プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2014年04月 
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 
バックナンバー

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

心を救う”みどりうさぎ” 

2014年4月8日22:15:00

                                      No.610

自分が大変な病気だと分かると、多くの場合、気持ちが折れてしまいます。

腹立たしく、悲しく、不安でもあり、とても病気と闘うことなどできません。

本当は病気だと知らないままに治したいのですが、今のすう勢から、そうも

いきません。病気のことは知ることになります。

ゆえに、やはり病気と闘うしかありません。

人生に病気など無ければよいのに、何故?病気になって苦しむので

しょうか。これは誰にも分かりません。

でも最近は、このように感じています。

”病(やまい)を克服する気持ちが試されている”  それが病気だと。

「なれば、やってやろうじゃないか!  

この強い気持ちをご披露してみせましょう。」

これを私は”なにくそ、精神”と呼んでいます。

困難と言われる病気から抜け出した患者さんには、必ずこの精神が

みられます。

病気になるのも人なら、病気を克服する力も人に与えられているに

違いありません。

頑張ってやっているが、それでもときおり心が折れてしまいます。

そんなとき人の心に癒され、人の心が励ましになってくれます。

片井 絽々さんの画像詩(みどりうさぎ)は患者さんの心に、とても安らぎ

を与えてくれます。

頑張りなさい、もう少しだよ・・」と優しく背中を押してくれます。

 


病気の根を抜く医療

2014年4月11日22:04:00

                                                                                  No.611

自分で病気を防ぐ力のことを、”自己防御力”と呼んでいます。

私たちは、この力がとても弱くなったために病気になります。

この力が弱いうちは、繰り返し何度でも病気になります。

お薬を使っても、手術をしても、リハビリをしても、自己防御力が回復しない

うちは、永遠に病気は起こります。病気を止めることはできないのです。

たとえですが、手術を終えた二人の癌患者さんがいました。

手術後、Aさんは自己防御力を回復するため一生懸命に努力しました。

手術後、Bさんは自己防御力を回復する努力を一切行いませんでした。

手術後、1年以内に二人とも癌が再発しました。

一般的な考え方をすれば、自己防御力を回復する努力など無駄だった!

そういうことになります。

しかし、Aさんは自己防御力が回復しつつある途中です。でも十分な自己

防御力が身についていないので、癌が再発しました。これは治療過程で、

容易に想定されていた範囲内のことでした。だからがっくりすることなく、

さらに自己防御力を回復するための治療を続けてくれれば、それでいい

のです。もう一度手術するならしてください。焼くなら焼いてください。

治る方向は見えています。 

一方、Bさんは自己防御力を回復する努力をしていませんでしたので、

治る見通しは暗いです。ますます癌の再発に勢いが増すでしょう。

癌の再発という見た目には同じ現象のように見えても、実はまったく

逆の性質をもった病状なのです。ここを理解した人だけが、病気の苦難

を乗り越えるチャンスが与えられます。あとは実践のみです。

この度、多くの皆様のご尽力により本を出版することができました。

この中から病気を治す方法を見出して頂ければ、とても嬉しく思います。

   「病気の根を抜く医療」 株式会社アピックス amazon予約可

 


還元電子治療の目的

2014年4月27日22:03:00

                                                                                  No.612

還元電子治療に関するご質問で一番多いのは、「どんな病気に効くの

か?」という内容のものです。

本当は癌に効くとか、糖尿病に効くとか、狭心症に効くという返事を期待

していると思いますが、残念ながら病気を治療することはできません。

病気になったら、是非”現代の医療”を使ってください。

手術や薬やリハビリを行ってください。そして早く苦痛から逃れてください。

もう二度と、病気が発症して苦しまないようにしてください。

ところが、自分に苦しさを感じなくなると、もう大丈夫!、治ったと思って

いつもの生活に戻ってしまいます。

初めて病気になった時も、日頃から特別の症状もなく、健康と思い続けて

病気になったはずです。すでにこのように学習したわけですから、同じ

生活内容なら、再び病気は起こるに違いないと思ってください。

しかし、多くの方が後悔します。

「あぁ~気を付けておくべきだった」と・・・。

癌手術後の再発転移は、その代表的な例です。では、どうすべきか?

病気ができるとき、突然病気が現れることは絶対にありません。

病気ができる下地があったはずです。これが”病気の根”です。

病気の根がはえていたから、病気が現れたのです。

この病気の根を抜き取る医療だけが、現代の医療に含まれていません。

これを根元の医療といいますが、還元電子治療はそのための医療です。

多くの人で、何ら体に苦痛がなくても、既に病気の根は深く生えています。

これを抜かない限り、病気は永遠に襲ってきます。

「病気の根を抜く医療」㈱アピックス 5月1日amazon発売

ご一読ください。