プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2011年05月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
バックナンバー

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

でんしの感覚

[ テーマ: ブログ ]

2011年5月3日19:14:00

還元でんし治療をしていて、よく聞かれる声は「効いているのか、いないのか、

 

よく分からない」ということです。

 

電気的な器械は大体において何らかの刺激があるものです。

 

還元でんし治療器も電気を使用する点は同じですが、これは直接体を刺激

 

する仕組みはついてません。

 

ただただ体に”でんし”を補充するだけなのです。

 

”でんし”を与えて体の細胞を磨くだけなのです。病気にならないように・・・

 

病気にならないために”でんし”を与えることは何も感覚がありません。

 

では、病気になるときはどうでしょうか?

 

どんな病気になるときでも、その準備期間が相当かかります。何年も。

 

その間、あ!私はどんどん病気になっていくと感じる人は多分いないでしょう。

 

で、あるとき突然に病気が出てしまいます。

 

病気が出るまでの間、体にいったい何が起こっているのでしょうか。

 

それは”でんし”不足がどんどんと深刻になっています。

 

でも”でんし”が不足する事態も、やはり何の感覚もありません。

 

健康または病気の鍵を握る”でんし”は与えるときも不足になっていくときも

 

何の感覚もないのです。

 

それでいち早く体の”でんし”の状況を調べる検査として細胞内検査を作りました。

 


考え方を据える

[ テーマ: ブログ ]

2011年5月5日11:35:00

とても多く質問を受けるのですが、

 

「良いということは、いろいろやってみたけど、結局どうしたらいいの?」

 

これは病気を治すときの”考え方”が見えていないのです。

 

それと病気の具合をみる”ものさし”をもっていないのです。

 

考え方ですが・・

 

病気はそもそも誰に起こっているのか?それは人に起こっているのですが、

 

その人がかつて元気にしていた時と、病気の今とではいったい何が違うのか?

 

これが分かれば十分なのです。

 

人の体は使えば使うほど病気になってしまいます。でも病気を出さないで

 

元気にしているときは、そう簡単に病気を出さないだけの自分自身の力を

 

持っていたです。これを”自己防御力”といいます。

 

それで病気になっている今の自分は、自己防御力が足りない状態なのです。

 

たったそれだけです。

 

ですから再び健康になろうと思ったら、もう一度どん底の自己防御力を

 

引き上げてくるしかないのです。他に手はありません。

 

今一例として、「ガンが起こって切除しました。抗癌剤もしていました。

 

とても経過は良かったのですが、他の臓器にガンが転移しました。」

 

こんなときの治療をどうしたらいいでしょうか。

 

私はまず患者さんが「体の具合がいいね~」といわれることを先にやります。

 

新たな抗癌剤治療への挑戦が先ではなく、まず自己防御力をつけることです。

 

その一方で自己防御力はガンが存在すると、思うように高くならないことが

 

あります。そのとき手術や抗癌剤や放射線をしていただきます。

 

ただし特に抗癌剤は自己防御力を落としますので、上述のように先に

 

自己防御力をつけてから行います。

 

もし患者さんが「体の具合がとても悪いね!」といっていて、そして自己防御力

 

が低いとしたら、私は抗癌剤治療はすすめません。

 

仮に一度抗癌剤治療ができたとしても、もし二度目の抗癌剤治療に際して

 

そのような状況があるなら、やっぱり抗癌剤治療はやりません。

 

それは常に「体の具合がいいね~」が先だと思っているからです。

 

そして自己防御力が先だと思っていますので・・。

 

何故なら自己防御力なしで健康が手に入るということは、絶対にそして

 

絶対にあり得ないからです。

 


自己防御力診断

[ テーマ: ブログ ]

2011年5月17日18:23:00

私たちは何故元気にしていられるのか?

 

考えるまでもなく、元気だから元気なのですが・・・

 

それではさっきまで元気にしていて、急に心筋梗塞で倒れる場合

 

どう説明できますか?

 

私たちは自分が元気にしていられることを証明する証明書を持って

 

いる必要があります。

 

自分が元気に感じていようといまいと、実際の健康を確信できる証明を持って

 

いなければなりません。

 

それが「自己防御力診断」です。

 

これまで病気の根っこは”細胞”にあり、といってきましたが、

 

細胞がいつも満点にピカピカであったら、病気にはなりません。

 

でもそれはあり得ないです。一秒たりとも休むことの無い細胞ですから、

 

必ず老廃物が溜まります。そして絶えず病気の細胞になろうとします。

 

そうであってもその細胞が本当に病気にならないように守っているのが

 

免疫細胞による”免疫力”です。

 

でも体の中にはこの免疫力を阻止するものが沢山あります。

 

もともとの体質、冷え、電気製品の弊害、自律神経の乱れ、血行障害、

 

肩こり、栄養不足、ウイルスや癌の存在などいろいろあります。

 

それで貧弱な免疫力は、これでは大変だ!と思い丈夫になろうとします。

 

この時、”炎症”という現象を伴うのですが、免疫力が速やかに回復しないと

 

ひどい炎症がおこって、むしろ病気が起こりやすくなります。

 

この一連のからくりを明確にするのが「自己防御力診断」です。

 

自己防御力が丈夫と診断されたら、そのひどい病気から逃れられる

 

という意味です。

 


気軽に受けられる

[ テーマ: ブログ ]

2011年5月28日17:52:00

これから”還元でんし治療”を世界中の方にご紹介して行こうと思います。

 

世界中の医療者が、そして患者さんが、病気を治すのに苦労しています。

 

還元でんし治療は、どんなご病気で、現在どんな治療をなさっていても

 

必ず必要とされる医療です。

 

どんな病気でも、結局病気を改善しているのは、自分の力です。

 

患者さん自身に病気を克服する力がわき出てこないと、うまくいきません。

 

還元でんし治療は、病気を治すために患者さんの自力を引き出す治療です。

 

もっといえばいつも還元でんし治療をしていて、病気そのものにならない

 

ようにしたいです。

 

そのためには国内外、どこに行っても気軽に還元でんし治療が受けれるように

 

したいと思います。


必ず道があります

[ テーマ: ブログ ]

2011年5月29日20:50:00

”病になって初めて健康のありがたさが分かる”、まったくその通りだと

 

思います。でもやっぱり病気をしないで生活してもらいたいと思います。

 

病気になってもすぐさま治る程度ならともかく、最近とくに病気の根が

 

深くなっています。治るのにとても苦労されています。

 

社会にいてのストレスや過労も多いでしょうし、急激な気象の変動、

 

そして環境汚染もますますひどくなってます。

 

そのすべてが私たちの細胞の元気度を悪化させています。

 

病気の根がとっても深くなっています。

 

どうか病気にならないで下さい。

 

病気にならないために毎日細胞をきれいに掃除して下さい。

 

これは毎日です。

 

今病気になっている方はとにかく治療を続けてください。

 

自分になった病気、治る”鍵”も自分の中にあります。必ずです。

 

病気になっているところは、必ず血液の流れが悪くなっています。

 

病気の近くに必ず筋肉の凝りがあります。それがまずは血行を悪く

 

しています。その凝りをゆっくりゆっくりとってください。根気よく。

 

還元でんし治療を持たれている方はそれを凝った筋肉に、

 

また少々蒸したタオルをあてたり、ゆっくりとマッサージをしたり

 

とにかく筋肉の凝りをとりましょう。道がみえてくるはずです。