プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2010年07月 
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
バックナンバー

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

分かっているようで・・

[ テーマ: ブログ ]

2010年7月1日18:47:00

私の診療所のこられる患者さんの目標を一律に、誠に勝手ですがこう決めさせ

 

もらってます。それは「これから病気にならないようにすること」です。

 

外来診察だけでなく、電話対応でもそうですが、患者さんは目先の病気を改善し

 

たいとは思っているのですが、今後病気にならないようにしようとは正直思って

 

ません。でも本当にいま目の前にある病気を治すためには、病気にならないと

 

いうコツを知っていなければなりません。もし免疫機能に異常を来たした病気な

 

ら、ステロイド剤を長く投与してても、その症状を改善するが、病気を治すことに

 

なりません。免疫が壊れているのだから、その壊れた免疫を治さなければダメ

 

のです。もしガンになって、抗がん剤を投与していても、その病状を改善するが、

 

そうかと言って一生抗がん剤で生きることはできません。最終的には自分に病気

 

を治す力が生まれないと・・。考えてみれば元々病気ではなかった訳ですから、

 

もう一度病気にならない体に戻すこともできるはずです。その柱が細胞の元気度

 

と免疫バランスの良さです。

 

もし細胞に元気が無く、ガンに変わってしまう細胞が一日一万個あるとします。

 

でもガンを食べる免疫が丈夫で、一万個のガンをあっという間に食べたなら

 

その人は本格的なガンには成長しません。しかし一日百個しかガン細胞のでき

 

ない人でも、ガンを食べる免疫が全く無いなら、その人はやがてガンになります。

 

一番いいのは細胞も元気で、免疫機能も丈夫の人です。

 


生き抜く力

[ テーマ: ブログ ]

2010年7月2日21:47:00

病気になった人にしてみれば、何で自分が病気に?と思われるかもしれませ

 

ん。確かに病気になる人もいれば、風邪一つ引かない人も居ます。そして確か

 

病気のなり易いひと、そうでない人がいることも事実です。でも自分の病気は

 

誰一人として替わってくれる人はいません。というより替わりたくても替われない

 

のです。そもそも病気になりやすいことが、そのことだけをみて公平か不公平

 

かわかりません。しかし病気になっていることを悲しんでも、病気になりやすいこ

 

とを不満におもっても、そのことはどうすることも出来ません。でも病気を根元

 

から治して、もう病気にならないようにすること、あるいはそれに近いことは出来

 

ます。そのことを経験することが、むしろ人生をしっかり生き抜く力強さになるか

 

もしれません。


ガン治療のしかた

[ テーマ: ブログ ]

2010年7月5日19:01:00

ガンになられた患者さんをみていると、ガンの切除を拒んでいる方がいます。

 

それにはそれ相応の理由があるのですが、私は手術可能な方には切ることを

 

お勧めしています。ときには抗がん剤も放射線治療もお勧めします。

 

まず患者さんには、「治療の目標と治療スケジュール」を私なりのものを提案しま

 

す。目標は「病気を治したい」です。具体的には・・「自己防御力をつけること」で

 

す。周りを見回して下さい。病気でない人たちが一杯いるではありませんか。

 

それはどうして?病気にならないための力(自己防御力)を持っている人たちで

 

す。ガンの患者さんもそれを身に付けなければなりません。但し自分専用の力で

 

す。人の力は通用しません。ここからが問題です。手術や放射線や抗がん剤の

 

治療を拒んでいる患者さんのおおくは、何らかの方法で自己防御力だけを付けて

 

ガンを治そうと考えております。つまりガンの三大治療法は自己防御力とは相反

 

するものである!と決め付けています。そこが間違いなのです。

 

ガンがあると、そのガンの威力にもよりますが、低下している自己防御力を引き

 

げることは出来ないのです。もちろんある程度はいろんな治療で高められます。

 

でもガンを治すくらいの力を引き出すことはできないのです。その時、もし手術を

 

したり、放射線をしたり、抗がん剤をすることによりガンの勢いがなくなります。

 

つまりガンの威力が弱くなります。そのとき自己防御力を高める治療を一気に

 

行います。もちろんそうなれば手術や放射線や抗がん剤をずっと続けることは

 

しません。止めなければなりません。もし持続したなら今度はそれらの治療のた

 

めに自己防御力が低下し、もはやガンを治すことは困難になります。

 

まとめますと、

 

①ガンを治したいという目標がある。

 

②ガンがあるままで自己防御力を高めるための治療をする。

 

③ガンの勢いを下げるためにガンの三大治療を選択する。

 

④ガンがかなり減った状態で自己防御力を高めるための治療をする。

 

⑤以後①と④を続ける。

 

理解頂けたでしょうか。

 

 

 


梅雨

[ テーマ: ブログ ]

2010年7月11日15:49:00

ここ10日間くらい帯状疱疹の患者さんが増えています。いわゆるヘルペスの方

 

急に多くなってます。普段、体の中でおとなしくしていたウイルスが起きて暴れ

 

てるのです。というより暴れるようにしているのは自分の体が悪いためです。

 

いまは梅雨時期で一日の中でも雨降りの時間と天気良い時間とが混在していて、

 

体の自律神経はバランスがくるってしまいやすいです。その結果血管が縮んで

 

全身の筋肉の凝りがひどくなり、ますます血行も悪くなって、免疫力が衰えてしま

 

っているのです。昨今の急な天候の変化を異常気象と呼ぶなら、異常気象が人

 

病気を作りやすくしているといってもいいでしょう。これを改善するには、本当は

 

異常気象を直せば・・・と思うけれどそうもいきません。まずやらなければならない

 

のは、体をあたため、あるいは冷やさないようにして、血行を良くすることです。

 

汗をよく拭いて下さい。首にはタオルをかるく巻き、汗をかけば交換してください。

 

また入浴時すこし湯船に入ってください。空調器機であまり体を冷やさないこと。

 

食事ではビタミンE、C、B2、B1、B6、免疫系を整えるアミノ酸:グルタミンの多い

 

もの、そして自律神経のバランスの安定化のためにGABA(γ-アミノ酪酸)も摂っ

 

て下さい。還元電子治療を実践されている方は一日4~5回、両手や首の後ろに

 

あてて下さい。

 

 


良く育つ

[ テーマ: ブログ ]

2010年7月13日14:46:00

私の診療所にも庭に小さな滝があります。その滝の周辺の緑だけがいつも際立

 

って濃いのです。水が豊富だからとも思いますが、やはり滝の周辺の空気中に

 

は沢山のネガティブイオンがあるためと思います。以前に沢山のネガティブイオン

 

を与えた植物とそうでないものでは生育にかなりの差がありました。ネガティブ

 

イオンがおおい空気の中ではスイカやトマトやキュウリの苗の生育が良かった

 

のです。ベネズエラのエンジェルフォールならいったいどんな生育のしかたをする

 

のでしょうか?ひとの体もネガティブイオンで健康ですくすく育つはずです。


私のチーム

[ テーマ: ブログ ]

2010年7月27日11:25:00

はじめから医療に関心があったわけではありませんが、でも今は患者さんを診さ

 

せてもらうことになりました。今年で18年です。医療界への出だしはとても華々し

 

くというわけにはいきませんでした。正直開院すら困難な状況でした。でも医療

 

に携われて、今はありがたいと思ってます。世の中にはいろいろな職業があって

 

どれもやりがいがあるでしょう。ただ医療もそうなんですが、自分の携わっている

 

仕事の目標が何であるのか?で進む方向は全く異なります。ですから意見も当然

 

異なってきます。それは外科をやるのか、産科をやるのか、小児科をやるのか

 

ででてくるような意見の相違ではありません。わたしは病気になりうるであろう全て

 

の人に対して、すこしでも健康でいられるように、そしてもう病気になってしまった

 

人に対して、すこしでも体が楽になるようにしてあげようと思います。何故なら

 

折角生まれてきたのですから、生まれてきて良かったと思える、楽しかったと

 

思える人生にしてあげたいと思うからです。そこには最早何の理屈もありません。

 

ですから本当にそう思って頂ける先生と、本当にそう思って頂ける方々と手を

 

つなぎ、チームを作ります。