プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2011年04月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
バックナンバー

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

本当の健康づくり

[ テーマ: ブログ ]

2011年4月4日20:37:00

普段から健康でいるにはどうしたら良いか?そんな素朴な質問が、実は

 

とっても重大なのです。

 

多くのひとは食事、運動、睡眠、ストレスに気を付ける、といいます。

 

でも本当に大事なのは”毎日を楽しい気分で生きること”なのです。

 

人生いろんなことあるでしょう。それでも折角の人生です、いま楽しく

 

しないでいつしますか。

 

それに気づいて毎日を楽しく生きること、これが本当の健康づくりです。

 

楽しく思うことは、脳みそのリラックスを生み、体中の血液循環が良くなります。

 

血行が良いと、細胞には美味しいものがしっかりといき、爆発的エネルギー

 

がでるのです。そして細胞の老廃物もきれいに掃除されるのです。

 

怒ったり、悩んだり、苦しんだり、迷ったりが続くと細胞は病気になるのです。

 

でも多くのひとがこちらの方に当てはまるのです。

 

そんなときどうしようもないので、還元電子(でんし)治療をして頂くのです。


今の細胞を診てほしい

[ テーマ: ブログ ]

2011年4月10日21:17:00

人はどこに病気が出るのか?

 

学校を卒業したての私には、患者さんを治療しても治療しても全く良くならない

 

ことに、エ~どうして?という気持ちで一杯でした。

 

あるとき診療しているうちに気づいたのですが、明らかに癌があるというのに

 

血液検査に全く異常が無いのです。おまけに腫瘍マーカーと言われる項目も

 

異常なしです。

 

病気って重病ならせめても血液に異常が現われてもいいのでは?

 

変だね~。

 

そんな悶々とした診療の中で、ところで病気ってどこに出るのかな、と思うように

 

なっていました。

 

後になってよく考えてみると、学校のとき癌患者さんの病理標本は細胞の

 

変化がとても特徴的でした。

 

その内、つじつまの合わない病気に遭遇しては、これは癌患者さん

 

だけでなくどんな病気でも細胞に異常があるんだろうと、何となくそう思うように

 

なりました。

 

今の私にとっては当たり前のようですが、10年前は日常的に細胞をすぐに調べ

 

られる方法はなかったのです。どこにも。

 

でも自分で恐る恐る(本当にこんなんでいいんかな?という自信のない気持ち)

 

細胞内検査を作ってきて、いまではこの検査が病気の根元を診る優れた

 

検査方法であると確信しています。

 

人が病気になるのは「細胞」なのです。

 

だから今病気がある、なしに関わらず、皆さんの細胞の今を診て

 

病気の出る出ないを判断してほしいです。

 

 

 

 


これしかない

[ テーマ: ブログ ]

2011年4月14日18:08:00

体に電子(でんし)を与えて健康を守ったり、病気を回復させましょうという医療

 

は還元電子治療以外にありません。この電子(でんし)を与える治療がなければ

 

この先病気はもっとひどくなり、治らない病気でいっぱいになります。

 

世の中がますますストレスの多い社会になって行きますし、空気の汚れがもっと

 

ひどくなって環境的ストレスも大きくなります。

 

私たちの脳の自律神経は緊張の解けない状態になり、いつでも病気の出る

 

状態におかれます。

 

これをたちまち解決できる方法は電子(でんし)をたっぷりと、十分に体に与える

 

ことです。どうか還元でんし治療を続けて下さい。

Dr.Horiguchi

 


本当に不思議

[ テーマ: ブログ ]

2011年4月17日09:41:00

今の私たちの体もそうですし、太古の微生物もそうですが、そのエネルギーの

 

作られ方は全く同じです。電子(でんし)をもった水素が、そのエネルギーの

 

基本形なのです。福島の原発事故で水素爆発という言葉が出てきましたが

 

この場合も水素は電子をもっているため、エネルギーがでる(爆発する)のです。

 

ところが私たちの体も、福島の原発事故でもそうですが、エネルギーの形に

 

するには酸素が必要です。簡単に言うと酸素がないと燃えない、爆発しない

 

のです。電子を内臓した水素というエネルギー物質に酸素という助燃剤が

 

あると爆発的に燃えるのです。でも酸素が使われると副産物も沢山でます。

 

人の体の中では活性酸素とかフリーラジカルというサビです。

 

それが増えると今度は酸性という副産物が出てきます。これがなんと水素の

 

もともとの形である水素イオンです。フリーラジカルと水素イオンは人の体の

 

細胞を壊してしまいます。

 

なんとこの二つの有害物質を消してしまうのも電子(でんし)なのです。

 

それでエネルギーだす水素も有害物質を消す電子もともに食べ物がもってます。

 

結局すべて自然界の中で行われているのです。


健康貯金

[ テーマ: ブログ ]

2011年4月24日17:00:00

目には見えませんが、私達は健康を貯金するための財布を持っています。

 

健康にいいことをすれば貯金は増え、

 

健康を害することをすれば貯金は減ります。

 

そして健康貯金が減れば減るほど、病気がおこり易くなります。

 

ですから時々いくら健康が貯まっているか、がま口を開いて見て下さい。

 

そのために行うのが細胞内検査です。

 

いまは核家族です。一世帯あたりの家族は2人くらいでしょうが、昔は5~6人

 

多いお宅では7人以上もいたと思います。

 

いくら介護が整備されたといえ、家族の一人が倒れたら残りの一人、二人で

 

面倒をみるのは心身ともに負担になります。時には家族全員が倒れることに

 

なります。

 

そう考えると普段から健康でいること、そして生涯健康で生きることが

 

一番幸せなことです。

 

健康にいいこととは、細胞を磨くこと(老廃物を掃除すること)、

 

それと細胞に負担をかけすぎないこと(過労・ストレスを減らすこと)です。


自分で選んで下さい

[ テーマ: ブログ ]

2011年4月29日19:18:00

体がどんどん動くうちは、病気にならないように気をつけましょうとは

 

誰も思いません。

 

それで、殆んどの人は病気になってから慌てて何とかしようとします。

 

しかし直ぐに何とかなる例はいいとしても、何ともならない例も沢山あります。

 

病院やお医者さんというのは、病気を治すお手伝いにしかなりません。

 

それは病気が治らなかったときの口実ではなく、本当にそうなのです。

 

人の体の仕組みは、宇宙の謎以上に謎です。何にも解っていません。

 

これから1000年経ってもそう変わらないでしょう。

 

だから病気になった時は、その患者さんの無限の力に頼るしかありません。

 

何かよくわからないけど、人の持つ究極の力を引っ張ってくるしかありません。

 

それにはどうしたら?

 

まずは患者さんがどうしたいかですね。治す意欲に燃えているのか、

 

それともここでもういいや・・なのかです。

 

もし治す意欲に燃えているとして、次は不安との闘いです。

 

そしてやっている治療への確信です。

 

その一連の気持ちの中に絶えず”必ず何とかしなくては!”と湧いて

 

きてほしいです。

 

私たちはその中でしか支えてあげられません。

 

例え還元電子治療であっても。

 

もし病気になってもそんなこと耐えていけないというなら、

 

普段から面倒でも一生懸命に自分の細胞を磨くことです。