プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2016年02月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829 
バックナンバー

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

風邪を早く治すこと

2016年2月9日18:33:42

                                                                                         No.673

寒い日が続いております。

病気は冬に起こり易いです。寒さと気圧の低下、そして空気の乾燥により

血液循環がとても悪くなります。そのため、①細胞の新陳代謝の低下、

②免疫機能の低下、③炎症の悪化が起こり易くなり、いわゆる自己防御力

の低下で、病気へと進みます。

カイロの貼付や入浴で身体を保温し、加湿器などで空気の乾燥を防ぎ、

可能な場合は散歩や体操を行ってください。

風邪は万病の元と言いますが、風邪は炎症をさらに酷くします。

炎症がひどくなると、様々な病気があっという間にでてきます。

もし風邪をひいた場合は、一刻も早く治癒させるべきです。

還元電子治療のある場合は、風邪に対しては極数選択「1」で20分、7回

です。


ストーブの灰を除去

2016年2月25日13:54:47

                                                                                         No.674

過去、幾度か例として取り上げましたが、

私の子供のころ、冬場の暖房といえば薪(まき)ストーブでした。燃やす薪

の種類によって多少火力が違いますが、暖房はもとより煮炊きをする

火力としても十分です。自分の山林に行けば、沢山雑木が生えています

ので、燃料代もかかりません。しかし唯一の欠点はストーブの中に灰が

溜まることです。灰をそのままにしておけば、次にくべる薪をストーブに

押し込んでも、火力は弱いか、消えてしまうのです。灰が邪魔になって

薪が燃えないのです。そこで大事なことは、灰をスコップで取り除くこと

です。そうすれば、また火力が回復します。

私たちの細胞も、事情は全く同じです。細胞の中に灰、すなわち老廃物

を残していたのでは、細胞の火力、すなわちエネルギーは弱いのです。

細胞の老廃物を掃除して、エネルギーをしっかりと作れるようにしないと

いけません。このときの細胞の老廃物を掃除するのが、”電子”です。

食事でいえば、緑黄色野菜や背の青い魚に含まれる抗酸化物質です。

そして治療法でいえば、還元電子治療になります。

毎日毎日、還元電子治療を行い、細胞の掃除を行いましょう。

そして、一生涯、健康で暮らせるようにしましょう。