プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2012年06月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
バックナンバー

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

丹精こめて

[ テーマ: ブログ ]

2012年6月3日18:04:00

小学校の理科の時でしたか、白い一輪の花を赤色のお水に浸けると、

 

赤色の花になる。

 

そのときは不思議な光景で、綺麗だな~とみてました。

 

いま考えると、これが人の健康の全てを表していると感じます。

 

体に良いものを与えると、血管を通って細胞に良いものが行き渡る。

 

そして細胞はとことん元気で働いてくれる。

 

悪いものを与えると、必ず病気の細胞になります。

 

実際は悪いものを与えるということはないでしょうから、

 

言い方をかえれば、日頃体に良いものを与える量が少なくなると、

 

細胞はやがて病気になる、そういうことです。

 

畑の野菜の出来栄えだって、手間をかけて丹精こめて作れば、

 

美味しいものができます。

 

人の体はもっとそうなのです。

 

「人の体は別で放置しておいても勝手に元気で働く」

 

そんなことは絶対にありません。

 

人の体こそ心をこめて手入れしないといけません。

 

そんなこと、どうしてわかるのか?って・・

 

だって現に皆、元気です、大丈夫です、っていっていて

 

病気で倒れているではありませんか。


血行障害です

[ テーマ: ブログ ]

2012年6月9日18:01:00

病気を克服する決定的な方法はありません。

 

というより、病気を治すのは、自身に与えられた試練のようなものです。

 

病名は同じでも、克服するのは自身の問題です。

 

克服した人の方法は参考になっても、決してその方の力を拝借すること

 

はできません。

 

結局は自分で何とかしないといけません。

 

それは病気が治ることを信じてくださいませんか。

 

正確には病状が落ち着き、日常生活が満足にできる、

 

そうなることを信じて下さい。

 

ただ病気が良くなるという方角が見えてないでしょう、患者さんの多くは・・

 

西へ行けばいいのですか?それとも南へ向かえばいいのですか?

 

そこのところをお教えすのが私の役目と思っています。

 

あとは自身の頑張りです。

 

昨日は学会発表で病院診療をお休みさせて頂きました。

 

診療を休んではいられないのですが、患者さんに治療の方向を

 

お示しするのに、研究発表を公に行い、ご理解頂くことも

 

今は必要な時代ですので・・。

 

全ての病気が起こる始まりの第一歩は、”血行障害”です。


人を育てる

[ テーマ: ブログ ]

2012年6月12日22:39:00

誰しも病気になりたくないでしょうけど、病気の存在は人を育てているのかも

 

知れません。最近特にそう思います。

 

とても大変そうな病気でも、そう思っているのは自分たちであって、本当は

 

治そうとすれば必ずチャンスがあるように思うのです。

 

私は病気はとっても簡単な理屈で起こり、小学校の低学年の子供さんでも

 

分かるようなこと、そうお話しています。けれど3メートルの高さの天井まで

 

医学書を積み上げて、それを読破しても病気は治せません。

 

でも本当は、自分たちが病気の起こり方を難しく考えているのと同じように、

 

病気の治り方も本当は簡単なのに、あえて難解にしているために治せない

 

のでしょうね。

 

では実際に病気を上手に乗り越えている人とは、

 

①少しの不安、心配はあっても殆ど動じない

  ただ、もくもくと治療に専念しているだけという感じです

 

②こんな厳しさ、どこにあったのだろう

  ひ弱な患者さんと思って診ていたのに、

  まさに火事場の馬鹿力を発揮しているという感じです

 

③人のアドバイスは求めるが、基本は自分で進む

  

結局、これらは一言でいうと”なにくそ!精神”ですね。

 

それが人を育てているというふうに感じます。


大局的と局所的

[ テーマ: ブログ ]

2012年6月14日12:41:00

”大局的”という言葉と”局所的”という言葉があります。

 

多分簡単には、「全体」と「部分」という意味と思います。

 

私たちは病気と聞かされれば、その病気の部分だけを治そうとします。

 

もし大腸癌と言われたら、大腸という部分の、しかも癌という部分を

 

診(み)ようとします。それも必要で立派な治療ですが、ではどうして

 

繰り返し、何度も同じ病気がでてくるのでしょうか?

 

言い方を換えれば、大腸癌が起こる前は、どうして大腸癌に

 

ならなかったのですか?

 

私は思うのですが、病気を治す時は「全体」も大事ではないかと。

 

病気になったとき、それがどこの部分であっても、その患者さんの体全体

 

の総合力も大事ではないかと思います。

 

病気は大腸であっても、病気が出ること自体、その患者さんの体調そのもの

 

が悪いのです。つまり体全体の調子が悪いから病気になったのです。

 

そうするといくら局所だけを治療していても、大局的に治療できていないなら

 

病気は治らない、そうなるように思います。

 

でも病気になった多くの方が、目先の局所だけを慌てて治療するのです。

 

そしてCTやMRIの写真を見て、局所が「良くなったね」と言われたら、

 

ホッ!と安心してしまうのです。でも病気はまた出るのですが・・。

 

私たちは病気に対しては、とっても心が弱くなります。

 

不安な心に潰されそうになります。というより押し潰されてしまいます。

 

でもここが勝敗の分かれ目なのです。

 

多分、本気で大局的に治療するということと、不安感を払拭するというのは

 

同じことを指すといっていいでしょう。

 

前回のブログで”なにくそ精神”とかきましたが、それを指しています。

 

とても大ざっぱに表現しますと、

 

「お医者さんに癌だと言われた。直ぐ切りなさいと言われた。自分は

 

お医者さんの言う通り、切ろうと思う。でも二度と切るのはごめんだ。

 

絶対に自分で元気になってやる!」

 

そうやって病気にならない体作りを始めるのです。

 

そして大局的に体を治療するとき、闇雲に治療をしても上手くいきません。

 

大局的に体調を評価する「自己防御力診断」が必要です。

 

 

 


治療は始まっている

[ テーマ: ブログ ]

2012年6月23日22:03:00

人が病気になるときは、体の中は既に治療も始まっている、

 

そう思います。

 

もしそういう働きがないなら、私たちは発病とともにすぐに命をおとすに違

 

ありません。

 

でもその治療はあくまで手の内を見せてくれるだけです。

 

「こんな治療が始まっているのですよ・・」と。

 

私たちはそれをもとに、あとは自分の努力で治療を完結しなければなりま

 

せん。もし自分の努力なしに、勝手に体が病気を治してくれるなら、

 

人としての輝きがないかも知れません。

 

ところで、体の中でどんな治療が進行中なのかは、多くはお医者さんが説明

 

すべきかもしれません。

 

言い方はいろいろでしょうが、その患者さんの健康に向かう力を引き出す

 

ことです。それ以外にはありません。

 

そのとき使われる最も重要な因子が”電子(でんし)”です。

 

食べ物の抗酸化物質、そして空気のネガティブイオンです。

 

もし電子の供給を急ぐなら、機械的に電子を補充することです。

 

言い忘れましたが、健康に向かう力を「自己防御力」といいます。