プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2016年10月 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
バックナンバー

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

がんの治療は風邪の治療と同じ考え方

2016年10月2日19:09:00

                                                                                         No.688

短絡的と思われるかも知れませんが、風邪引きの時の治療と”がん”の時の

治療とでは、基本的な考え方は全く同じなのです。

風邪と思って薬局で風邪薬を買って服用するにせよ、あるいは病(医)院に

行って先生からお薬を処方されて服用するにせよ、それらは風邪という

病気を治す薬ではありません。熱があれば熱を下げ、咳があれば咳を鎮

め、喉の痛みがあれば痛みを和らげる対症療法なのです。対症療法を施し

いるうちに、自己の体力が回復して、風邪が治るという手順なのです。

それと全く同じで、”がん”の時に行う手術、抗がん剤、放射線などの治療は

”がん”を治す治療ではありません。必要ではありますが、どれも対症療法

なのです。対症療法を施しているうちに、自己の体力が回復してきて、

”がん”が治るというストーリーなのです。

ですからがんの患者さんは、風邪の患者さんと同様に、体力を回復させる

ことに全力をあげて下さい。それが唯一治る方法です。

ちなみに自己の体力のことを「自己防御力」と呼んでいます。

自己防御力を回復する基本事項は

①食べる・・・栄養をしっかり取る、水分をとる。

②身体を動かす・・・散歩ができれば、なお良いです。

③深呼吸を取り入れる・・・いろいろな方法がありますが、ここでは

ゆっくりと7割程度の鼻で吸って、口で吐いてを行い、10~15秒、5回、

これを1日5セット程度できるといいです。

④還元電子治療のある方は、主に極数選択「1」片手足、1回20~30分、

1日7回以上です。極数選択「2」で、丹田を取り入れることも良いです。

⑤病気を打ち負かす気迫・・・「何くそ!精神」これが一番大事です。

風邪と一点だけ違うところは、”がん”の場合は自己防御力の回復に時間

要します。ですから粘り強く治療してください。

 


冷える季節になりました。

2016年10月16日09:37:00

                                                                                         No.689

少しずつ冷えこむ時期になりました。私は、既に足裏、腰、背中などに

カイロをすることもあります。決して我慢できない冷えではありません。

しかし、そのちょっとしたことが、病気への入り口になっていることを、多くの

患者さんから学びました。油断は禁物です。注意しすぎて失敗した!など

ということはありません。それくらいで丁度いいと思います。

冷えてはいけない場所、それは足元、腰、背中の3か所です。

在宅で還元電子治療器をしている方は、極数選択「1」と極数選択「2」丹田

、及び2P 丹田ー風門です。万一、風邪を引いたら何度も行ってください。

風邪を引くと少なからず炎症を起こします。炎症は持病を悪化させます。

早めに炎症を引かすためにも、風邪くらいと思わずに病院で治療を受けて

下さい。免疫機能がいつも良好であるために「グルタミン(グルタミン酸では

ありません。)」をしっかり摂取してください。