プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2011年02月 
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 
バックナンバー

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

私を作ってくれたもの

[ テーマ: ブログ ]

2011年2月1日12:32:00

私、1959年2月1日うまれです。

 

気が付けば本日52歳になりました。正直のところ時間がアッ!というまに

 

経ちまして、本当に人生のはやさに驚いています。

 

今年は全国で大雪が観測されていますが、私が生まれた網走の山奥もとっても

 

寒く雪も多いところでした。

 

玄関戸を引き開けると、それでも目の前に壁があるのです。雪の!

 

除雪はそう簡単ではないので、スキーをはいて学校へ行くこともしばしば。

 

大雪が降ったときには、学校休みになるのを期待していましたね。

 

学校は嫌いではありませんでしたが、とにかく寒いので家から出たくありません。

 

勉強はさっぱりしませんでした。昼休みに校庭で力いっぱい遊ぶので、昼から

 

の授業は多分寝てたのは確かです。

 

小学校と中学校が同じ校舎でしたので、勉強のしない生活は中学へ行っても

 

同じでした。でも本当に自然を満喫してました。

 

家は農家でしたが、まわりの子もみんな農家でしたので、暮らしがいやだと

 

思ったことはありません。

 

ある時驚いたことは、親戚のところにいったら、お風呂が楕円形の美しい木の

 

風呂で、とても明るい室内なのです。

 

わが家は?と思ったとき、お風呂は外にあり、古びた鉄製の釜風呂で、しかも

 

明かりはろうそくで室内は暗く、脱衣場はござが敷いてあるお粗末なもので

 

した。冬には洗髪した髪が外を歩いてくる間に凍り付いてしまいます。

 

あぁ!うちはひっとして貧乏なのだ、と気づきました。

 

でもどんなに遠くに出かけても、わらぶき屋根のわが家が、やっぱりわが家

 

なのです。帰るところは必ずそこなのです。

 

そこで学んだ生き様が今の私を作ってくれました。


診察室で

[ テーマ: ブログ ]

2011年2月7日20:15:00

患者さん 「先生! 年をとらないで、若いままいる方法ないですか?」

 

先生    「そんなのないですョ。

       でも年をとっても元気で長生きす方法はあります。」 

 

患者さん 「それはくよくよしないことですか?それとも運動ですか?」

 

先生    「それもそうですが、一番は体中の細胞を一生懸命みがくことです。

       体の細胞は使わなければ退化してしまいます。でも使えば使うほど

       細胞は疲労困ぱいして、病気になってしまいます。

       例えば大工さんの道具を考えてください。その日使った道具の歯は

       その日の 内にといでみがいておき、明日にそなえます。

       そうすると必ず道具は長もちします。

       細胞も全く同じで、毎日使うものですから、毎日一生懸命にみがき

       をかけることです。そうしたら長持ちし、しかも病気にならないで

       長く使うことができます。そのうえ年はとっても若くみえます。」

 

患者さん  「でも・・?どうやったら細胞をみがけるのですか。」

 

先生    「最近、東京の地下鉄にりんごの自動販売機ができたとか。

        そのりんごは食べやすいように皮をむいてあって、さらに切って

        あるそうです。でもりんごがさびるのを防ぐために、ビタミンCを

        混ぜてあるようです。実は人の体も細胞にさびがたまって病気に

        なるのです。だからビタミンCのようにさびを防ぐものを食事でとった

        らいいです。でもそれで足りないならもっと積極的にさび止めの処置

        をして下さい。」

 

患者さん  「それはどんな処置ですか?」

 

先生    「えぇ!いまさら何をいってますの。

        いつもあなたがやっているじゃないですか?還元電子治療を・・・」       


お時間をください

[ テーマ: ブログ ]

2011年2月10日19:23:00

最近講演会にてこんなことを聞かれます。

 

「とても素晴らしい医療だと思うけど、今まで自分は聞いたことが無い。

 

どうして細胞内検査や還元電子治療は世に流行らないのか?」

 

とてもごもっともなご意見です。これまで私は二つのことを進めてきています。

 

一つは、日本全国と一部海外で各地域の市民を対象に講演活動をしております。

 

もう一つは、お医者さんを中心にいろいろな先生方とコミュニケーションをとったり、

 

学会発表をしたりしております。私はこの医療を単にブームにのせたいとは思わ

 

ないのです。確かに早く普及すればとか、いっきに有名になったらと思うこともあり

 

ます。でも過去に沢山の革命的、革新的医療(治療)と言われたものが、あっという

 

間のブームにのって、あっという間に消えて行きました。

 

私はもしこの医療が本当に世の中に必要とされるなら、決して消えることはなく、

 

時間は掛かっても益々盛んに利用されると思っています。

 

ですから将来に向けてじっくりと世の中に普及させ、しっかりとした根を生やそうと

 

思っています。新しい考え方の医療ですから、皆さんにご理解して頂けるのに少々

 

時間が必要です。どうかご辛抱強くお付き合い下さい。

 

 

 


細胞がきめること

[ テーマ: ブログ ]

2011年2月15日19:40:00

世の中には沢山の美味しい、魅惑的な食べ物が一杯あります。

 

これを食べればさぞかし元気になり、不老不死とは言わないまでも、きっと美しく

 

長生きできそうな・・という食材もあれこれ紹介されています。

 

でも本当にそうかな?という疑問を誰も解くことができません。

 

たとえ科学研究機関で成分分析をしてもらったとしても、本当にその成分が人の

 

体に良いのかどうかは分かりません。

 

あるいはこんな場合もあります。ある物質、ほんのちょっとなら体にとても良い

 

のに、沢山なら害になる!でもそのほんのちょっとが本当に体に良いのか?

 

という疑問もすぐさま解くことができません。

 

さらに同じ食べ物なのに、品種が違う。これも体に良いかどうか分かれることが

 

多いです。

 

こんな状態ですから「素晴らしい食材、ここに発見!」と言われても本当のところ

 

わかりません。

 

私は10年前から細胞の元気度を調べる「細胞内検査」というのを作りました。

 

本来は病気の根っこの存在を確認するために、あるいは患者さんに施している

 

治療効果があがっているのかどうかを確認するために作ったのですが、

 

今の話しのように自分が集中的に飲んだり食べたりしているいる食材が本当に

 

有効なのかを細胞レベルで確認することにも利用できます。

 

なぜなら、体に良いかどうかは、すべて細胞が決めることだからです。

 

 

 


ゴールは何処でしょう

[ テーマ: ブログ ]

2011年2月26日17:53:00

私は講演に伺った先で必ず「細胞内診療」についてお話します。

 

言葉としてはまだ数年しか経過していませんので、知らない方も多く、つい私も

 

気合が入ります。自身が考案した医療ということもありますが、この医療は

 

世の中の全ての人に絶対欠かせない医療なのです。

 

既に出来上がってしまった病気を治療するだけなら、いままでの医療方針で

 

良いと思います。当然ですが、それは症状の改善にとどまる医療です。

 

対症療法ですから・・。

 

でもここに病気の起こる根元(ねもと)を探し出して治療するという医療を加えると

 

---これが細胞内診療ですが---とても満足のいく結果が得られます。

 

何故なら病気をなくする医療だからです。

 

ここ、とても大事なのですが、私は日々の診療の中でこれまでの西洋・東洋医学

 

必ず使います。

 

そしてもし私が万一病気になることがあったとしたら、やはりこの医療を自分に

 

使います。但し細胞内診療と一緒にです。これが条件です。

 

病気が根こそぎ治るという治療法は、きっと何通りかあるはずです。

 

とても複雑な計算式に基づいて病気の理論を解き、絶妙な化合物の調合に

 

よりあっという間に病気を根こそぎ治す方法もあるでしょう。

 

私のように少々子供じみた考えから、既存の対症療法に根元(ねもと)治療

 

を組み合わせて、時間を掛けてゴールに達する場合もあるでしょう。

 

病気が根こそぎ治るならどの方法を使ってもいいです。でも病気しか治さない

 

という医療は、もう終わりにしないといけません。

 


感動して輝くこと!

[ テーマ: ブログ ]

2011年2月28日19:53:00

私は患者さんを前にして、いつも気を付けていることがあります。

 

それは患者さんが「あっ!そうか、こうすれば病気が良くなるんだ」とぱ~っと

 

輝きを放つようにすることです。

 

患者さんがその気になって病気の克服に手ごたえを感じたとき、治療は一機に

 

前進します。音速のスイッチがはいったかのように。

 

それはまた鉄棒の逆上がりが出来たときのようでもあります。あんなに練習して

 

練習しても出来なくて、もうとっくに諦めていたのに、ひとたびコツを掴むと

 

一機に自信がつきます。

 

それで私の仕事は、患者さんが病気を治すコツを掴めるようにすることです。

 

そしてそれは感動をもって伝えなければいけません。

 

・・ということは私自身が輝いてしゃべる必要があります。

 

とはいっても、とってもありふれた人にすぎませんが・・・。

 

私は病気というのは感動に弱い、感激に弱い、そして悲しみに弱いと思います。

 

その反面、病気は怒りに強く、腹立ちにつよく、そして迷う心に強いと思います。

 

迷いを断ち切り、どうかバカバカしいほど易しかった解決策に感動して下さい。