プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2013年10月 
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
バックナンバー

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

移設のご連絡

2013年10月4日20:12:00

2013年10月、当堀口医院のホームページをリニューアル致しました。

それに伴いブログの方も移設することになりました。

ご不便をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。 

今後とも「根元(ねもと)の医療」を国内外に展開すべく、

全力で頑張る所存でございます。

皆様のご指導をお願い申し上げます。

                            堀口 裕


グルタミンという成分

2013年10月7日19:29:00

                                                                           No.591 

9月28日のセミナーでご講演された中からグルタミンに関する

ご質問がございました。

グルタミンにかかわらず、一つの食べ物の成分で、健康を維持

することはありません。

バランスよく、何でも、程よい量を摂ってください。

これが一番でございます。

ただ何故グルタミンという食べ物の成分が取り上げられるか?

といいますと、わたしの研究分野である「自己防御力診断」から

みますと、グルタミンは自己防御力を維持する上で、大変重要な

成分になっているからです。

特に免疫機能の維持には欠かせません。

免疫細胞のうちリンパ球や単球は、そのエネルギー源として

グルタミンを主食にしているからです。

”めし”を食べないことには、頑張るっていっても、頑張れない

ということです。また臨床的に癌患者さんをみてまして、抗がん剤

や放射線治療をしていますと、リンパ球や単球の元気は

すこぶる落ちます。

この時グルタミンを根気よく、積極的に食べ続けると、それら

免疫細胞の元気は回復をみせます。

グルタミンは食べ物の中では、小麦に多く含まれていますが、

明らかにパワーがダウンしているときは、パンやうどんを食べ

ても足りないのです。グルタミンという成分を直に摂ることが

大事なのです。

 

 

 

 


自然の原理

2013年10月13日09:42:00

                                   No.592

還元電子治療は、ひとの体に”電子”のみを与える治療です。

もう少し正確には、機械的に電子をつくり、その結果としてネガティブ

イオン(マイナスイオン)ができ、それが持つ電子のみが体に取り込む

ようになります。とても面倒に思えるのですが、それが実際です。

多分空気イオンのかたちで電子を持つものでないと、皮膚表面から

取り込まれないと考えます。

機械的に電子を沢山作って、直接電子を皮膚表面から与えれば・・と

思うのですが、それではうまく取り込まれないのです。

決して自然の原理に逆らってはいけない、何事もそう思えてきます。


ネガティブイオンの核

2013年10月17日17:58:00

                                                                           No.593

還元電子治療で発生させた”電子”は、発生部近傍の空気(気体分子)

に衝突します。電子を付加された気体分子は、ほかの気体分子と反応

して、やがてネガティブイオンになります。

ネガティブイオンはサイズから小イオン、化学構造からクラスターイオン

と言われます。できた上がったネガティブイオンは皮膚表面から取り込ま

れます。ただしネガティブイオンそのものは入れず、核の部分の衣は

脱ぎ捨てて、電子(e-)のみが取り込まれます。しかし逆にはじめから

電子のみを与えても皮膚からの取り込みは困難です。

やはり核を持つネガティブイオンの形でなければなりません。

しかしそれと同じことは、生体の細胞内外の物質の取り込みのときにも

見られます。通常は”運搬体、輸送体”といわれています。

もう多くの方がお気づきと思いますが、自然界の振る舞いは、生体や

細胞の振る舞いと同じなのです。ですから生体の働きで解らないこと

があれば、自然界を参考書にすればいいのです。実は還元電子治療

もそうしてできたのです。


病気の出方を決めるもの

2013年10月22日22:44:00

                                                                           No.594

自己防御力の考え方が重要です。

これは「自分に病気が出ないようにする力」のことです。

多くの方は、お若い人の自己防御力は、ご高齢の人よりもはるかに丈夫

と思っております。なぜならお若い人の方が、明らかに病気が少ないから

です。さぞかしお若い方の自己防御力が丈夫なんだろうと・・・。

しかし、実際に自己防御力を調べていて分かることですが、お若い方と

ご高齢の方の差は無いに等しいです。ご高齢の方でも良い人も悪い人

も様々です。

実は自己防御力というのは、病気の根を診ています。たとえ根があって

も、すぐに幹にまで成長するわけではありません。

では本格的に病気になるまでには、いったい何が関与しているかと言え

ば、もちろん第一は”自己防御力の程度”です。

お若い方ても、ご高齢の方でも、自己防御力が著しく低下しているほど、

病気は出やすくなります。

その他に重要なことは”時間と気持ち”です。

すなわち自己防御力の低下した状態が、何年続いているか?が重要で

す。これこそが、ご高齢の方に病気が多いという決定的な理由です。

ところが、同じ自己防御力の程度で、かつ同じ年数が経過しているのに

病気の出方が遅い場合があります。それに関与しているのが「気持ち」

です。生き抜くための強い信念は、病気の出方を遅くするのです。

まとめですが、

自己防御力が弱いほど、年数が経過するほど、気持ちが弱いほど

病気の出方は早くなります。

年数はどうすることもできませんが、自己防御力と気持ちは何とかでき

ます。いえ、何とかしなければなりません。さもないと病気の姿になって

しまいます。


扉の鍵をお持ちください

2013年10月26日00:09:00

                                                                           No.595

病気になったときには、良くも悪くもいろいろな気持ちが湧いてきます。

その中で最も多いのは、不安感、心細さ、でしょう。

「私、このままの治療で、本当に大丈夫かな~、悪くならないかな~」 

そのことは、少なくとも病気が完治しましたと言われるまで続きます。

それで病気になったときの本当に闘う相手は、病気そのものではなく、

不安感と心細さかも知れません。おそらくそうでしょう。

それを乗り越えることは、すなわち病気を治すことになります。

しかしその解決策は?  とても明確には言えません。

ただ完治された患者さんから学んだことですが、

こころから、治りたいと思い続けることです。 辛抱強く、じっと。

それが完治への道をひらいてくれます。

ときどき人には計り知れない力があると思いますが、そこへ通じる扉の

鍵は、まさにそれだったのです。

 


20年間の研究

2013年10月30日01:25:00

                                                                           No.596

”根元(ねもと)の医療”の歴史は、堀口医院とともにあります。堀口医院

が誕生して丁度20年が過ぎましたので、根元の医療も20年間歩んで

来たことになります。

病気を治したいという志はあるものの、一体どうしたらよいのか?はじめ

はほとんど分かりませんでした。しかし毎日毎日患者さんを診ているうち

に、少しずつ患者さんが謎解きをしてくれました。私が消化不良を起こ

さないようにやさしく、ちょとずつ教えてくれた、そういっても過言ではあり

ません。

今にして振り返ると、とても当たり前のことだったのですが、当時は何も

分かりませんでした。そもそも病気は自分にしか起こりません。それで

いて病気の自分もあれば、健康な自分もあるのです。結局、病気に

なるもならないも自分が決めているのです。自分が病気にならない力

を自己防御力と呼ぶことにしました。ところで自分の体は①細胞でしか

つくられていないので、病気の場所は細胞しかないのです。

そこで細胞の元気度をみる検査ができました。

しかし細胞がおかしくなる度に病気になっては、寿命は2~3歳しかあり

ません。そこでおかしくなった細胞が増えないようにするものが必要でし

た。それが②免疫力です。

そして私たちの体の中は、たえず③火炎状態にあります。この火炎が

大きいほど、実は病気の細胞が増えてしまいます。

一般に困難を乗り越えようとすればするほど、火炎が起こります。

以上の3つを調べる方法をまとめて自己防御力診断と名付けました。

そんな20年間におよぶ私どもの医療が、取材記事として少々でること

なりました。ご一読されますと良く理解できると思います。

「統合医療でがんに克つ 11月号」(株式会社 クリピュア) 

本日、10月30日発売です。