プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2020年07月 
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
バックナンバー

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

平生から還元電子治療を

2020年6月28日10:35:00

                                         No.836

還元電子治療は人の身体に「電子」を与える治療です。

決して直に病気を治療することはできません。

車が故障することなく長く走れるためには、部品交換をしたり、

油を交換したり、丁寧に拭き掃除をしなければなりません。

人の身体が故障することなく(病気になることなく)、長く生きれるため

には、「電子」を与えなければなりません。

電子は自己防御力を高め、大病を防ぐことができます。

しかし、これを実現するためには、平生から、毎日のように「電子」を

与える必要があるのですが、

健康状態のときは、なかなか「いそがしい!」の一点張りで、

還元電子治療を実践できません。とても困った問題です。

病気になって慌てて還元電子治療を開始するのですが、

時間もとられるし、病院費用もかかるし、何よりも病気による苦痛が

あります。

健康な時にこそ、健康を維持する努力(還元電子治療)をして下さい。


病気をせずに頑張る

2020年6月14日09:57:19

                                                                                         No.835

たとえ免疫力が丈夫でも、炎症体質の人は病気になり易いです。

例えば「風邪など何十年も引いたことが無い!」だからといって

病気にならないことを意味するものではありません。

免疫力が良くても炎症が大きいと、動脈硬化を起こし易いです。

炎症体質の原因は2つにわけられます。

1つは自律神経の緊張が大きいか、免疫バランスが悪い場合

もう1つは血行障害の場合です。

前者は炎症の発生に関わり、後者は炎症を蓄積させます。

後者である血行障害の原因は、肩こりなど筋肉の凝りです。

筋肉の凝りは、ストレス・過労、意識の集中、骨・軟骨の変性、

気圧の変化によって起こります。

風邪は万病のもと、と言いますが、風邪を引くと炎症がひどく、

そのためどんどん他の病気を誘発します。

この風邪とても、もともとは筋肉の凝りがひどくなり、

血行障害のために炎症が溜まり、同時に免疫力が行き届かない

ために起こります。

そう考えると、「肩こりは万病のもと」と言い換えることができます。

筋肉の凝りは酸素不足による乳酸やピルビン酸の蓄積ですから、

血行を良くして、酸素欠乏を防ぐことが重要です。

1.深呼吸(できれば歩きながら)・

  睡眠(かなり多くの酸素を取り込める)

2.体操・ストレッチ・入浴・マッサージ・指圧・温熱

3.還元電子治療は血行の改善が大きく、乳酸排泄を促す

その他スクアレンは末梢への酸素供給を増やしますので、

間接的に凝りの防止に繋がります。

炎症体質になっているかどうかの見極めですが、

①肩こりを自覚し、気分不良である

  または口の粘膜のはれぼったさがある

②身体のけだるさがあり、微熱がある

  または寝て起きても疲れが取れていない

③関節の痛み・はれ・赤み・熱感がある

  または四肢のむくみがある

炎症体質の改善に最も重要なことは、身体を休めること、

睡眠をとることです。

人生では、何かと頑張ることが多いです。

でも病気をせずに、頑張ることがとても重要です。


健康で生きることにこだわる

2020年5月26日06:10:11

                                                                                         No.834

健康であり続けることは、とても難しいことです。

日々のストレス・過労だけでなく、近年では気候が大きく変わり、

猛暑にさらされたり、豪雨にあう機会が多くなったりで、

とても体調が崩れやすいです。

さらに気候変動は様々な感染症の蔓延にもつながります。

本当に健康を保つことは容易ではありません。

しかし、そうかと言って「しょうがないね…」で済ますこともできません。

何としても、何が何でも、健康で生き続けなければなりません。

実はそこがすべてであります。

健康のために何か良いものを食べるとか、

健康のために何か良いトレーニングをするとか、

それらは次の段階であって、「是が非でも健康で生きる!」

その気持ちがないなら、健康を築くことはできないのであります。

ましてや病気になったとき、「何が何でも快復しなきゃ。」

そういう強い信念が必要です。

せっかく生まれてきたのです。人生を腹いっぱい楽しむために

健康で生きることにこだわってください。


気持ちを考える

2020年4月12日10:04:38

                                                                                         No.833

慢性的で、しかも重い病気に罹ると、つい気が弱くなります。

半年療養しても、1年療養しても、なかなか治らず、

また心身の苦痛もあって、心が折れそうになります。

けれども一生懸命に頑張っていると、不思議と容体が落ち着きだし

気が付けば、かなり健康に近づいていることが多いです。

たとえ気持ちが落ち込んでいても、決して諦めない、その心が、

きっと自分を健康に導いてくれます。

なぜなら、ちょっとした気持ちの至らなさが、

もともと病気を誘導したのですから。

「自分は健康すぎて、病気なんてもの、考えられない。」

そう油断して、皆病気になります。

「生涯健康を貫くには、どうすればよいのか・・」

そう真剣に考え、日々過ごしている方はどれだけおりますか?

「元気なんだから、それでいいじゃないですか。」

それが大半ではないでしょうか。

病気になるのも気持ちなら、治るチャンスも気持ちにあります。

こんどはしっかりと気持ちを入れ替えて、

ひたすら療養に励むことです。

少なくとも、今までよりは必ずよくなります。

頑張って下さい。応援してます。


自然界をみて考える。

2020年3月29日09:56:15

                                                                                         No.832

私は、自然界がどうなっているのか?

いつもそれを模範に考えながら仕事をしています。

自然界の中には、未知のものも含めて沢山のウイルスがいる

でしょう。ときに人にとって命を脅かすものも沢山あります。

でも自然界をウイルスのいない世界に作り変えることはできません。

知恵を絞って有効なお薬をつくろうというアイディアも生まれ、

またウイルスをもとにワクチンをつくることも考えるでしょう。

一方でウイルスを人から遠ざける方法も必要です。

ウイルスの存在が濃厚かも知れないという物を、安易に、

わざわざ人の暮らしに持ち込んではなりません。

人は人の住む場所を、ウイルスはウイルスの住む場所を、

できる限り、そのすみ分けをまもる必要があります。

それでも人の周囲には様々なウイルスが近寄ってきて、

ときに、とても脅威になります。

それで人の健康をまもるべく、2つのことが用意されています。

1つは、人の生命に好ましい”空気環境”を維持することです。

きれいな空気、汚れのない空気はウイルスも少なくなります。

明らかに汚染物質の浮遊が少なく、やや湿度が高く、

快適に感じる気温があり、あわく日光が降り注ぐ環境、

そのようなところにはネガティブイオン(マイナスイオン)が多く、

ウイルスの浮遊時間は短く、人への曝露も少なくなります。

ですからできる限り、空気を汚してはなりません。

空気を汚すことはウイルス感染の機会を著しく高めます。

もう1つは人の免疫力を高めることです。

免疫力を高めて、身体からウイルスを排除することです。

ウイルスの感染を受けて、免疫力が高まることもありますが、

それでは命を失う場合もあります。

ですから平生から免疫力を高めておくべきです。

ストレスと過労を溜めない、十分に睡眠をとる、

身体を冷やさない、肩こりを解消する、毎日少しずつ散歩する、

グルタミンを摂る(必須)、ビタミンCを摂る、たんぱく質を摂る、

亜鉛やベータグルカンを摂る、などが留意点です。

私のライフワークは「還元電子医学とネガティブイオン研究」です。

還元電子治療とイオン発生器をお持ちの方は、

十分に利用してください。きっとあなたを守ってくれます。


空気をきれいにしましょう。

2020年3月22日12:57:33

                                                                                        No.831

空気を大切に、そしてきれいに使いたいと思います。

普段、空気があることに感謝の気持ちなど湧かないのですが、

呼吸ができて、酸素が使えること、とても有り難く思います。

どんなに美味しいものを食べても、酸素がないと十分な元気を

つくれません。そもそも生きることは不可能です。

酸素があるお陰で、容易に動くことも、学ぶこともできます。

でも酸素にはサビさせる(酸化)という毒性があるので、

沢山はいりません。

空気中には21%しか酸素は含まれません。

もし100%なら酸化毒性のために、長くは生きられません。

そこで身体の中には、サビることを防御する仕組みがありますが、

同時に空気の中にもサビることを防御するネガティブイオン、

すなわちマイナスイオンが存在しています。

空気を吸うということは、エネルギーをつくるために不可欠な酸素

と酸素の毒性を消すネガティブイオンを体内に取り込んでいます。

でも空気が汚れてしまって、ネガティブイオンは少なくなっています。

これは単に身体がサビやすくなるだけの問題ではありません。

空気中のウイルスを除去できないのです。

豊かな生活は願うけれども、そのことで空気が汚れてしまうなら、

私たちは結局、健康も財産も失うことになるのです。


生き残れるための指標「自己防御力診断」

2020年3月18日00:07:49

                                                                                         No.830

病気になるときのきっかけは「私は、元気ですから」という油断です。

体調が悪いと感じる自覚症状がなければ、自分は健康だと

思い込んでいます。

でも突然心臓病や脳卒中で倒れたり、がんの宣告を受けます。

ときに回復困難な状態で、そのまま生涯にわたって介護を受けます。

健康を維持するためには、病気を発症していない元気なときから

努力する必要があります。

健康かどうかの指標は「自己防御力診断」によって表されます。

自己防御力診断によって大病を防げるかどうかを読み取れます。

病気はいつでるか分かりません。

1年に1回は必ず自分の自己防御力を調べてください。

ウイルスの感染症にかかっても、生き残れるか否かは自己防御力

の丈夫さによって決まります。


自己防御力診断の必要性

2020年2月9日16:11:57

                                                                                         No.829

医療において日常的に行われている検査は、そのほとんどが

病気を見つけるための検査になります。

たとえば糖尿病を見つける、がんを見つける、脳梗塞を見つけるなど。

もし病気が見つからないと、検査を受けられた人には、

いまのところ異常は出てないと伝えます。

ときどきこの結果を、”健康である”と勘違いしてしまう場合があります。

検査の時は、確かに異常はでていなかったけれど、

その後大病を発症する人がいます。

私たちは病気を見つける検査とともに、いま病気がでていなくても

将来大病にならないかどうかを診る検査を必要とします。

病気になる場合というのは、”自分に病気を防ぐ力が足りない”、

というふうに考えます。

病気を防げる力があるのであれば、当然病気にはなりません。

病気を防ぐ力を自己防御力といい、その検査を自己防御力診断

といいます。

また既に大病を患っている場合は、病(医)院で行われている治療

とともに、自己防御力を回復する処置を徹底的に行います。

還元電子治療は自己防御力を回復するための治療法ですが、

適切なあて方を指導するためにも、

ときおり自己防御力診断を実施しなければなりません。

健康で楽しい人生を過ごせるよう、平生から努力しましょう。


病気に負けない身体づくり

2020年2月9日10:25:59

                                                                                         No.828

病気に負けない身体づくりを目指しましょう。

特に重要なのは、免疫力(免疫バランス)です。

今回は還元電子治療を実践されている場合です。

免疫バランスを整えるためには、どう治療するべきか?

ここでは免疫バランスのうち、弱い免疫機能を回復する方法です。

たとえばガンやウイルスへの攻撃が弱いときです。

1台使いの場合は

①極数選択「1」で1セットの治療極板を使う場合があります。

 大きい極板と小さい極板を左右いずれかの手の先を挟みます。

 大きい極板が爪側、小さい極板は指腹側です。

 残りの小さい極板は同側の足裏にあてます。

 1回25分、1日5回以上、治療と治療の間隔は60分以上あけます。

②極数選択「2」で2セットとも治療極板を使う場合があります。

 治療用カバーをお使い下さい。かつ絶縁マットをお使い下さい。 

 大きい極板2枚と小さい極板2枚を治療用カバーに入れ、首の

 後ろにあてて下さい。

 残りの小さい極板2枚は、左右いずれかの足の甲と裏にあてます。

 1回25分、1日5回以上、治療と治療の間隔は60分以上あけます。

上記の①と②はどちらでも構いません。

2台使いの場合は

 上記②に準じて行います。 

 治療用カバーに大きい極板4枚、小さい極板4枚をいれ、首の

 後ろから背中にかけてあてます。

 残りの小さい4枚は左右の足の甲と裏にあてます。

 1回25分、1日5回以上、治療と治療の間隔は60分以上あけます。

すべての使い方に共通の注意事項ですが、

1.足腰、背中などをカイロで保温する。

  または電気毛布を使う場合は、治療するまで保温しておき、

  治療中はスイッチをきる方が良いです。

2.治療姿勢は常に仰向けです。

  治療中、読書、スマホ、テレビは不可です。

3.免疫細胞の駆動上、グルタミンの摂取は必須です。

  (還元電子治療の各担当窓口へご相談下さい。) 

日頃が大事です。病気に負けない身体づくりを目指しましょう。


平生から準備を

2020年2月6日07:33:26

                                                                                         No.827

風邪を引くと、すこし炎症(CRP上昇)が起こります。

もし風邪をこじらせて肺炎になると、かなり炎症(ひどいCRP上昇)が

発生します。

この状態では、ときに生命の危機もありうるので、まずは炎症を

鎮めることが必要です。そのためにお薬も使います。

次に炎症が起こった原因を考えます。

自分の身体に、肺炎をおこす微生物が入ってきて、とても増えたこと

が原因です。

何故微生物(例えばウイルス)がそれほど増えたのか?

もともと微生物を抑える力が弱いのです。

いわゆる免疫力が弱く、かつ普段から血行が悪いために、

免疫力の活動も低下しているためです。

1.まず日中、足腰、背中に衣類の上からカイロをあててください。

2.十分に栄養を摂り、温かいお茶なども摂ってください。

3.免疫細胞はほとんどグルタミンをご飯にしてます。

  あと亜鉛、ベータグルカン、ビタミンC、大豆たんぱくを摂ります。

  サプリメントを利用するなら目的の摂取量を確実にとれます。

4.還元電子治療を行っている場合は、

  20分~30分の治療時間で60分の間隔をあけ、

  治療を繰り返します。連続長時間1回で済ますのはダメです。

  いま感染症にかかっている場合は必ず1日7回以上です。

  上記1.を実行していると、この治療は極めて有効になります。

5.イオン発生機(ネガティブイオンのみ発生)を利用している場合は、

  自分の周囲で終日稼働させます。必ずイオンの発生を確認。

  ウイルスは死滅しませんが、空気の浄化にきわめて有効です。

6.室内湿度を60%に加湿します。上記5.と併用するのが効果

  的です。

どんな時も大病防ぐためには、平生からの自分の自己防御力が

大切です。それは子供であっても同じです。

親は大切な子供のために、そのことを指導してください。

大事な子供が病気になっても、親が身代わりになることは

決してできないのです。

がんばって乗り越えましょう!