プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2016年05月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
最近の記事

攻めの姿勢 (08/11)

中国講演を終えて (08/07)

フルパワー (08/03)

新大阪講演を終えて (07/29)

人がもつ強大な力 (07/29)

バックナンバー

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

奇跡的な快復も

2016年5月1日09:06:31

                                                                                         No.678

春先は、朝・夕が寒くて、お昼間は暖かいなど、一日のうちで寒暖の差が

大きいです。同時に気圧差も大きいです。

こんなときは、身体の末梢の血行がわるくなり、体力が低下します。

いわゆる、自己防御力がとても悪化します。

そのため関節痛や身体のだるさ、ときにヘルペスが出やすくなります。

まずは、睡眠を十分に取ること、足元をカイロなどで温める、また散歩に

でたり体操をしてください。

還元電子治療を実行できる方は、極数選択「1」と極数選択「2」丹田を

しましょう。それぞれ2回ずつが望ましいです。

還元電子治療といえば、はじまって20年余りになりますが、日ごろから

行っている方は、やはりお元気ですね。

また重い病気になられている方でも、無我夢中で頑張っている方は、

体調がとても良いと感じます。

健康の人が病気になるのは、ほとんど”油断”によるものです。

病気の人が快復するのは、”病気と闘うこころ”がしっかりしているから

です。

一番よいのは、健康の時から油断せずに、日々しっかりと身体の手入れ

を行っていることです。残念ですが、それができない人が殆どです。

還元電子治療は、それそのものは奇跡の治療法ではありません。

しかし、病気と闘うこころで一生懸命に実践するなら、奇跡的な快復が

あっても、それは不思議なことではありません!


適切な治療判断

2016年5月26日22:05:19

                                                                                         No.679

重篤な病気になったときの患者さんの心はどうあるべきか?

一つの例としてガンになったとき、「何がなんでも乗り越える」という気持ち

重要なのか、それとも「笑ってすごす」という穏やかな気持ちが重要

なのか、ときどき尋ねられることがあります。

ガンに関わらず、病気を治すには”自己防御力”の回復が不可欠です。

従って本来は自己防御力診断結果をみて、治療方針を決めていきます。

もし「炎症」の数値がとても高いなら、「何がなんでも乗り越える」という

気持ちが優先されます。

もし免疫機能が悪いなら平常心を保ち、「笑ってすごす」という心がけが

優先されます。

もし炎症と免疫の両方が悪いなら、「何がなんでも乗り越える」という気持

ちが優先されます。病気に噛みつく勢いの心が必要です。

もしあなたが病気を心から治したいなら、今のあなたの自己防御力を

チェックしてください。それで適切な治療判断が下せることでしょう。