プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2015年04月 
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
バックナンバー

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

春先の血行障害に注意!

2015年4月5日20:53:00

                                                                                         No.650

歩ける方は、是非歩きましょう。全身の血行を促すために、ゆっくりと歩き、

そして二酸化炭素をはき出し、酸素をしっかり取り込んでください。

血行障害に伴う酸素不足は、癌の発生に強くかかわっています。

血行障害のきっかけは自律神経の緊張です。それがもとでわずかな血行

障害が起こり、さらにそのために筋肉の凝りが起こり、ひどい血行障害に

なります。一度発生した癌については、酸素供給を急いでみても、直に癌を

抑えることはできません。しかし、新たな癌の発生を遮断するためには、

酸素供給を回復しておくことが必要です。

還元電子治療も自律神経の緊張緩和と筋肉の凝り解消に、大切です。

可能な環境にある方は是非お続け下さい。

ところで春先は気候変動のために、勝手に自律神経の調子が悪くなり、

血行障害や肩こり・腰痛が出やすいです。また免疫力も低下します。

まず睡眠を十分に取る、身体を冷やさない、緑黄色野菜・蛋白をしっかり

摂って下さい。可能な方は免疫機能を維持するためにグルタミン補給

続けましょう。

 

 


炎症の誘発

2015年4月16日17:14:54

                                                                                         No.651

癌の細胞も、生きている細胞ですから、生きるためにはご飯を食べなけれ

ばなりません。その中でも”糖分”は、癌細胞にとって好まれるご飯です。

正常細胞が、ある時間に1個の糖を摂るとき、癌細胞は10~15個ほど

の糖を摂ります。その性質を利用してPET-CT検査が行われています。

目印を付けた糖を注射して、暫くすると癌のあるところほど、目印の付いた

糖が集ってきます。そこをCT写真に写す。

さて、そうしますと、通常糖を沢山食べますと、癌細胞を育てるようなもので

すから、糖を制限するべき、という考え方があります。

また糖尿病では常に高血糖ですので、糖尿病のコントロールを良好にする

方が良いというのも分かります。

しかし、癌細胞は食餌での糖の存在だけでなく、他にも生きるために様々な

工夫を行っています。究極はオートファジーというシステムを使って、癌細胞

中の蛋白を分解してエネルギーに変え、生き延びようとします。

結局、食事で糖があってもなくても、いろいろな生き延びる方法を使って、

生きていきます。

実は、食事で糖を沢山摂った場合、体内に”炎症”が起こりやすくなります。

あるいは脂肪など油をとっても、体内で糖に変化するなら、炎症を起こし

やすくなります。炎症は癌細胞の増加を誘導します。

そのようなことから、糖や脂肪の摂取は、可能な範囲で抑えることが望まし

いと思います。ただ食べない!という方法は避けるべきです。

何故なら病気に勝つことはできませんから。