プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2021年01月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
バックナンバー

2021年 09月

2021年 08月

2021年 07月

2021年 06月

2021年 05月

2021年 04月

2021年 03月

2021年 02月

2021年 01月

2020年 12月

2020年 11月

2020年 10月

2020年 09月

2020年 08月

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

生き抜く力をつくる

2021年1月1日20:45:00

No.850

ウイルスなどの特に呼吸器感染症は、まず自分が罹らない

ように注意し、また他の人にうつさないように、しっかりと防御

しなければなりません。

しかし、最も大事なことは、やむを得ず感染しても、できるだけ

重篤にならない力を持つことです。

言い換えれば、生きていける丈夫な身体を築くことです。

すなわち、自己防御力を高めることです。それは、

1.免疫力を丈夫にすること。

2.炎症体質を治すこと。

3.新陳代謝の良い細胞にすること。

その3つです。

冬場は寒さと空気の乾燥で、ウイルスの感染症が増えます。

私がいつもしていることは、足、腰、肩の3箇所にカイロを貼る、

室内は加湿することです。こまめに洗濯ものを干すのも有効。

季節は冬だけど、身体を置く環境は夏のごとくです!

その上で、私は還元電子治療、冬は電気敷毛布使う。

食品ではグルタミン、ベータグルカン、アルファリポ酸、

パパイヤ果汁末、スクアレン、ギャバ、コエンザイムQ10、

L-カルニチン、カルシウム、プロテイン、ビタミンC、ビタミンE

服用しています。

あと少々歩くこと、また過労を避けるようにしてます。

そして沢山睡眠をとることです。

どれほどウイルスが変わろうとも、生き抜いていける身体を

つくりましょう。


私の血行改善策

2021年1月30日18:07:00

No.851

冬場は、様々な病気がとても出やすい時期です。

身体の冷えと筋肉の凝りによる血行障害のためです。

このとき免疫力も顕著に低下しているので、発病しやすいです。

また血行障害があること自体、免疫機能が悪くなります。

まずは十分に睡眠をとって下さい。遅くても夜11時までには

入眠しましょう。あとはストレス、過労を極力少なく!

さて私は仕事のとき、やや小さめの貼るカイロを足の甲と裏、

腰、背中、肩に貼っているので、終日温かいです。

また診療の合間の一瞬、温かめのお茶をのむことにしています。

何よりもリハビリ室、検査室、処置室と、一日中移動します。

それも血行をよくしていると思います。

昼休みはほんの少しですが、庭にでて日光を浴びています。

免疫力のことですが、私は朝からグルタミンペプチド(小麦)、

ベータグルカン(ハナビラタケ)、プロテイン(大豆)、

エレメントハイ(パパイヤ果汁末)をしっかり飲むので、良好です。

グルタミンは免疫細胞のエネルギー源、ベータグルカンは免疫

細胞の働きを高める、大豆プロテインはその中のアルギニンが

免疫細胞の働きを引き上げます。

ついでながら炎症体質の改善目的にスクアレン、カルシウムを、

細胞の代謝を促すためにアルファリポ酸、コエンザイムQ10、

L-カルニチンを、自律神経の安定化のためにギャバを服用して

います。

筋肉の凝りを解消するためには、なんと言っても還元電子治療

ですね。夜間睡眠中はず~と、そしてお昼休みも当てます。

病気療養中の人は、1回15分,1日5回以上、インターバル60分

でいきます。電気敷毛布は使ってください。より効果を出します。

根気よく続けて下さい。きっと人生が楽しくなります。