プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2016年01月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
バックナンバー

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

有り難いです。

2016年1月1日15:32:02

                                                                                        No.671

新しい年を迎え、こころから感謝致します。

皆さまが、さらに健康でありますように、また病気の方は、さらに回復します

ように、出来る限りの応援をしたいと思います。

しかし、健康で過ごせるか、また病気を乗り越えられるかは、”あなた次第”

ということになります。ですから決めるのは、ご本人です。

ご本人の気持ち次第です。できるだけ不安を振り払い、前へ前へと攻めの

姿勢で努力し続けられるか?ということです。病気によっては5年を要する

かもしれません。 しかし、ここが健康になれるかどうかの分かれ目です。

厳しい言葉と思いますが、「病気を治す気持ちの本気度が、試されている」

とお考え下さい。でも必ず治すチャンスが与えられています。

そしてそれは、とてつもなく難しいことではなく、理解さえすれば、だれでも

乗り越えることが可能なことです。

1つの参考ですが、ある患者さんが、”懸命に治療されながら”こう言って

おられました。

「こうして、一日一日が迎えられ、有り難いです。」・・・と。

そして元気で一年が経ちました。


身体を夏の環境に

2016年1月8日14:44:38

                                                                                         No.672

今年は全国的に暖冬で、過ごしやすいと思います。

しかし、やはり冬の季節であることに、変わりありません。

寒さによる血行障害、そして空気の乾燥による身体への静電気帯電で

血行障害になります。いずれも自律神経バランスの不調によるところが

大きいです。今がもっとも病気になりやすく、最も病気が悪化する時期です。

季節は冬でも、身体を夏のごとき環境においてください。

①身体を徹底して保温してください。着ぶくれは身体が動きにくいので、

  足腰、背中に衣類の上からカイロを貼ることがよいです。

②入浴で、少しでも湯舟に肩まで浸かって下さい。時間は1分間程度でも

  良いです。

③食事にて緑黄色野菜、魚や肉などバランスよく摂って下さい。

④お部屋の空気の乾燥を防いでください。室内に洗濯物を干したり、

  加湿器をまわしてください。

⑤20分程度、ゆっくりと散歩をしてください。