プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2012年04月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
バックナンバー

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

体のいたわり

[ テーマ: ブログ ]

2012年4月7日21:17:00

もし病気であることが分かったとしても、何の不安も心配も抱かないとしたら、

 

私たちの病気は、今よりはもっと治りやすくなるでしょう。

 

でも病気ですよとか、癌ですよ、脳梗塞ですよと、そんなふうに言われたら、

 

かなりの方は不安と心配と恐怖でとても平常心ではいられません。

 

それは当然です。

 

ですが残念ながら病気を治すときは、治療はするんですが、病気を意識しない

 

方がとても治療がうまくいきます。もちろん全部ではありませんが。

 

病気を気に掛けず、どっかと腰を下ろして、しっかり体の手入れをするという

 

気持ちになって欲しいのです。

 

もし病気の程度が大きかったなら、乗り越える気持ちを最大限に引っ張って

 

こないと駄目です。その時は病気に当たるのではなく、自分を鼓舞するために

 

「なにくそ!精神」です。

 

病気になったのは紛れもなく自分のせいです。体の具合が悪いのを病気のせい

 

にしても病気は乗り越えられません。

 

人生がくるったのは病気のせいだといっても何も解決しません。

 

体の手入れをしてこなかった自分が悪いのです。

 

使い放題だと勝手に思っていた自分が間違っているのです。

 

なかなか病気に感謝するまでは難しいですが、せめて体へのいたわりはもって

 

ほしいものです。

 

そして、こんどこそ体を大切にしてほしいのです。

 


そう理解しております

[ テーマ: ブログ ]

2012年4月15日12:14:00

私は診療を始めて高々20年、しかし20年間医療を見続けて来て、

 

もし学生のころから言えば26年間医療をみてきて、

 

そして楽しく人生が送れるほどに病気を癒す、それが医療とすれば、

 

 

医学の基本は何も変わっていませんでした。

 

それは医療の進歩が無かったのではなくて、

 

とてつもないほどに医療は発展しました。

 

けれどそれは病気を治す基本に沿った発展であって、病気を治す柱は同じです。

 

医療は患者さんの体あってのものです。

 

鉄の塊に注射を打ったり、薬を投与したりしません。

 

心をこめた鉄の造形物に命が無いとはいいませんが、

 

人の体は命があってのものです。

 

ですから人の病気を治すのは、人の命を治療することとも言えます。

 

あらゆる治療の目的は、患者さんの生きる力、生命力を引っ張りあげること、

 

私はそう理解してます。


優秀な自己防御力

[ テーマ: ブログ ]

2012年4月18日20:37:00

本来、健康と病気の境界などありません。

 

いま心筋梗塞と診断されても、心筋梗塞になる準備はずっと前から始まって

 

いたのです。

 

ですから、ものすごい健康状態が段段と薄れて行き、少しずつ病気状態に

 

移行する感じで、本格的な病気になります。

 

でもそれでは分かり難いので、

 

”人は生まれながらにして、病気を出さないための力を持っている”

 

その力が段段弱くなって、長い歳月が掛かって、病気がおこります、

 

そう表現します。

 

これが「自己防御力」です。成書(教科書)にはありませんので作りました。

 

ところで、自己防御力が弱くなっても、その状態がある時間続かないと

 

病気はでません。

 

おおざっぱですが、風邪のような急性の場合は別にして、自己防御力の低下が

 

あって10年くらいしないと病気はでてこないです。

 

それで病気になったとき、病気をもっとも治り難くするのが、

 

自己防御力の中の”炎症の鎮静化の不出来”です。

 

自己防御力を高めるために「還元電子治療」は必須ですが、

 

炎症を消すために還元電子治療の位置は、炎症部分から20~30cm離して

 

下さい。そして繰り返して下さい。

 

できれば抗酸化物質、特にαーリポ酸やシトルリン、βークリプトキサンチン、

 

カルシウムの併用は、炎症の消去に有効です。

 

ところで炎症と言われても分かり難いです。

 

バスケットボールをしていて突き指したことは・・

 

そのまま放置しておくと関節がはれる、これが炎症です。

 

外傷でなくてもそれと同じ事態が体の中で起こっています。

 

突き指のとき、指を引っ張っておくとはれ難いです。あるいは冷やしたり、

 

湿布をしたりしてもはれにくいです。これらは皆、炎症を消す操作です。

 

炎症が消えないと指ははれたままです。

 

炎症が消えないと病気は改善しません。

 

炎症の無い体が、優秀な自己防御力に不可欠です。

 

 


病気だと知ること

[ テーマ: ブログ ]

2012年4月24日17:57:00

多くの人は、自分は健康だと思っているでしょう。

 

だから殆んどの方は、突然の病気にとても驚いてしまいます。

 

でも普段から自分が病気だと分かっていれば、表に病気がでても

 

ああ、やっぱりでたか、という感じでしょう。

 

というより普段から自分が病気だと分かっていれば、多少なりとも注意します。

 

注意することが、病気の悪化を阻止します。

 

今は、残念ですが若くてもどんどん病気になります。

 

しかも、とても重い病気になってしまいます。

 

病気は人の気持ちを変えてしまい、病人の多さは社会を変えてしまいます。

 

幾つになろうと、いずれは来るであろうお迎えの日まで、絶対に重い病気になら

 

ないように、日々準備しましょう。

 

どんな準備を?病気になるのは、人の体の細胞なので、

 

毎日一生懸命、体の細胞をピカピカに磨いてください。

 

その前に自分がどれほど病気になってきているか、それを確かめてください。

 

それが”自己防御力診断”です。

 

 

 

 


エビデンスの未熟さはあっても

[ テーマ: ブログ ]

2012年4月30日13:38:00

医療の場で行われている検査や治療は全て、私たちが暮している自然界から

 

得たものです。どれ一つも自然界にあるものです。

 

自然界に無いものから・・・となると別の惑星から取り寄せたかも?

 

私どもが進めてきました”還元電子治療”も自然界にある物、自然界にある考え

 

方です。

 

エビデンス(科学的証拠)の未熟さはあっても、現代の医療で主流になっている

 

薬や治療法と何ら変わらないのです。

 

私はそう思っています。

 

むしろ細胞のコンディションを整え、病気の細胞が発生しないようにするためには、

 

「電子」を与える治療は必須です。

 

本当は食べ物の抗酸化物質(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、補酵素など)や空気の

 

大気ネガティブイオン、それらがもつ「電子」を十分に与えたら良いのですが、

 

十分でないことが殆んどで、どうしても電子を補充する治療が必要になります。

 

それで還元電子治療があるわけです。

 

ところが還元電子治療と抗酸化物質には決定的な違いがあります。

 

還元電子治療は、あくまで”電子”の供給のみです。

 

電子単独では細胞へ向けて移動できないのです。

 

ところが抗酸化物質とは、ビタミンやミネラルやアミノ酸や補酵素などで、すでに

 

”電子”をもつ骨格が存在しているのです。そのため速やかに細胞へ向けて

 

電子の運搬ができるのです。

 

そこで還元電子治療から発生する沢山の電子を、抗酸化物質の骨格に運搬させ

 

ることが重要です。

 

ですから食事をバランス良く摂るのは、カロリーのこと以上に、出来るだけ多く

 

の抗酸化物質を摂ることを意味します。

 

食事での抗酸化物質が十分とれないときは、サプリメントを指示します。

 

私の言うサプリメントは、「電子の運搬体」の意味であることに注意して下さい。