プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2009年08月 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
バックナンバー

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

サラサラ血液とは

[ テーマ: ブログ ]

2009年8月18日21:27:00

人に還元電子治療を続けていますと、だんだんと血液がサラサラになってきます。

 

血液がサラサラというと、お水を沢山飲めばいいのかと思うでしょうが、本当に

 

血液がサラサラになるのは、血管の中を流れている血液細胞同士がくっつき

 

あわないことです。血液細胞というのは赤血球や血小板や白血球をいいます。

 

もし血液細胞同士がくっつくと団子状になって血管を通過しづらくなります。また

 

そういう血液細胞同士がくっつく血漿(血管の中を流れているみずっけの部分)

 

というのはとても老廃物が多いです。老廃物が多いのでなおさら粘り気のある

 

血液となるのです。血液細胞同士が何故粘っこくくっつくのか、をお話しします。

 

血液細胞の表面はつるつるそうに見えて、実はいろいろな突起が付いています。

 

その中でシアル酸という物質で特に N-アセチルノイラミン酸のカルボキシル基

 

はマイナスの電荷を帯びています。この電荷を十分に帯びていますと、マイナ

 

スの電荷をもった血液細胞同士には反発力が働いて互いをしりぞけ合う

 

ようになります。それが団子にならない理由です。そして病気の人ではこのマイ

 

ナスの電荷がはがれ落ちていることが分かっています。もちろん血液は粘っこく

 

なっているのですが、それだけではありません。マイナスの電荷が落ちている人

 

はとてもサビ付いた体になっています。サビの代表は活性酸素やラジカルです。

 

活性酸素の多い人は病気になってしまいます。還元電子治療の還元電子は

 

活性酸素をとても良く除去します。なによりも血液細胞の表面のマイナス電荷

 

を沢山増やして血液の粘り気をなくしてくれます。

 

健康を毎日貯金しましょう

    Registered Trademark

スラちゃん

 


根元の治療

[ テーマ: ブログ ]

2009年8月30日18:02:00

私達が普段病院で受けている治療は、その殆んどが対症療法です。もしあなた

 

 

 

が風邪を引いて熱があれば、きっと解熱剤が処方されるでしょうし、もしお腹を

 

 

 

こわしていて下痢がひどければ、下痢止めが出るでしょう。そしてもしだれかが

 

 

 

ガンだとわかれば、きっと手術をして抗がん剤も投与されるでしょう。

 

 

 

でもそれも大事な治療だけど、本当は風邪にもかからず、胃腸炎にもならず、

 

 

 

そしてガンにもならなければいいのです。そういう病気にならないようにする

 

 

 

にはどうすべきか、という「根元の治療」がまったく行われていません。

 

 

 

いま新型のインフルエンザがとても流行っていますが、たとえワクチンが手に

 

 

 

入ったとして、すぐさまH1N1以外の新型のウイルスが現れたらどうしますか。

 

 

 

すぐにワクチンは製造できないでしょうし、抗ウイルス剤の効果もあまりないと

 

 

 

したらどのように対処したらよいでしょう。対症療法というのは体の外からの

 

 

 

治療です。でも「根元の治療」というのは体の中でおきている治療です。

 

 

 

この「根元の治療」は自己防御力を高める治療のことであり、自分の体の中に

 

 

 

病気を起こさない力をつけるための治療です。もし自己防御力がつけば、例え

 

 

 

インフルエンザの型が変化して自分もそれに感染したとしても、「ああ、熱が

 

 

 

あってしんどかった、喉がひどく痛かった、体がとてもだるかった、でも間もなく

 

 

 

回復したよ」といえる体が必要なのです。決して重篤になって生死をさまよう

 

 

 

ことのないよう、日頃から丈夫な体を作っておけばよいのです。

 

 

 

自己防御力はどうすれば身に付くのか。人の体はどこも細胞でできています。

 

 

 

細胞がさびないようにピカピカにみがくことです。とりわけ免疫細胞をしっかり

 

 

 

と磨いていおて下さい。すでに病気のある方は仕事そっちのけで磨くことに

 

 

 

専念してください。

 

 

 

日頃から還元電子治療をしている方は、どんなことがあっても毎日4回以上

 

 

 

して下さい。

 

 

 

毎日健康を貯金してください。

 

Registered Trademark

 

スラちゃん