プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2012年09月 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
バックナンバー

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

満足感

[ テーマ: ブログ ]

2012年9月1日23:02:00

多くの方々に、沢山のお力添えを頂戴し、心から感謝いたします。

 

今後「根元の医療」なくして本当に病気から解放されることはないと

 

思います。

 

しかしながら、どうかご理解頂きたいのですが、

 

還元電子治療に決して”性急な結果”を求めないで下さい!

 

もともとそういう治療ではないのです。

 

ゆっくりゆっくり、少しずつ少しずつ

 

毎日日課のようにして、体の手入れをする治療なのです。

 

いわゆる「病気の根の部分をなくする治療」なのです。

 

もし一瞬にして病気をなくすことを望むなら、別な治療法を選択下さい。

 

私たちは「根元の医療」を導入して頂いたなら、

 

たとえ病気を根絶できない場合があったとしても、

 

きっと一人一人の方に何がしかの”満足感”を味わって頂ける、

 

そう思っております。

 

 

 


大成功、それは満足感です

[ テーマ: ブログ ]

2012年9月8日23:51:00

還元電子治療は、特定の病気を無くするための治療ではありません。

 

病気を無くする治療なら、いわゆる対症療法をすべきです。

 

しかしながら還元電子治療を指して、この治療が自分や家族の命を救った

 

恩人のごとく言われますと、やはりこの治療の計り知れない”すごさ”を感

 

ます。

 

それは、この治療が病気に効くのではありませんが、”自己防御力の回復”

 

目的としているため、全ての患者さん、あるいは健康を願う全ての人々に

 

必須の治療となり得るからです。

 

そしてこの治療を通して与えられること、それは”それぞれの人の満足感”

 

に他なりません。

 

今よりもほんの少しでも健康になれることが、生きることへのモチベーション

 

となり、いろいろな満足感を得ることになります。

 

「出かけて行き、大自然をゆっくり満喫することも」

 

「家族のことを思いやることも」

 

「ひょっとしたら、大切な人を助けてあげることも」

 

「そして自分を見つめなおすことも」

 

本当に生まれてきて良かったと思えたならば、

 

この治療は大成功であったに違いありません。


還元電子治療の電子

[ テーマ: ブログ ]

2012年9月12日19:48:00

還元電子治療は体に電子(でんし)を与える治療です。

 

目的は細胞の酸化・酸性という老廃物を除去することです。

 

厳密には細胞の中と細胞の外の両方を掃除します。

 

老廃物の多くは細胞の中で発生しますが、もし細胞の外が老廃物で一杯

 

なら、やがて細胞の中も老廃物だらけになります。

 

酸化・酸性の老廃物を消せるのは、電子(でんし)という物質だけです。

 

しかも電子があると、酸化と酸性がいっぺんに、つまり同時に消せるのです。

 

ところが既に電子をもった物質は、酸化は消せても

 

酸性は消せないのです。直接は・・・

 

そこで電子だけを与えることに大きな意味があります。

 

自然界では電子を持つ抗酸化物質と電子のみのが与えられる

 

大気ネガティブイオンがともにあって体の酸化・酸性がスムーズ解消される

 

のです。

 

還元電子治療の電子は大気ネガティブイオンの電子と同じ作用です。

 

でもその電子は体の中では抗酸化物質の電子になり得るのです。

 


言葉の説明

[ テーマ: ブログ ]

2012年9月13日19:21:00

「私のブログをお読み頂いている方に」

 

お忙しいところ、いつもありがとうございます。

 

この4年~5年の間に、幾つかの新しい言葉がでてきて、少し混乱なさって

 

いるかも知れません。

 

簡単に言葉の整理をさせて頂きます。

 

 

「根元(ねもと)の医療」とは・・・

  

病気が起こるからには、必ず病気の根っこがあります。

 

今日の医療が、病気を診て病気を治療する、のに対して

 

病気の根の部分を診て病気の根っこを治療する、

 

これを「根元の医療」といいます。成書(教科書)にはありません。

 

 

「自己防御力」と「自己防御力診断」・・・こちらも成書にありません。

 

ある人に、今まで病気が無かったのに、どうして病気が出たのだろうか?

 

それは「自分に病気を出さないようにしている力」が失われたからです。

 

そのような力を”自己防御力”といい、人が病気になるのは、

 

この自己防御力が低下したためです。

 

すなわち”病気の根っこ”とは”自己防御力の低下”のことです。

 

ですから「根元の医療」とは、自己防御力を診て、もし低下していたら

 

自己防御力を高める治療のことです。

 

そして自己防御力を調べる検査を「自己防御力診断」といいます。

 

 

「自己防御力トライアングル」・・・成書にありません。

 

では自己防御力とは具体的に何を意味するでしょうか。

 

それは第一に”細胞の元気度”、第二に”免疫力の丈夫さ(免疫バランス)”

 

第三に”炎症の鎮静度”です。

 

これを頂点にした三角形を「自己防御力トライアングル」といいます。

 

 

「細胞内検査」と「細胞内診療」・・・成書にありません。

 

自己防御力トライアングルで一番大切なのは”細胞の元気度”です。

 

人の体はすべて細胞でつくらています。

 

実は、人が病気になるのは明らかに細胞なのです。

 

ですから病気の根っこの究極の場所が”細胞”ということになります。

 

もし細胞の元気度を調べて常に満点の状態なら、細胞は病気にならない

 

のです。つまり人の病気は起こらないのです。

 

細胞の元気度を調べる検査を「細胞内検査」といい、

 

この「細胞内検査」と低下した細胞の元気度を取り戻すための治療を

 

「細胞内診療」といいます。

 

つまり細胞を診て細胞を治療するという意味です。

「電子補充療法」・・・成書にありません。

 

病気の根っことは、自己防御力の低下でした。

 

低下した自己防御力を回復するためには、究極のところ”電子(でんし)”

 

しかありません。

 

自然界での電子供給源は、

 

食べ物の”抗酸化物質”と大気中の”ネガティブイオン(マイナスイオン)”

 

です。しかしそれでも電子の供給が不足しているのであれば、積極的に

 

機械的に電子を与えるのが「還元電子治療」です。

 

それらの方法で電子を補充する治療を「電子補充療法」といいます。

 

決して還元電子治療だけを指すわけではありません。

 

とても長くなってすみません。これからもこれらの言葉がでてきます。

 

 


治療して20年

[ テーマ: ブログ ]

2012年9月15日22:06:00

今の診療所を開設しまして、丁度20年になります。

 

気がつけば20年です。まさに、あっという間でした。

 

当時5歳だった子供さんは25歳。もう大学も卒業し、立派な社会人です。

 

風邪を引いて来院されても、全く気づきません。

 

カルテの名前を見て、ひっとして・・・という感じです。

 

当時65歳だった方は、当然ですが85歳です。

 

普段からずっと診ているからか、ぜんぜん変わらないのです。

 

オーバーかもしれませんが、まるで時が止まったかのように・・・

 

本当に、当時のお若いままの感じです。

 

本人方は、もう何時お迎えが来ても・・・というのですが、

 

頭はきれるし、食べれるし、草抜きは出来ますし、心臓は丈夫ですし・・・

 

むしろ、これから、という感じです。

 

ある患者さんいわく、

 

「そう言えば、元気にしている同級生、もういないですわ、私だけですね。」

 

それ全てが還元電子治療のお陰とは申しません。

 

しかし診療所が休みの日以外は、いつも治療しに来てました。

 

そして今日も・・・。

 


こころ

[ テーマ: ブログ ]

2012年9月16日21:32:00

全く同じ人なのに、何故”健康”と”病気”があるの?

 

健康で生まれてきたなら、最後まで健康でいけばいいのに・・

 

どうして病気になるの?

 

その”からくり”が分かれば、私たちはずっと健康でいられるチャンスが

 

あります。

 

しかし”からくり”が分かっただけではダメです。実践しなければなりません。

 

実践とは、自己防御力の回復です。

 

”自分を病気にさせない力”これをもう一度回復しない限り、病気の人は

 

根っから治りません。何度でも病気が襲ってきます。

 

ところで自己防御力を高めるとき、避けられない条件が一つあります。

 

それは”こころ”です。

 

”こころ”のないところに、回復のチャンスも無いのです。

 

その”こころ”とは、

 

①油断しないこころ・・病気を軽んじてはいけない!甘く見てはいけない。

 

②平常のこころ・・不安、心配、恐怖に呑み込まれてはならない!

 

③不動のこころ・・その治療を確信をもって貫くこと!

 

④何くそのこころ・・ここで引き下がることは出来ない!

 

この”こころ”が自己防御力の土台になっているのです。

 

 


新しい医療の幕開けです

[ テーマ: ブログ ]

2012年9月30日14:06:00

”医療は人である”と思っております。

 

病気が起こるとき、その方の”こころ、気持ち”が重要なら

 

病気の回復も、その方の”こころ、気持ち”が大事です。

 

そうすると医療もまた、医療に携わる医療者の”こころ、気持ち”が一番

 

大事であって、それによって患者さんの病状は大きく変わります。

 

「あなたは、癌ですよ。通常では、あと半年ですね。」というだけなら、

 

多分どなたでも言えます。もちろん手術や薬の治療も大事ですが、

 

そう言った後に、患者さんの”こころ、気持ち”についてフォローしておかない

 

といけません。

何故なら、病気の回復に患者さんの”こころの強さ”が不可欠だからです。

 

もともと患者さんの病気ではあるが、患者さんの心の助けがないと、

 

重篤な病気ほど回復は困難です。

 

そのことを全て熟知した医療チームが誕生しました。

 

それが明日大阪、茨木に開院する”ハズしまぶくろクリニック”です。

 

院長のしまぶくろDr.は外科医でありながら、患者さんのこころを重視し、

 

そこに優秀な医療スタッフとともに素晴らしい医療内容で患者さんの

 

診療にあたられます。

 

多くの患者さんは、きっと思われるでしょう。

 

「以前から、こんな病院があったらいいな~と思っていました」と。

 

予約制です。どうぞご連絡してから受診して下さい。