プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2013年05月 
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
バックナンバー

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

病気の波

[ テーマ: ブログ ]

2013年5月2日07:11:00

病気が治るまでには、いくつもの波がやって来ます。

 

病状が減ったり、増えたり~

 

それを繰り返して病気は治っていきます。

 

右肩下がりにスーと治っていくことはありません。

 

もし、ひどい風邪を引いた場合、初めは喉が痛く、寒気があり、熱がでます。

 

そして、それらの症状がおさまるかたわら、しばらく咳と痰が続き、関節の

 

痛みもでます。その症状もなくなっていき、最後に、しばらく、全身の

 

けだるさが残ります。

 

それと同様に、もし癌になって、それを手術や抗がん剤で消してしまっても

 

癌は再発・転移という形で病状の波がでます。

 

それが普通と考えてください。

 

再発・転移と言われた患者さんは、とてもショックでしょうが、

 

病気の回復には必ず波があります。

 

はじめは波の振幅は大きいのですが、段々に小さくなり、病気は治ります。

 

しかし病状の波が大きいうちは、病気は思うように治りません。

 

では病気の波は何に左右されるでしょうか?

 

自分に病気を出さないようにする力、自己防御力です。

 

自己防御力が弱ければ弱いほど、波の振幅は大きいのです。

 

もし癌という病気になって、病状の波:再発・転移 が現れても、それは

 

あることです。ただ確実に治っていくためには、その後の波の振幅を

 

小さくしなければなりません。

 

それには自己防御力を最大限に引き上げることです。

 

そしてそのために、電子補充治療がつくられたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 


自己防御力診断のすすめ

[ テーマ: ブログ ]

2013年5月21日00:37:00

”自己防御力診断” 

私たちには病気を出さないための力があります。

 

それを調べて丈夫なら、ずーと丈夫なら病気になりません。

 

感染症に罹っても、自己防御力が丈夫なら、きっと回復することでしょう。

 

もし自己防御力が弱くなって病気になれば、対症療法を行います。

 

この対症療法は自己防御力の回復を早め、時間をかせぐことになります。

 

しかし中には、自己防御力を更に弱くするものもあります。

 

その場合には、結果的にもっと病気が出やすくなりますので、自己防御力を

 

高める強力な治療を必要とします。

 

残念なことに、自己防御力の低下状態には、一切自覚症状がありません。

 

それでほとんどの人は、健康だ!と思いこみながら病気になるのです。

 

健康診断や人間ドックでも、合格だ!と言われながら病気になって行きます。

 

自己防御力が不合格のままなら、必ず病気の方向に向かっています。

 

ひとたび病気になると治癒(治しきること)できない場合もあります。

ですから、無症状であっても年1回以上、自己防御力診断を受けられ、

もし結果が悪いならすぐ修正してください。

そうしたら病気になりません。必ず満足した人生になることでしょう。

 


自分しかいない

[ テーマ: ブログ ]

2013年5月27日19:40:00

何も自覚症状がなければ、自分は健康そのものと思い込んでいます。

 

そして急に脳梗塞を起こしたら、さっきまで健康で、急に病気になった!

 

そう思っている人がいます。かなり多いのですが・・・

 

実際は、そんな病気は一つもありません。

 

病気が起こるからには、何年も、いいえ何十年もかかっています。

 

長い長い期間をかけて病気の準備があるのです。

 

ひとたび病気が出てしまうと、必ずしも完治できるとは言えません。

 

そうすると、はじめから病気にならなければよいのです。

 

それには、何も自覚症状がないときでも健康だと思い込まないで、

 

病気の準備状態にあるのかどうかを見極めて下さい。

 

その検査法を「自己防御力診断」と言います。

 

自分を健康に導けるのは、やはり自分しかいません。


グルタミンという物質

[ テーマ: ブログ ]

2013年5月30日23:41:00

人の体は細胞でできています。ですから病気になる場所は細胞です。

 

本当は細胞が元気度、満点なら病気はありません。

 

しかし、来る日も来る日も心身ともに酷使しています。ストレスと過労で・・

 

結局、細胞に負担をかけ過ぎているために、細胞の元気(新陳代謝)は悪く

 

なり、病気になっていきます。

 

その時細胞たちが容易に病気の細胞に変化しないように、また病気の細胞

 

が増えないようにしているのが「免疫力」です。

 

免疫力は免疫機能のバランスを意味していますが、その中心的役割が

 

免疫細胞たちです。

 

普段、体がしんどい、だるい、重いなどと感じるのは「炎症」があるため

 

ですが、これには免疫機能の低下が付きまとっています。

 

それで免疫機能を盤石に整えると、やがてしんどさは消失します。

 

最初は漢方やきのこ類、ビタミンを使って免疫力を高めようとしました。

 

それもよいのですが、何か足りない。

 

私は細胞の元気の基本は、細胞がご飯を食べることからと考えています。

 

そこから細胞内検査法も出来上がったのですが・・・

 

もう12年くらい前になりますが、免疫機能をあげる物質を片っ端から調べて

 

いました。その中の文献の一つを読み、とても驚いたのです。

 

”免疫細胞のエネルギー源は主にグルタミンである”

 

そうか、免疫細胞も細胞ゆえ、ご飯を食べないと元気にはなれない、

 

それはあまりにも当然のことでした。

 

その論文を書いたのは大手小麦原料メーカーの研究員でした。

 

現在は大学の先生になられました。

 

実はグルタミンは小麦に多く含有されているのでした。

 

それまでの免疫を刺激する物質の投与から、免疫のエネルギー源となる

 

物質の投与にプライオリティを変更しました。

 

早速小麦原料メーカーさんに連絡して、原末をわけて頂きました。

 

それから数年に亘りグルタミンの研究に没頭しました。

 

それは正直驚くべき結果でした。世の中のこんな貴重な物質があったのか!

 

いまでは免疫機能の改善に、グルタミン供給なしには考えられません。

 

私は自分自身が普段からグルタミンを服用しているので、おそらく免疫機能

 

がすこぶる安定しているのでしょう。

 

私の医療の中では、グルタミン投与は、

 

*常に免疫機能を落としたくないと考える場合、

 

*傷負けをし易い場合、

 

*免疫療法を実行する場合、

 

*抗がん剤投与または放射線治療をしている場合、

 

*手術を予定する場合、

 

でもグルタミンは筋肉タンパク質の大部分をしめます。

 

ですから免疫細胞との奪い合いになりますので、運動している方は特に

 

グルタミンの摂取が大切です。

 

またグルタミンは私どもの研究から肝機能の改善に有効でした。(論文掲載)

 

最後に注意が一つあります。

 

”グルタミンはグルタミン酸とは異なります。”