プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2011年08月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
バックナンバー

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

自己防御力診断のスタート

[ テーマ: ブログ ]

2011年8月1日18:50:00

本日から”自己防御力診断”検査をスタートしました。

 

全く同一の人なのに”病気の無い自分”と”病気のある自分”では

 

いったい何処に違いがあるのでしょうか?

 

そこが分かれば、病気はかなり起こりにくくなり、病気は治りやすく

 

なるでしょうね。

 

それで私も20年間外来をしながら、そのことに苦しんできました。

 

私が出した結論は、

 

  ①病気は”細胞”で起こる。だから細胞を診てみる。

  ②細胞が病気にならないように見守っている”免疫力の調子”を診る。

  ③細胞で病気が起こり始めたら、それを悪化させるのが”炎症”です。

   炎症の抑制度を診る。

 

ここで一番分かり難いのが”炎症”だと思います。

 

キャンプに行ったとき、簡単な「かまど」をつくって火をおこし、鍋の中の

 

煮炊きをします。そのとき火が大きいほど鍋のぐは良く煮えます。

 

それと同じで、炎症が大きいほど体の病巣はどんどん広がります。

 

簡単には、病気をあおる現象を炎症と思って下さい。

 

さて、上の3つがそれぞれ「1、2、3、4、5」までの5段階評価になっています。

 

「5」が一番良いのですが、3つの平均が「3」を超えると”自己防御力あり”

 

と考えます。「3」はいけません。あくまで「3」を超えることです。

 

そうすると病気は他にどんな治療をしていても改善してきます。

 

でも今病気がなくても、自己防御力が悪ければ、やがて病気になります。

 

ですから、今のうちに調べてほしいです。

 


免疫機能を高める

[ テーマ: ブログ ]

2011年8月3日19:05:00

還元でんし治療は、免疫機能をとてもよく引き上げてくれます。

 

そもそも免疫とは何?と言われれば、

 

免疫とは、私たちの体の細胞を守るのが仕事です。

 

何故なら細胞がダメになったら、私たちは生きていけないからです。

 

免疫機能の良さは、免疫細胞の数と免疫細胞の活性であらわします。

 

活性とは細胞を守る”力強さ”のことです。

 

免疫細胞には、幾つか種類があって、少しずつ働きが異なります。

 

一番知っておかなければいけないのが、リンパ球と単球という細胞です。

 

これらの免疫細胞が丈夫なら、概ね病気になりにくい体といっていいです。

 

還元でんし治療はリンパ球と単球を元気にします。

 

一般的に多忙の人ほど免疫が落ちやすいので、毎日治療してほしいです。

 


専念してほしいです

[ テーマ: ブログ ]

2011年8月5日18:59:00

もし病気になってしまったなら、色々とやりたいことはあるでしょうが、

 

いさぎよく諦めて、そのときは治療に専念して下さい。

 

病気なのに”何故なら”というのも変ですが、何故なら治療に専念できないなら

 

いつまで経っても病気を治す蓄えができないのです。治療で得た”力”を

 

ほかのことに使ってしまっては、いつまでも病気は治りません。

 

病気を治すには、治すだけのそれなりの力が要ります。

 

これを自己防御力といいます。

 

しかし病気を治すことが最大の目標ではない人もあります。

 

自分の人生にとって最も大事と思うものを選択したら、それでいいと思います。

 

ただ病気の具合がどんどん進んでいくのは、やっぱり悲しいものです。

 

もし人生が一度きりなら、長く苦労をかけた自分の体に対し、

 

最後は元気な姿で終わっていくべきと、願うばかりです。


水道の蛇口をしめる

[ テーマ: ブログ ]

2011年8月7日17:04:00

今の病気の治療で一番困っていること、それは「治療しても治療しても

 

治らないこと」、あるいは「何度治療しても、また出てくること」です。

 

どうしてそんなことに?

 

それは水漏れをしている水道の蛇口を目の前に、水道の蛇口をグッ!と

 

閉めなおさないで漏れている水をバケツで受けているようなものです。

 

本当に病気を治そうと思ったら、蛇口を閉めなおすことです。

 

つまり病気の根元を治すことです。

 

病気の根元は明らかに細胞です。細胞を一生懸命磨いてください。

 

そんな話を本日群馬の皆さんにしました。暑い中聞いて頂き感謝します。

 

 


治療しないと終わらない

[ テーマ: ブログ ]

2011年8月8日20:22:00

”でんし”を与える治療なくして、どの医療分野もうまくいかないでしょう。

 

病気を根元から治すという観点からすれば・・・。

 

私たちはご飯を食べないと生きられない、酸素を吸わないと生きられない

 

と同じように、私たちは”でんし”を取り入れないと長生きできないのです。

 

細胞に十分な”でんし”を与えると、細胞の老廃物がとれて、自分の力で

 

生きようとします。

 

お医者さんの出すお薬が病気を治し、人を生き生きとさせるわけでは

 

ありません。

 

お医者さんのする治療は「細胞が生きようとする力を出しやすくする」

 

それだけのことです。

 

”でんし”を与える治療は、それを特別の行為と思わないで、毎日の生活

 

の一部分と理解してほしいのです。

 

治療して当たり前、治療しないならその日は終わらないと思って下さい。

 

よく10分でもいいですか?といわれますが、「もちろんです!」

 

10分でもいいからやってください。治療しないとその日は終わりません。


当たり前のこと

[ テーマ: ブログ ]

2011年8月27日20:15:00

とても暑かった夏ですが、お盆を過ぎると朝夕は寒くなってきました。

 

これからは気候が変わり、日中の暑さと朝夕の寒さの差が大きく、そのため

 

とても免疫力が低下します。

 

まずは喉の風邪や普通感冒、その後は流行性感冒(インフルエンザ)も

 

気になるところです。

 

まずは睡眠と栄養をとり、汗をよく拭く、肩こりをほぐす、過労を避けることです。

 

そして何よりも大事なのが、”還元でんし治療”をしっかりやることです。

 

免疫力が・・というよりも「自己防御力」が高まります。

 

自己防御力という言葉は私の自作なので教科書にありませんが、

 

自分の体に病気が起こらないようにする自分なりの力です。

 

例え病気があっても自己防御力が良くなったら、その病気はとても改善します。

 

よく言われることですが、自己防御力を論じる医療は、西洋医学ですか?

 

それとも東洋医学ですか?と。

 

病気になってからの医療というより、病気にならないための医療ですので、

 

両方の医学の骨子になります。でも”堀口医学”と提唱して下さっている方

 

も多いです。

 

自己防御力を高めるための治療が還元でんし治療です。

 

これは単に”でんし”を与える治療ですが、

 

私が「でんし」を与えることの必要性をといたのではなく、

 

人の体がもともとそうなっているのです。そう作られているのです。

 

私はそのことを医療を通じて強調しているだけなのです。

 

この当たり前のことに多くの方が早く気が付いてほしいです。

 

そして健康になってほしいです。

 

 

 


急ぎます

[ テーマ: ブログ ]

2011年8月31日18:19:00

空気の中には、”でんし”をもつ空気の粒、ネガティブイオン(マイナスイオン)

 

があります。これは私の知るところでは、人の体を健康にする上でとても

 

役立ちます。というより無くてはならないものです。

 

私がネガティブイオンを作ったのではありません。最初から自然界の要素

 

として与えられているものです。

 

他にも自然界には私たちが生きるに必要な物が一杯用意されています。

 

中には一見すると毒のように思えるものでも、使い方を工夫すればとっても

 

役に立つものがあります。それが人間の知恵でしょうか。

 

同様にして有害なものでも、自然から学んだ知恵を使えば有害を消せる

 

と、私は思ってます。たとえ今その知恵を持っていなくても必ず見出せる

 

時期がくるでしょう。

 

原発の放射能漏れについてもそう思います。

 

今私の些細な知恵では、「空気中のネガティブイオンは、放射線がもとで

 

作られる。それで放射線は有害だけれど、できたネガティブイオンは

 

人の健康にはとってもいい。なれば放射線の害をなくすのにネガティブイオン

 

を使えばよい。」そんな単純な考えが出てきます。

 

実際に放射線は体の細胞に沢山のサビを発生させる。

 

一方ネガティブイオンは細胞のサビを取り除くのが仕事です。

 

両者は病気の原因と対策の関係にあるのです。

 

但し放射能汚染では、人体への危害は深刻です。

 

ネガティブイオンの多い地域に移り住むだけでは解決しません。

 

大量のネガティブイオンを与えないと無理なのです。

 

だから大量のネガティブイオンを出す”還元でんし治療”を用いてほしい

 

のです。急いでです。