プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2014年12月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
バックナンバー

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

血行不良が、病気のはじまり

2014年12月3日05:13:00

                                                                                         No.639

病気がはじまる共通の原因は、”血行不良(血行障害)”です。

自律神経系のアンバランス(imbalance)が繰り返し持続するため、

体のあちこちの血管が縮んでしまいます。

血行が悪くなってすぐに困ることは、体の酸素が不足することです。

特に筋肉の酸素不足は、乳酸がたまり、筋肉の凝りが起こります。

筋肉が凝ると太めの血管を圧迫し、益々血行障害になります。血液循環

の悪性サイクルがはじまり、容易には改善されません。

血行障害が深刻になった臓器から病気が始まります。

乳がんでも、右なのか左なのか、

あるいは腎臓がんでも、右なのか左なのか、

さらに肺がんでも、右なのか左なのか、

それは血液循環障害の深刻さが、右なのか左なのか、ということです。

血液循環障害によって、そこの臓器には、酸性と酸化の老廃物が溜まり

ます。

還元電子治療は、酸性と酸化の老廃物を直接取り除くのですが、

その前に自律神経のバランスの安定と筋肉の凝りを解消します。

ところでこれから寒くなり、空気も乾燥します。体に静電気が溜まり易く

なる時期ですので、室内を加湿してください。50%くらいに。

静電気の蓄積は、自律神経のバランスを乱し、血行障害を起こします。

冬に病気の悪化が多く見られるのは、それが大きな一因です。

イオン発生器をお持ちの場合は、終日稼動させてください。静電気を消

すのに優れています。

 

 


今年最後の講演

2014年12月14日19:20:00

                                                                                         No.640

本日は東京にて講演をさせて頂きました。今年最後の講演でした。

ご多忙のところ、沢山の皆様が駆けつけて頂き、こころから感謝致します。

また海外講演にてご聴講頂いた皆様にも、お礼申し上げます。 

今年一年もあっという間でした。これも、健康で過ごせたお蔭と思ってい

ます。健康をつくることは容易なことではありません。しかし、病気になると

健康を取り戻すことは、もっと大変です。日頃からの努力が肝心です。

これから数ヵ月間空気の乾燥で体に静電気が溜まります。静電気は

血管の収縮をおこし、また血液の粘りを増します。脳梗塞や心筋梗塞に

注意が必要です。すでに病気のある方は、病気が悪化します。

自己防御力診断で言えば、平均4点ほど夏よりも点数が下がります。

選択ものを干したり、加湿器を使って、室内湿度を50%くらいに調整して

ください。また還元電子治療では、20分の治療時間を30分にして下さい。

さらに散歩と深呼吸の励行、体の保温にも努めてください。

皆様、これからもお元気で過ごしましょう。

 

 

 


体を温める

2014年12月19日07:02:00

                                                                                         No.641

全国的に寒波が来て、大変寒い日々が続いております。

例年、病気の悪化は、圧倒的に冬の時期に多くなります。

もともと病気の原因は血行障害(血行不良)ですが、冬の時期はさらに

血行障害が進みます。まずは徹底的に体を温めることが必要です。

ポイントは足、腰、背中(または肩)です。すぐできることは、そこにカイロを

貼ることが良いでしょう。ただし衣類の上から貼り、また日中の時間帯に

貼ってください。夜間寝ているときは、体の重みで低温やけどになること

がありますので、避けてください。また病気がある方は、日中でも入浴

にて体を温めることが良いです。無理な方は足湯でも良いです。

還元電子治療をなさっている方は、はじめから血行を良くしていた方が、

効果が早いです。毎日日課のようにして行ってください。冬場は体力が

落ちるので、病気のない方でも1日4回くらいは行ってください。