プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2018年05月 
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
バックナンバー

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

癌について分かってきたこと~③

2018年5月3日22:27:35

                                                                                         No.756

癌ができるのは、血行不良による酸素不足で始まります。

細胞が酸性体質になることです。

これ以外にもう一つ重要なことがあります。

細胞が錆びることです。いわゆる活性酸素やフリーラジカルで酸化

することが、癌の発生にかかわっています。

しかし錆びる現象のメカニズムは、酸素を利用することに起因します。

いま細胞は血行不良のため酸素不足になっているので、細胞は錆び

ができにくいはずです。それなのに何故細胞は錆びるのでしょうか?

一つの考え方として、血行不良なので、酸素だけでなく、錆びるのを

食い止める抗酸化物質(例えばビタミンC、ビタミンE,アルファリポ酸、

コエンザイムQ10、NADHなど)も、細胞に十分行きわたらないとも

言えます。だから酸化する、と考えます。

しかし私の実験では、細胞の中の錆びる絶対的量ではなく、

細胞の中が細胞の外に対して、相対的にどれだけ錆びるかで

癌の発生が起こると考えられます。

このようにして細胞の癌化は、細胞の相対的酸化という体質で

決まります。

かくして癌細胞は、酸欠で生きる細胞であり、酸性と相対的酸化

の体質の細胞なのです。


癌について分かってきたこと~④

2018年5月6日08:36:41

                                                                                         No.757

正常細胞が癌細胞へ変わるとき、

①細胞は血行不良に伴う酸素欠乏になる

②上記①によって細胞内の乳酸が増え、酸性環境になる

③上記①によって細胞内の相対的酸化が増す

などが起こっています。

では血行がとても良いなら、癌細胞への変化は起こらないか?

といえば、そうではありません。

血行が良いと、通常は細胞の中は酸素が豊富ですから、細胞内での

エネルギー作りはとても順調です。

しかし酸素を使うので、細胞内には沢山の活性酸素、フリーラジカル

が発生しますし、同時に二酸化炭素も沢山できます。

これらの老廃物の量が多くなり、それが持続すると、その影響は

血管の収縮につながります。

つまり細胞のオーバーワークは、血行障害をまねくことになります。

そして血行が悪くなると、あの癌発生の機序へとはまっていきます。

日頃オーバーワークにある方は、ペースダウンするか、最低限

抗酸化物質、とくにアルファリポ酸、コエンザイムQ10、ビタミンC、

ビタミンE、NADHをとって下さい。これらは全て電子の供給源です。

その観点から、何よりも還元電子治療をしっかり行うべきなのです。


癌について分かってきたこと~⑤

2018年5月13日21:58:48

                                                                                         No.758

血行を良くすること、そして細胞の酸化・酸性の老廃物を除去すること

で、新しい癌化細胞をつくらないようにします。

しかし完全に癌化した細胞を正常細胞に戻すことはできません。

でも癌化した細胞を沢山の正常な細胞で取り囲んで、癌化した細胞を

封じ込めるか、消滅させることができます。

子供の頃によく行った「おしくらまんじゅう」に似ています。

中心に癌化細胞をおいて、その周りを正常細胞で取り囲むのです。

そうやって癌の孤立化と封じ込めを図ります。

これを「おしくらまんじゅう方式」と呼んでいます。

それをするにはしっかりと血行改善を図り、抗酸化物質の摂取と

還元電子治療を行ってください。


春先の体調変化に注意

2018年5月31日18:57:00

                                                                                         No.759

5月、6月は季節柄、血行がわるく、免疫機能も低下します。

朝方から午前中までは気温が低く、日中はグンと上がります。

しかし午後になっても、身体の足腰は冷えたままになっており、

梅雨時ならなおさらです。

気温の変化だけでなく、気圧の変化も激しいので、関節の浮腫みも

出やすくなります。

これに免疫機能の低下も加わるので、関節痛も起こります。

痛風発作、ヘルペス、脳梗塞や心臓の不整脈にも注意が必要です。

十分に睡眠をとり、できれば夜11時までには入眠しましょう。

食事ではタンパク質とビタミンCをとりましょう。

入浴と散歩、ときおり深呼吸も。

還元電子治療のある方は、標準的なあて方と、頭のこめかみにも

行って下さい。