留めてません。

理想からいえば、それが一番かも知れません。

②何が何でも治す!絶対に治してみせる。

正面突破を選ぶ人も多いでしょう。これには忍耐、気力がいります。

③治したいけど、自信はない。けど、周りの皆が支えてくれるので頑張る。

重い病気の方は、ここに当てはまるかも知れません。

3つに共通することは、たとえ不安感があったとしても、病気を治す前向き

の気持ちがあって、治療に専念することです。

粘って治療していれば、きっと視界が開けてきます。

何故なら、人は、そのようにつくられているからです。

さあ、一生懸命に治療しながら自己防御力診断で回復の様子をチェックして

下さい。

ところで、自己防御力の回復に「還元電子治療」を実践されている方は、

正しい理解と適切な使い方を学んでください。今年も多数の勉強会が準備

されています。ご都合にあわせて、ご参加下さい。

「還元電子医学の会」ホームページをご覧ください。

 

 


病気は冬に悪化する

2016年12月23日15:36:02

                                                                                         No.694

大変寒くなってきました。病気は冬に起きやすく、また冬に悪化します。

原因は血行障害と免疫機能の低下です。足元、腰、背中にカイロを貼る

のも良いです。また41℃くらいで、入浴も良いです。自律神経を調節する

ためにウォーキングや深呼吸も取り入れて下さい。

何よりも睡眠時間を十分にとって下さい。疲労を蓄積してはいけません。

還元電子治療を実践されている方は、極数選択「1」で1回30分、1日3回

最大7回でも構いません。治療と治療のインターバルは、60分程度です。

また免疫機能に好ましい食品材料はグルタミン(アミノ酸の一つ)です。

グルタミン酸とは、異なります。できるだけ沢山のグルタミンをとりましょう。

その他、亜鉛、ビタミンC、βーグルカンも望ましいです。

さて、還元電子治療を実践されている方は、「正しい知識と適切なあて方」

ご理解下さい。直近では、下記の日程で勉強会を行います。

ご希望の方は還元電子医学の会 事務局(ホームページ参照)まで。

日時と場所:平成29年1月22日(日)東京


健康だからこそ、少しの努力で

2016年12月12日00:08:04

                                                                                         No.693

病気になったら、必ず治療して、治癒(ちゆ)しなければなりません。

しかし病気になって治療することは、とても忍耐と時間を要し、そして場合

によっては大きなお金も必要とします。安静加療や入院生活ともなれば、

好きな趣味も仕事も、勉強も、そしてスポーツも一切できません。

そう考えますと、病気そのものにならない方が、ずっと得です。ところが、

とても厄介なことに、人は病気にならないと、自分の身体を心配したり、

気にかけたりしないのです。病気になって初めて、あ~こうしておけば

よかった。ああしておけばよかったと、後悔ばかりします。

もっとひどいことは、とても重い病気になって、ようやく治癒し、もうこんな苦

しさはこりごりだと経験したにも拘わらず、”喉元過ぎれば熱さを忘れる”と

いうやつで、またもや不注意なことをやってしまうのです。

健康を維持する努力の方が、ずっと容易いです。毎日ほんの少しの時間、

ほんの少しのお金、ほんの少しの努力だけで、健康が守られるなら、

仕事を休むことも、趣味を止めることも、勉強やスポーツを中断することも

一切必要ありません。そして最も大切なことは、皆が健康であれば、

家族全員が幸せになれることです。

もし還元電子治療を実践されている方なら、毎日必ず実行してください。

健康を維持するために、これほどのものは、他にありません。

もしすでにご病気の方は、治癒する信念をもって、やり抜いて下さい。

きっと先が見えてきます。


対症療法と根治療法

2016年11月20日14:27:32

                                                                                         No.692

対症療法に対して、根治療法という言葉があります。

対症療法は病気の改善はできますが、治癒させるものではありません。

例えば糖尿病の患者さんに、薬を飲んで頂き、血糖値やHbA1cが正常に

なっても、これは糖尿病が治った分けではありません。何故なら、もし薬を

中断したら、血糖値もHbA1cも再び上昇するからです。またこのような事

を経験しませか?薬によって糖尿病のコントロールは全く良くいのに、目、

末梢神経、腎臓、脳血管などに徐々に合併症がでてしまう。これもまた

糖尿病の数値は全て良いのに、糖尿病は決して治っていないことを意味

する証拠です。

実は現在の治療法は、全ての病気において、それが高血圧も高脂血症も

肝臓病であっても、対症療法を施しているだけです。もちろん対症療法の

お陰で、私たちは苦痛から逃れ、病気の悪化を免れています。

ただ病気になった場合、是が非でも治さなくてはなりません。

それには根治療法がどうしても必須になります。

根治療法は病気を治すことを目的にしています。いわゆる病気の根を

根こそぎ抜くことが必要です。では、そもそも根治とは何をどうすること

なのでしょうか?

それは風邪引きが治る時のことを想像してみて下さい。風邪引きのとき

風邪薬を服用する方が多いと思いますが、風邪薬は風邪の諸症状を

改善する薬であって、風邪そのものを撃退する薬ではありません。

つまり、対症療法の薬なのです。では何故風邪は治るのでしょうか?

それは風邪引きのお薬を飲んで、風邪の諸症状が改善するうちに、風邪

を撃退する力が自分自身に付いてきて、風邪は治るのです。すなわち

病気を治そうとする力、病気を防ごうとする力の回復こそが、根治療法

なのです。

結論ですが、病気を治癒する根治療法とは、自己防御力を回復する治療

のことを言います。

分かりやすい例を一つ。

少し前に小さい子供さんに母親の肺を移植した症例がありました。

新聞の記事によると、世界初の症例であったそうですが、担当の先生

のコメントが記載されていました。

「手術の成功は、この子供さんの生命力があったからです。」

もちろん腕の良い先生方が行ったからこその成功であることに違いが

ありません。しかし、これこそが病気が治る本質なのです。

そして対症療法とは、根治療法を速やかに成功に導くための手段と言え

るのです。


根治を目指す

2016年11月13日18:05:22

                                                                                         No.691

病気になった方は、根治を目指して下さい。根治とは治癒することです。

根治に必要なことは、患者さん本人の体力です。病気を治す力です。

これを自己防御力と言います。自分で病気を治す力を回復すれば、根治

に導くことができます。

自己防御力を回復するためには、2つです。一つは身体の負荷を減らす

ことです。長年身体に無理をかけて自己防御力が落ちたのです。

ですから、できる限り身体を休めて下さい。風邪だって、そのまま無理

していたら悪化して肺炎になることもあります。ましてはさらに重篤な病気

なら、徹底して身体の負荷を減らして下さい。どんなに良い治療をしても

無理をつづけるなら病気は根治しません。

二つ目は自己防御力を回復するのに良いものを与えることです。

まずは、歩いてゆっくり散歩すること、そして緑黄色野菜と青魚をとる

こと、そして可能な方は、還元電子治療をすることです。

あとは治るという信念をもって治療してください。


散歩と深呼吸

2016年11月6日19:11:24

                                                                                         No.690

病気になる場所は血液循環のわるいところに限られます。

血行が悪いと身体中に酸素が回りません。癌も含めて酸素不足のところに

病気が出ます。それを解消するために、散歩とそれに伴うゆっくりとした

深呼吸が有効です。毎日すこしずつ行って下さい。

還元電子治療を行っている方は、極数選択「2」丹田、30分、1日3回して

下さい。またこれから寒くなります。身体を温かくしましょう。


冷える季節になりました。

2016年10月16日09:37:00

                                                                                         No.689

少しずつ冷えこむ時期になりました。私は、既に足裏、腰、背中などに

カイロをすることもあります。決して我慢できない冷えではありません。

しかし、そのちょっとしたことが、病気への入り口になっていることを、多くの

患者さんから学びました。油断は禁物です。注意しすぎて失敗した!など

ということはありません。それくらいで丁度いいと思います。

冷えてはいけない場所、それは足元、腰、背中の3か所です。

在宅で還元電子治療器をしている方は、極数選択「1」と極数選択「2」丹田

、及び2P 丹田ー風門です。万一、風邪を引いたら何度も行ってください。

風邪を引くと少なからず炎症を起こします。炎症は持病を悪化させます。

早めに炎症を引かすためにも、風邪くらいと思わずに病院で治療を受けて

下さい。免疫機能がいつも良好であるために「グルタミン(グルタミン酸では

ありません。)」をしっかり摂取してください。

 

 


がんの治療は風邪の治療と同じ考え方

2016年10月2日19:09:00

                                                                                         No.688

短絡的と思われるかも知れませんが、風邪引きの時の治療と”がん”の時の

治療とでは、基本的な考え方は全く同じなのです。

風邪と思って薬局で風邪薬を買って服用するにせよ、あるいは病(医)院に

行って先生からお薬を処方されて服用するにせよ、それらは風邪という

病気を治す薬ではありません。熱があれば熱を下げ、咳があれば咳を鎮

め、喉の痛みがあれば痛みを和らげる対症療法なのです。対症療法を施し

いるうちに、自己の体力が回復して、風邪が治るという手順なのです。

それと全く同じで、”がん”の時に行う手術、抗がん剤、放射線などの治療は

”がん”を治す治療ではありません。必要ではありますが、どれも対症療法

なのです。対症療法を施しているうちに、自己の体力が回復してきて、

”がん”が治るというストーリーなのです。

ですからがんの患者さんは、風邪の患者さんと同様に、体力を回復させる

ことに全力をあげて下さい。それが唯一治る方法です。

ちなみに自己の体力のことを「自己防御力」と呼んでいます。

自己防御力を回復する基本事項は

①食べる・・・栄養をしっかり取る、水分をとる。

②身体を動かす・・・散歩ができれば、なお良いです。

③深呼吸を取り入れる・・・いろいろな方法がありますが、ここでは

ゆっくりと7割程度の鼻で吸って、口で吐いてを行い、10~15秒、5回、

これを1日5セット程度できるといいです。

④還元電子治療のある方は、主に極数選択「1」片手足、1回20~30分、

1日7回以上です。極数選択「2」で、丹田を取り入れることも良いです。

⑤病気を打ち負かす気迫・・・「何くそ!精神」これが一番大事です。

風邪と一点だけ違うところは、”がん”の場合は自己防御力の回復に時間

要します。ですから粘り強く治療してください。

 


病気の根を抜けば、チャンスがある

2016年9月21日23:25:43

                                                                                         No.687

病気というものには、必ず”病気の根”があるのです。

私たちが普段病気と呼んでいるのは、”病気の幹”になります。

病気の幹は、病気の根があるからできます。

もし病気の根が無いなら、絶対に病気の幹は生えないのです。

反対に病気の根があるうちは、どんなに病気の幹を切り取っても、

病気の幹は、再び必ず生えてきます。

現代の医療は誠に素晴らしいのに、唯一残念なことは、病気の幹だけを

治療することに終始していることです。日々世界中で絶賛されるような医療

技術が誕生しているのに、それは病気の幹を無くすための医療なのです。

病気の根は全くの手つかずの状態ですから、このままでは病気を無くする

ことは不可能です。

どうしても”病気の根”を抜かなければなりません。

もし重篤な病気の中にいる場合には、一刻も早くそのことに気付かなけれ

ばなりません。そして病気の根を抜く治療を開始すべきです。

それ以外に救える方法はありません。

病気の根を抜くとは、”自分で病気を防ぐ力強さ=自己防御力”を回復する

ことです。


加速する機関車を止める

2016年9月10日06:57:07

                                                                                         No.686

ひとたび病気が始まると、病気はどんどん進行します。

それは、病気には”勢い”というものがあるからです。

例えて言えば、病気は、下り坂を加速して走る機関車のようなものです。

勢いのついた機関車を止めることは容易ではありません。ブレーキを

きかせて、減速させるにはそうとうに難儀します。

病気も全く同じなのです。

勢いのある病気を止めることは、容易ではありません。

十分に時間をかにけて、粘り強く、治療しなければなりません。

1ヶ月や2ヶ月では治りません。1年や2年でも治りません。

3年経ってようやく目途がつく、そんな状況かもしれません。

でも病気の勢いを止められたら、八割がた治ったと考えてよいでしょう。

病気の勢いを止める最良の手段が、「自己防御力」です。

手術や薬は必要ですが、そして一瞬病気の勢いが止まったように見える

でしょうが、病気の勢いはすぐさま復活します。

「自分で、病気を防ぐ力強さ」だけが、病気の勢いを止めることができます。

そして、そこにこそ還元電子治療の役割があるのです。