プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2018年04月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
バックナンバー

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

合目的的措置

2018年4月10日15:23:51

                                                                                         No.752

様ざまな病状を持っている患者さんから、沢山のことを学びます。

私はこれまで、病気がでると、”病気とは何とも悪い奴だ”、

そう思っていました。

しかし長く患者さんの様子を聞いたり診たりしていますと、

病気とは、人が生きることを続けるために、やむを得ない措置なのだ

と感じます。

たとえば脳卒中や心筋梗塞が起こる根源に、血管の動脈硬化症が

少なからずあります。

動脈硬化症も病気ととらえることができますが、ひどくなると血管壁に

カルシウムが沈着して石灰化し、血管がとても硬くなり、本来の血管

の弾力性、伸縮性がさらに失われます。

一見すると、とんでもないことですが、こうすることで私たちは生き

のびることができます。

血管が動脈硬化症になるとき、血管壁はとてもひどい炎症を起こし

ています。もしそのままにしておいたら血管は破れ、大出血を起こし

、おそらく命を失ってしまうことでしょう。

しかし血管壁に炎症を鎮めるべくカルシウムがやってきて、血管壁

を頑丈に補強してくれるために、大出血をしないですむのです。

カルシウムが血管壁にくっついて硬い血管になることは、生体と

しての本意ではないものの、生きるためにやむを得ない究極の

措置なのです。すなわち生体の合目的的措置なのです。

そこで私たちは動脈硬化を確認したら、命を奪われないうちに

急いで対策をたてるべきなのです。

そして癌もまた、同様のことが起こっているのです。


ありがとうございました。

2018年4月16日13:36:34

                                                                                         No.753

昨日(4/15)は第10回還元電子医学の会勉強会に沢山の皆様方の

ご参加を頂きました。心から感謝申し上げます。

また前日の懇親会からご参加の方には、ご遠方のところから

お越し頂き、本当にありがとうございました。

一生は長いようで短いです。たかだか生きてみても100年です。

同じ生きるなら健康で楽しく、が良いのではないでしょうか。

これからも一緒に学び、いつまでも健康で過ごされること、心から

願っています。

健康であるためには、そのための力をつけることが必要です。

それが自己防御力であります。

その力無しに健康を維持することはできません。

また病気の方は、再度丈夫な自己防御力を手に入れること以外、

病気を克服することはできません。

自己防御力を良くする方法はさまざまです。

ただ、できるだけ早く回復するために可能な方は、日頃から

還元電子治療を実践して下さい。

また次回勉強会で皆様とお会いできること、楽しみにしております。


癌について分かってきたこと~①

2018年4月22日18:38:30

                                                                                         No.754

多くの患者さんの診察から、癌の始まりは、血行不良に違いないです。

その原因は①自律神経の緊張と②筋肉の凝りです。

筋肉の凝りは自律神経の緊張に由来するものと、仕事などで意識の

集中により息こらえが続くためです。息こらえでは呼吸が浅く、

取り入れるべき酸素が少ないのです。いわゆる酸欠です。

酸素欠乏で筋肉に乳酸が溜まり、筋肉が硬くなります。

そして血管を圧迫します。

血行不良で最も問題になるのは、酸素欠乏です。

著しい酸素欠乏の細胞が癌細胞に化けることになります。

そのため出来上がった癌細胞は、酸素無しに生きる方法を選びます。

正常細胞は酸素無しには活動できませんので、そこが癌細胞の特徴

です。

癌細胞は酸素無しに活動するのですが、肩こりの筋肉と同様に

乳酸がたまります。乳酸はとても酸性が強いので、癌細胞は

酸性体質の細胞なのです。


癌について分かってきたこと~②

2018年4月29日21:47:15

                                                                                         No.755

癌になる細胞は、血行不良で酸素欠乏になり、細胞内に乳酸が溜ま

ことが特徴でした。

実は、このことが癌を阻止できない理由になっています。

免疫細胞は乳酸という物質、または酸性という性質にとても弱いと

考えられます。

過去に人のNK細胞に乳酸濃度を増やしていくと、NK細胞の元気

(活性)がとても弱くなったのです。

また癌のきっかけになっている血行不良に際して、筋肉の凝りがかなり

関与していますので、筋肉の凝りのもとである乳酸の蓄積が、さらに

NK細胞の元気を落とすことになっています。

癌の乳酸、そして凝りの乳酸、その両方で免疫は全く元気がでません。

さらに免疫細胞は血液循環を大きなパトロールの手段にしています

ので、血行不良そのものが、免疫細胞の働きを阻止しています。

まずは血行不良を改善し、せめて筋肉の凝りを解消することが重要

です。

そのためには、①散歩・深呼吸、②41℃の入浴、③十分な睡眠、

④ガンマアミノ酪酸・ビタミンB1の摂取、⑤還元電子治療、

⑥マッサージ、⑦温熱治療、⑧体操・気功、その他、できるものから

実施して下さい。

時間がかかりますが、決して諦めてはいけません。