プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2013年08月 
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
バックナンバー

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

闘う相手は炎症

[ テーマ: ブログ ]

2013年8月13日19:58:00

「根元(ねもと)の医療」は、ほぼはじめての医療になります。

 

”病気の根”を診(み)る医療です。

 

病気の根を調べて、病気の根を治療します。

 

病気の根とは「自己防御力の弱くなった状態」です。

 

ですから自己防御力の弱くなった状態があるかどうかを調べて、

 

もしそうであるなら、弱くなった自己防御力を、かつて丈夫であったとき

 

のようにもう一度高める治療を施します。

 

この10年間、自己防御力診断結果を診て思うのですが、

 

多くの方でみられる、ある傾向があります。

 

それは、思っていた以上に”炎症が大きいこと”です。

 

炎症が大きいと、病気の根がはえ易いことは当然のこと、病気そのものを

 

大きくします。すなわち病気がどんどん悪化します。

 

この度「細胞内診療」の本でおなじみの医療ジャーナリスト、旭丘 光志先生

 

のインタビューにより、わたくしの炎症についての記述が掲載されました。

 

「統合医療でがんに克つ 8月号」です。

 

自己防御力の改善で一番手ごわいのが炎症の鎮静化です。

 

炎症抑制に成功することは、半ば病気の根だけでなく、病気をもコントロール

 

できることになるでしょう。多分すべての医療分野で・・・。

 

わたしは還元電子治療をはじめ、さまざまな方法で炎症抑制を試みており

 

ます。その成果はがん患者さんで、徐々に見えてきました。


その治療は適切ですか。

[ テーマ: ブログ ]

2013年8月28日18:37:00

人の健康にとても役立つ医療、それは世界中に沢山あると思います。

 

もしすでに病気がある場合でしたら、病気の改善を指標にして、よくなった、

 

よくならないが、分かります。

 

しかし病気がない場合、これは健康にすごくいいですよ!

 

だから、これを使っていたら一生健康ですごせる、とどうやって判断できる

 

でしょうか?

 

自信を持って健康に良いといえる判断基準が必要です。

 

私はそれを”自己防御力診断”というオリジナルの検査法で行っています。

 

病気になる、ならないは、自分次第です。

 

自分の体に健康を維持できる能力があれば、それでいいのです。

 

病気にはなりません。

 

しかし自分が病気にならないように自分を防御してくれる力、つまり

 

自己防御力が弱いなら、必ず病気がでます。健康は維持できません。

 

自己防御力診断は①細胞の元気度 ②免疫力の丈夫さ ③炎症の鎮静度

 

からなります。

 

私は良い治療を沢山しているから大丈夫!ではなく、それが自分にとって

 

適切かどうか、時々判断しながら進んでいただきたいと思います。