プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2014年07月 
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
バックナンバー

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

免疫システム

2014年7月2日18:07:00

                                                                                  No.621

人の体が病気になるところは、”細胞”です。

しかし日常的に細胞が病気になる機会はとても多いです。

もし細胞が病気になれば、それを切っ掛けに病気の細胞はどんどん

増えていきます。丁度、みかん箱の中に一個だけ傷んだみかんがあると、

やがて周りのみかんも全部傷んでいくと同じように・・・。

そこで病気の細胞が増えると、本当に病気になってしまいますので、

それを阻止するために免疫システムがあります。

多くの方がご存知なのは、病気の細胞を除去するシステムです。

特に免疫細胞が癌細胞を攻撃することは、とても有名な話です。

しかしそれと同等以上に大事なのが、コラーゲンによる病気の細胞を

封じ込めるシステムです。

コラーゲンというと、免疫システムと関係ないと思われるかもしれません。

しかし免疫が元気に働かないとコラーゲンはできないのです。

いずれにしても免疫力を十分丈夫にしておくことで、大半の病気から

逃れられるのです。

それで私は、免疫を丈夫にするために”還元電子治療”を用いています。

免疫がとくに弱い方は、1日に5回以上チャレンジしてください。

 

 


もうだめだ!のこころ

2014年7月3日18:29:00

                                                                                  No.622

もうだめだ!ときめつけているのは、自分のこころです。

本当は、まだ十分に回復できる能力を持っているのに、こころがくじけて

いることが多いのです。

病気になるまでの準備期間に、20年かかったとしたら、半年、1年、2年

の治療は、まだまだ短い期間と思います。

ゆっくりと焦らず、のんびりと治療してください。

ところで、もうだめだ!、と思ってしまうときのこころは、どんなこころか?

と考えますと、それは当てのない気持ちです。

なんで治らないんだろう、どうすれば治るのか!

治るという方向性に、全く見当がつかないのです。

それが、もうだめだ!という気持ちに落ちてしまう理由です。

たとえ治癒に時間がかかるとしても、自分は治れる道を歩いていると

分かれば、辛抱強く治療できるに違いありません。

病気から抜け出すには、病気が寄ってこない体になるしかありません。

それは自分で病気の根を抜くことであり、丈夫な”自己防御力”を身に

つけることです。

私はその目的で、還元電子治療を繰り返し、何度も、辛抱強く行います。

自己防御力評価が合格点(3.3以上)に達するまで・・・。

 


自己防御力診断を受けましょう。

2014年7月8日13:40:00

                                                                                  No.623

抗がん剤治療に放射線治療、免疫治療に還元電子治療、こんなに沢山の

治療を行っているのに、癌のマーカー(血液検査の数値)は何故改善しない

のか? ときおり、そんなお話が聞こえてきます。

それは、沢山の治療を併用していること、そのことに治るという期待感を

持っているためと思います。

しかし病気が治るためには、自分で病気を防ぐ力、→自己防御力を回復

すること以外にありません。

沢山の治療を重ねるのは構いません。しかし、それらが、自己防御力を

回復することにつながり、結果的に3.3以上の評価になるようにしなけれ

ばなりません。そして、その力を維持しなければなりません。

そうやって病気を治癒(ちゆ)に導くことができます。 

逆にいえば、自己防御力が目標値に達するまでは、何度でも病気は出よう

とします。また悪いままの状態がず~と続きます。

そのことを最初から承知して頂いて、治療に臨んでください。

目標を見失わないなら、途中経過に惑わされることなく進めるはずです。

自己防御力について、現在の自分の位置を確認するために是非とも

”自己防御力診断”を受けましょう。

 

 

 


体のだるさ

2014年7月12日17:19:00

                                                                                  No.624

どなたでも時々、体のだるさを自覚することがあります。

こんな時、体の中で何が起こっているのでしょうか?

殆どの場合、体に”炎症”が起こっています。

ですから、たとえば炎症を止めるお薬を飲みますと、大体は体のだるさが

消えてしまいます。

炎症が起こる理由は、二つあります。

一つは自律神経系の乱れによって、直に炎症を起こす場合と、末梢の血液

循環が悪くなるために炎症性物質が停滞する場合とがあります。

台風が来ると気圧が低いので、自律神経系が乱され、炎症が起こりやすく

なります。そのために台風の時期は、体がだるくなりやすいのです。 

もう一つは、免疫バランスの乱れです。

免疫は免疫細胞によって作られます。免疫バランスが悪いと免疫細胞

から必要以上に炎症性物質が出ます。

実は免疫は、自律神経の支配を受けています。自律神経系の長期的な

乱れは、免疫バランスの乱れをもたらし、持続的な炎症を起こすことに

つながります。

炎症は、体のだるさを引き起こしますが、炎症の本当の怖さは病気の細胞

を増やすことです。すでに病気の人は、病気が重症化するのです。

自律神経バランスを維持するために、食品ではギャバ(ガンマーアミノ酪

酸)を、免疫バランスを維持するためにグルタミン(アミノ酸の一種)を

摂って下さい。

また還元電子治療は両者のバランスを回復させるのに、とても重要です。

一日4回ほど行ってください。それ以上なら、なおさら良いです。

 

 


春名伸司さんの講演

2014年7月21日12:54:00

                                                                                  No.625

7月19日(土)、春名伸司さんを講師の先生としてお招きし、当院の健康

講座を開催しました。春名さんはご自身が大きなご病気になられたことも

あり、その実体験には、とても説得力がありました。

聴講された方々は熱心に聞き入っていましたが、本当に素晴らしかった

ことは、春名さんの心で語る姿、ここに皆さんは感動したと思います。

病気のみならず、何かを成し遂げたいときは、こころが叶えてくれる!

そう春名さんは語ってくれました。

ご参加された80名の方は、きっと満足して帰られたことでしょう。

春名 伸司さんに心から感謝致します。

著書「末期ガンを乗り越え 100歳をめざす」ぱるす出版 株式会社

 

 

 


自分の免疫力を築く

2014年7月27日16:47:00

                                                                                  No.626

病気がでるところは、紛れもなく細胞です。

その一方で、できる限り病気を出さないようにしているのは免疫力です。

正確には免疫バランスの良さです。

病気の細胞ができた場合ても、丈夫な免疫力を発揮できれば、病気の細胞

の増加を抑えて、病気を発症しないようにできます。

ところで免疫バランスを支えているのは、免疫細胞です。とくに重要な細胞

単球とリンパ球です。それらを使って、オリジナルの免疫バランスシート

作成してから迅速に免疫力を評価できるようになりました。

最近免疫の治療が多く実施されておりますが、それにより患者さんの病状

はとても良くなりました。しかし最終的には、自分の盤石な免疫力を作り上

げなければなりません。免疫細胞を生体内に置いたままで・・。

そこで免疫バランスを良好に保つために、

①病状に合わせて、できる限り歩いてください。

  面倒と思ってはいけません。歩くことを習慣にしてください。もし外へ出れ

  ないくらい病状の悪い場合は、家の中をうろうろ歩いてください。

  それすらもできない場合は、ベッド上で手足や体を動かしください。

  少しずつ辛抱強く行ってください。

②首や腰、手足の関節をマッサージして、血流を良くしてください。

  急性炎症を起こしていないなら、原則温めてください。

③免疫細胞のエネルギー源であるグルタミン(アミノ酸)をサプリメントで

  摂ってください。グルタミンであり、グルタミン酸ではありません。

④免疫に関与する材料として、タンパク質(大豆と魚、上述のグルタミンも

  OK)、ビタミンC、カルシウム、ビタミンDを摂ってください。

⑤還元電子治療を極数選択「1」で片手足に行ってください。

  できるだけ多く実行することがおすすめです。

丈夫な免疫力は、必ず自分を守ってくれます。