プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2009年05月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
バックナンバー

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

生きるチャンス

[ テーマ: ブログ ]

2009年5月2日17:37:00

あっという間に新型のインフルエンザが出てきて、騒ぎになり、とても不安に

 

なっている人も多いです。インフルエンザはウイルスという区分に入っていま

 

す。他には細菌と真菌という区分もあります。これら三つを合わせて微生物

 

といってます。ウイルスは微生物の中でもっとも小さい生き物です。0.1μm

 

(マイクロメーター)で1ミリの1万分の1ですから、ちょっと想像もつきにくい

 

ですね。でもウイルスは細胞です。そして私達の体も細胞で作られています

 

ので同じですね。ところで私達は世の中で自分独りで生きているように思って

 

いませんか。たとえ一人暮らしであっても、隣近所とお付き合いがなくても

 

私達は必ず他人のお世話になっていたり、お世話をしたりしています。

 

スーパーで野菜を買うときでも、野菜を作る農家の人、お店を出して売って

 

くれる人が必要です。そして何よりも自分がお金を稼ぐ為の仕事を提供して

 

くれる人が必要です。自分ひとりでは何も出来ません。ウイルスも同じです。

 

自分ひとりでは生きられないのです。ウイルスはウイルス同士で助け合って

 

生きていけばよいのですが、住み心地の良い人や他の動物に宿を借ります。

 

これが迷惑といえば迷惑な話です。私達は喉の痛み、発熱、呼吸困難、咳、

 

たん、頭痛、関節痛、体のだるさを自覚し、時に肺炎をおこして命を落とす

 

こともあります。ウイルスもきっと生き永らえようとして、あの手この手で人の

 

体に住もうとします。それがウイルスの侵入方法になっているウイルス表面

 

の突起です。専門の人はスパイクといっています。これが「HとN」です。

 

Hは赤血球凝集素、Nはノイラミ二ダーゼといいますが、この形がかなり変

 

わってしまい、体にその為の防御が直ぐには存在しないためウイルスが侵入

 

してきます。話は変わりますが、私達は生きる為に常に学習がひつようです。

 

子供のころ学校の先生に頭を「こつん!」と叩かれたことは良く覚えています。

 

勉強のことは全然覚えていないのですが・・。先生に何とか叩かれないように

 

自分が先生からあてられるところだけは本を読んで覚えておきました。

 

それも叩かれないための学習です。ウイルスが人の体にはいってくることは

 

とてもいやなことです。でも地球の環境が段段と変わり、そこに私達が住み

 

ついていて生きていく以上、私達は生きていけるように様々な学習をしなけ

 

ればなりません。そう考えると新型のウイルスの出現もありがたく受け止め

 

るべきでしょうかね・・。私はそう思います。私達の体がウイルス感染に耐え

 

れて、感染はするけれども命を落とすことは無い、という体を作ることが大事

 

なのです。たとえワクチンのお世話になるにしてもワクチンの出来る3~5ヶ月

 

の間に感染するかもしれません。ですから自分の体は自分で守っておくべき

 

自己防御力を作ってください。還元電子治療をされている方は一回25分間

 

一日4回以上して下さい。万一、風邪やインフルエンザにかかった最中でも

 

治療して下さい。病院から頂いた薬があっても併用で大丈夫です。還元電子

 

治療は自己防御力、とりわけ免疫機能をとても良く引きあげてくれます。

 

きっとこれからもたくましく生きていけるチャンスを与えてくれます。 堀口

 

 

 


船の修理と・・

[ テーマ: ブログ ]

2009年5月27日20:55:00

病気になった方は、心から健康であることの有りがたみが分かると思い

 

ます。でも日頃から健康である人も健康とは有り難いものと思って下さい。

 

病気になられると本人も苦しい、まわりの人も心配でしょうがないです。

 

皆が元気であったら、それが一番幸せです。厳しい世の中とはいえ、

 

働くこともできるし、奉仕活動をすることもできます。十分な力があれば、

 

人を助けることもできます。そして人を支えられるようになれば、世の中

 

を良くすることができます。

 

すべての病気の回復は、まずは心にあります。病気になって悲しんで

 

いませんか、恨んでいませんか、腹を立てていませんか、不安になって

 

いませんか。もし、病気になったら、それほどまでに体にガタがきていた

 

こと、気が付いて下さい。そこまでよく辛抱してくれた体に頭を下げてくだ

 

さい。その心が分からない人に何の治療も始められません。

 

長い航海をしてきた船は、しばらくの間ドック入りして徹底的に修理され

 

ます。人もそれ以上のことをしなければなりません。ガンになって即手術

 

を受けて、即職場復帰するのは、修繕の終わっていない船がそのまま

 

航海にでて沈没するようなものです。病気になったら十分な休養時間を

 

とってください。そして治療して元気になれることだけを考えて下さい。

 

船を治療するのは、溶接であったり、塗装であったり、潤滑油であります。

 

人を治療できるものは「電子」しかありません。日頃から電子を常に補給

 

していたら病気はおこらないか、とても起こり難いのです。

 

還元電子治療をしている方は是非続けて下さい。