プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2017年05月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
バックナンバー

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

もうダメだと思ったエピソード

2017年5月1日23:11:38

                                                                                         No.705

人生で大変苦戦した思い出が二つあります。

一つは幼稚園(実際は保育所)の頃、中々自転車に乗れなくて大変でした。

補助車を付けているときは、当然走れるのですが、補助車を外すと、全く

走れないのです。転んでは、また起き上がり、一体どれほど繰り返したこと

でしょうか?子供ながらに もう出来ないわ・・・。そうあきらめていました。

あるとき大雨が降って、車が通ったあとに”わだち”ができたのです。

私の家のまわりは、舗装などされおりませんでしたので。

その”わだち”に自転車の車輪が入り、”わだち”の両側は盛り上がっていま

すので、そこに両足を置き、地面を蹴るようにして走り出しました。

その勢いにのせて、すぐに自転車のペダルをこいだのです。

すると、何と一人で乗れたのです!一度乗れるようになると、もう”わだち”

は必要ありませんでした。あの時の嬉しさと大変さは、決して忘れること

ができません。

もう一つの思い出は、高校の体育の授業での鉄棒です。

まったく”蹴上がり”ができないのです。スポーツは決して苦手ではない

のですが、どんなに練習してもできないのです。手にどれほどの豆をつくっ

も、やっぱりできないのです。できない人は居残りで、できるまで練習

するのですが、一人合格、また一人合格と、いよいよ残り5~6人になっ

ても、まだできないのです。もうダメだ!と心から思いました。

そんなとき、同じクラスに体操部の人がいて、放課後の部活の練習をして

いて、自分たちに声をかけてくれました。

彼、いわく「蹴上がり」だから、天井の方を強く蹴るようにしてみてと。

そうしたら、なんとできたのです。そのときの嬉しさと大変さも決して忘れ

ることはできません。この二つのエピソードは、私の大切な宝物です。

何故このようなお話しを?と思われるでしょうが・・・。

自己防御力の努力も全く同じなのです。やってもやっても改善しない。

努力しても努力しても病気の改善に至らない。何をやってももうダメかな?

そう思っている人、いませんか?

いまは成果がでていなくても、その努力、必ず実ると思ってやり続けて

ください。自転車に乗れたのも、鉄棒で蹴上がりができたのも、確かに

切っ掛けがあったのですが、しかし、事前に「もうダメかな・・・」と涙ぐむ

ほどの努力があればこそ出来たのだと思います。事前に何の努力もなし

「切っ掛け」なるものだけを最初にやったとしても、成功しなかったと思

ます。大病をしていると、心身ともに苦しいと思います。でもその努力を

やめてしまうと、快復のチャンスはなくなります。

とにかく、ともに頑張り続けましょう!


共通の願いは健康

2017年5月13日15:59:42

                                                                                         No.706

昨日はシンガポールからお越しのお客様をお迎えでき、とても感動して

おります。折角日本にお越しですので、どうかごゆっくりして欲しいです。

ところで、生涯健康で過ごしたいという気持ちは、すべての人びとに共通

です。日本の方もシンガポールの方も同じと思います。

住んでいる地域や職種の違い、あるいは日々のストレスの掛かり具合、

そして食事内容の違いや適度な運動の有無など、様々な事柄が健康に

かかわります。どのような違いがありましても、健康を維持するためには、

それなりの努力が必要です。その目標は自己防御力を合格させることです。

”自分で病気を防ぐ力”をしっかりと身につけることです。

私たちは、精一杯健康で過ごしてみても、100歳くらいのことです。

そう思うと、とても短いです。せめて自分だけは200歳まで生きてみよう、

というわけにはいきません。

この短い人生を思うとき、健康で生きることを願わずにいられません。

どうか油断と過信を持たずに、日々の健康づくりに努力してください。

たとえ親子であっても、健康に貸し借りはできません。自分の健康を分け

与えることなどできません。自分の健康は、自分で育ててください。

そうすればきっと幸せで、満足した気持ちの一生になることと思います。


油断と過信は禁物

2017年5月21日09:39:04

                                                                                         No.707

私は若いから、大丈夫です。病気にはなりませんとか、

私には何の自覚症状もありませんから、病気の心配などいりません。

これはまさに”油断と過信”です。

ほとんどの人は、こうやって病気をむかえます。

未来のことは誰にも分りません。けれどもほとんどの人が病気になっている

ことを考えますと、自分だけは例外など、決して言えるものではありません。

健康長寿は、ある物を食べたら達成できる、というものではありません。

たとえポリフェノールたっぷりの物を食べていても、それだけで長寿遺伝子の

スイッチが入って長寿になれる、そういう事にはなりません。

皆さんの大切な車やバイク、大切な衣服やカバン、いつもいつも大切だから

こそ丁寧に、手入れやクリーニングするので長持ちするのです。

身体も同じです。

手入れをせずして、何故健康を維持できましょうか。決してできないのです。

年が若くても、自覚症状が無くても、油断と過信は禁物です。

しっかりと体の手入れをして下さい。

手入れができているか否かの指標は、「自己防御力」になります。