プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2018年12月 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
バックナンバー

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

そこまで来ています。

[ テーマ: ブログ ]

2013年9月16日16:47:00

「病気には必ず根っこがある。

 

根が残っているうちは何度でも病気になる。

 

それゆえ、どうしても病気の根を取り除く必要がある。」

 

それが私の医療です。

 

やや言い過ぎかも知れませんが・・・、病気の改善を目指すのではなく、病気の

 

治癒(ちゆ)を目指して努力していきたいと思います。

 

実際、沢山の方に、この考え方を取り入れて頂きました。

 

そして、とても喜んで頂いています。”元気になられて~”

 

ところで、

 

世の中の主流になっている”現代の医療”は本当に素晴らしい医療です。

 

風邪の症状もよく治る。高血圧症もよくなる。糖尿病の数値もよく改善する。

そして癌もよく消える。

あとは根っこ、病気の根さえ取り除いてしまえば、すっかり良くなります。

きっと治癒(ちゆ)します。

 

病気を治癒できるのは、その人の力しかありません。

 

そのことはお医者さんだけでなく、みんなが知っています。

 

それで、「すべての医療は、病気にならないための力をつけるためにある。

 

すなわち自己防御力を高めるためにある。」

 

そう思っていいです。

 

確かに現代の医療は、直に自己防御力をつける医療とは言いにくいです。

しかし、この優れた現代医療のお蔭で、自己防御力を高める時間を稼ぐ

 

ことができるのです。どんなに急いでも自己防御力の回復には時間が

 

かかるのです。その時間の調達ができなければ、結局病気の根を抜くこと

 

はできず、治癒はなくなります。

 

自己防御力を回復させる医療を「根元(ねもと)の医療」といいます。

 

根元の医療をしっかり行って、時間を要するなら、現代医療を使って

 

下さい。

 

もう少しです。治癒になるまでに。そこまで来ています。

 

 

 

 

 


病気の治癒(ちゆ)にむけて

[ テーマ: ブログ ]

2013年9月8日07:45:00

私たちが普段、”病気”と思っているのは実は”病気の幹”を見ているのです。

 

病気は雑草と同じです。雑草には地面からでている茎や葉っぱの部分と

 

地面に埋もれて見えない”根っこ”の部分があります。

 

病気にも”病気の根”があります。

 

雑草の茎や葉っぱの部分をつまんで引きぬけば、根っこが現れます。

 

同様に、病気の幹をつかんで引き抜けば、必ず病気の根っこが現れます。

 

でも現実に”まなこ”で見ないと、人は信用しません。

 

それでどうしても、病気の根を見えるように検査で示す必要がありました。

 

それが「自己防御力診断」です。

 

一方、いくら病気の根が見えたところで、それを抜き取る手段がなければ

 

病気を治癒(ちゆ)に追い込むことはできません。

 

私はそれを臨床で実行するために、「還元電子治療」を育ててきました。

 

しかしこれには、一つだけ注意すべき点があります。

 

還元電子治療は、それだけでは十分に体に作用しないのです。

 

ある種の食べ物の成分が不可欠です。

 

それで私は、還元電子治療とともに食品成分についての研究も

 

同時並行で歩んできました。

 

それを少しずつお伝えしていきたいと思います。

 

それで、まずは9月28日、東京にてセミナーを開くことにしました。


その治療は適切ですか。

[ テーマ: ブログ ]

2013年8月28日18:37:00

人の健康にとても役立つ医療、それは世界中に沢山あると思います。

 

もしすでに病気がある場合でしたら、病気の改善を指標にして、よくなった、

 

よくならないが、分かります。

 

しかし病気がない場合、これは健康にすごくいいですよ!

 

だから、これを使っていたら一生健康ですごせる、とどうやって判断できる

 

でしょうか?

 

自信を持って健康に良いといえる判断基準が必要です。

 

私はそれを”自己防御力診断”というオリジナルの検査法で行っています。

 

病気になる、ならないは、自分次第です。

 

自分の体に健康を維持できる能力があれば、それでいいのです。

 

病気にはなりません。

 

しかし自分が病気にならないように自分を防御してくれる力、つまり

 

自己防御力が弱いなら、必ず病気がでます。健康は維持できません。

 

自己防御力診断は①細胞の元気度 ②免疫力の丈夫さ ③炎症の鎮静度

 

からなります。

 

私は良い治療を沢山しているから大丈夫!ではなく、それが自分にとって

 

適切かどうか、時々判断しながら進んでいただきたいと思います。

 

 


闘う相手は炎症

[ テーマ: ブログ ]

2013年8月13日19:58:00

「根元(ねもと)の医療」は、ほぼはじめての医療になります。

 

”病気の根”を診(み)る医療です。

 

病気の根を調べて、病気の根を治療します。

 

病気の根とは「自己防御力の弱くなった状態」です。

 

ですから自己防御力の弱くなった状態があるかどうかを調べて、

 

もしそうであるなら、弱くなった自己防御力を、かつて丈夫であったとき

 

のようにもう一度高める治療を施します。

 

この10年間、自己防御力診断結果を診て思うのですが、

 

多くの方でみられる、ある傾向があります。

 

それは、思っていた以上に”炎症が大きいこと”です。

 

炎症が大きいと、病気の根がはえ易いことは当然のこと、病気そのものを

 

大きくします。すなわち病気がどんどん悪化します。

 

この度「細胞内診療」の本でおなじみの医療ジャーナリスト、旭丘 光志先生

 

のインタビューにより、わたくしの炎症についての記述が掲載されました。

 

「統合医療でがんに克つ 8月号」です。

 

自己防御力の改善で一番手ごわいのが炎症の鎮静化です。

 

炎症抑制に成功することは、半ば病気の根だけでなく、病気をもコントロール

 

できることになるでしょう。多分すべての医療分野で・・・。

 

わたしは還元電子治療をはじめ、さまざまな方法で炎症抑制を試みており

 

ます。その成果はがん患者さんで、徐々に見えてきました。


自分の病気の根

[ テーマ: ブログ ]

2013年7月31日23:25:00

これまでの医療は、例えて言えば、地面に出ている雑草の茎と葉である。

 

しかし、地面の土の中には、外から見えないけれど、必ず根っこがある。

 

雑草の茎や葉をいくら刈り取っても、根が残っているなら、必ず雑草になる。

 

同様に病気が出るなら、必ず病気の根もある。

 

その根を抜き取ってこそ、病気はやがて枯れていく。

 

私たちは「病気と病気の根」を一緒に抜き取るべきである。

 

もし今病気が無いなら、日々病気の根だけ抜き取る努力をしておけば、

 

その後一生病気にならないともいえる。

 

まずは、自分の病気の根を見て頂きたい。

 

そうしないことには、何ら理解できないです。

 

 

 

 


こころの医療

[ テーマ: ブログ ]

2013年7月14日22:40:00

今日は大勢の皆さんとお会いでき、感激しております。

 

とりわけ島袋先生の、患者さん本意の医療に徹する姿勢に、改めて

 

深く感銘を受けました。

 

やはり、医療を行うときのキーワードは、”こころ”でした。

 

心無くしては、どのような医療を施しても、実を結ばないと思いました。

 

多くの患者さんが、心の医療にふれ、お元気になられますように。

 

 

 

 

 

 

 


計り知れない力がある

[ テーマ: ブログ ]

2013年7月4日22:33:00

家族の方に支えられて、ヨタヨタしながら、ゆっくりと診察室に入室し、

 

診察を終えた後も、ゆっくりと診察室をでて、しばらく休憩室で休んでもらう。

 

ときおり拝見する初診のがん患者の一コマです。

 

それが2,3カ月経って来院されたとき、一人でしっかりとした足どりで入室、

 

そして、まるで別人と思うくらい流暢に喋ります。

 

あれほどしんどそうだった方が・・・

 

私たちには、計り知れない力があります。普段見せることはないのですが、

 

いざというときは、奇跡を起こすほどの力をもっています。

 

でも残念なことに、その力を発揮しないまま、使うことなく去っていかれる方

 

がとても多いのです。

 

この計り知れない力を発揮される方は、二つの共通点をもっています。

 

第一は、強く信じて治療していること。

 

私が、還元電子治療20分、7回は必須ですよ!というと

 

患者さんは、いや、9回はこなしてますよ!

 

自分はこれに懸けてますから、あっさり返されます。

 

ここです。ここが違うのです。決定的に。

 

第二は、闘争心をむき出しで治療していること。

 

言葉で何かを語る訳ではありません。

 

何も仰られないのですが、ものすごい気迫なのです。

 

生きることに。病気を治すことに。

 

がんを治すとき、ここは避けられないのです。

 

でも、自分が気づいていないだけで、この二つは全員が発揮できます。

 

どうか、トライしてください!

 

 

 

 


私の癌治療その2

[ テーマ: ブログ ]

2013年6月20日22:53:00

癌だと分かったとき、

 

何もしないでこのまま自然のままに・・・と思う方もいれば

 

手術を受けて抗がん剤治療をする、という方もいます。

時に食事内容を見直したり、温泉治療に行ったり、お灸をする人もいます。

 

どの治療を選択しても間違いということはありません。

 

ただ残念なことは、もし治りたいという気持ちがある患者さんなら、

 

どうすれば治るか?という”治るための方向性”がみえていないのです。

 

本当にこれで良いのか?治療に躊躇して立ち止まってしまう人、

 

反対に手当たり次第何でもやってみる人、

 

病院でおこなう治療も民間的といわれる治療も、

 

いったい何のためにするのか?それをしたらあとはどうすればいいのか?

 

癌になったとき、癌を治しきることができるのは患者さんの力次第!

 

ということは、すべてのお医者さんの異論のないところと思います。

 

その治しきる過程で、手術あり、抗がん剤あり、放射線あり、

 

そしてすべての民間的治療あり、と思います。

 

癌を治すとしたら、

 

まず目指すは、患者さんの”自己防御力”を落とさないように治療する、

 

それがもっとも大事なことです。

 

”自己防御力”は病気を治す力ではありません。

 

”自己防御力”は病気を出さない力です。

 

それでまず自己防御力を育てる時間をつくることから始めます。

 

自己防御力は直ぐには丈夫にならないのです。回復する時間が要ります。

 

そのために手術があり、抗がん剤があり、放射線治療があります。

 

なによりも自己防御力を育てるとき腫瘍が妨げになって、

 

力が上がってこないのです。

 

そうかといって抗がん剤や放射線治療は、自己防御力を下げるのです。

 

ですから徹底的に自己防御力をつける治療を同時進行しながら、

 

抗がん剤や放射線治療を行います。

 


私の癌治療

[ テーマ: ブログ ]

2013年6月18日23:00:00

できれば病気などなりたくありません。一生健康で過ごしたいです。

 

しかし病気は容赦なく襲ってきます。

 

病気にならないためには、自身の”自己防御力”をしっかり維持することです。

 

自己防御力とは、「自分に病気を出さないための力」です。

 

でも持続的に低下した自己防御力を回復すること、

 

それは容易なことではありません。

 

病気の中でも癌だけは、特に注意を要します。自己防御力をできるだけ

 

速やかに回復させないと、病気がどんどん大きくなって回復が困難

 

になります。この時、自己防御力を回復させる手順は決まっています。

 

炎症抑制→免疫バランスの回復→細胞の新陳代謝の回復

 

この順番が厳守です。

 

癌治療に抗がん剤や放射線治療を行った場合は、免疫バランスがさらに

 

悪化することが多いです。(それでもこれらの治療は必要です。)

 

するとせっかく癌によく効く治療であったにもかかわらず、自己防御力の

 

さらなる悪化で、癌は再び出できます。

 

そこで私は、免疫バランスを回復するために、還元電子治療とグルタミン

 

(アミノ酸)を第一選択にします。

 

それでもすぐさま免疫力の向上が見込めない場合、患者さんに免疫治療を

 

ご提案することがあります。

 

苦しかった治療から抜け出し、再び人生を楽しんでください。


グルタミンという物質

[ テーマ: ブログ ]

2013年5月30日23:41:00

人の体は細胞でできています。ですから病気になる場所は細胞です。

 

本当は細胞が元気度、満点なら病気はありません。

 

しかし、来る日も来る日も心身ともに酷使しています。ストレスと過労で・・

 

結局、細胞に負担をかけ過ぎているために、細胞の元気(新陳代謝)は悪く

 

なり、病気になっていきます。

 

その時細胞たちが容易に病気の細胞に変化しないように、また病気の細胞

 

が増えないようにしているのが「免疫力」です。

 

免疫力は免疫機能のバランスを意味していますが、その中心的役割が

 

免疫細胞たちです。

 

普段、体がしんどい、だるい、重いなどと感じるのは「炎症」があるため

 

ですが、これには免疫機能の低下が付きまとっています。

 

それで免疫機能を盤石に整えると、やがてしんどさは消失します。

 

最初は漢方やきのこ類、ビタミンを使って免疫力を高めようとしました。

 

それもよいのですが、何か足りない。

 

私は細胞の元気の基本は、細胞がご飯を食べることからと考えています。

 

そこから細胞内検査法も出来上がったのですが・・・

 

もう12年くらい前になりますが、免疫機能をあげる物質を片っ端から調べて

 

いました。その中の文献の一つを読み、とても驚いたのです。

 

”免疫細胞のエネルギー源は主にグルタミンである”

 

そうか、免疫細胞も細胞ゆえ、ご飯を食べないと元気にはなれない、

 

それはあまりにも当然のことでした。

 

その論文を書いたのは大手小麦原料メーカーの研究員でした。

 

現在は大学の先生になられました。

 

実はグルタミンは小麦に多く含有されているのでした。

 

それまでの免疫を刺激する物質の投与から、免疫のエネルギー源となる

 

物質の投与にプライオリティを変更しました。

 

早速小麦原料メーカーさんに連絡して、原末をわけて頂きました。

 

それから数年に亘りグルタミンの研究に没頭しました。

 

それは正直驚くべき結果でした。世の中のこんな貴重な物質があったのか!

 

いまでは免疫機能の改善に、グルタミン供給なしには考えられません。

 

私は自分自身が普段からグルタミンを服用しているので、おそらく免疫機能

 

がすこぶる安定しているのでしょう。

 

私の医療の中では、グルタミン投与は、

 

*常に免疫機能を落としたくないと考える場合、

 

*傷負けをし易い場合、

 

*免疫療法を実行する場合、

 

*抗がん剤投与または放射線治療をしている場合、

 

*手術を予定する場合、

 

でもグルタミンは筋肉タンパク質の大部分をしめます。

 

ですから免疫細胞との奪い合いになりますので、運動している方は特に

 

グルタミンの摂取が大切です。

 

またグルタミンは私どもの研究から肝機能の改善に有効でした。(論文掲載)

 

最後に注意が一つあります。

 

”グルタミンはグルタミン酸とは異なります。”