プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2018年02月 
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728 
バックナンバー

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

健康は幸せにつながる

2017年9月3日22:17:52

                                                                                         No.717

常に免疫力を丈夫にしておけば、どんな病気も起こりにくいし、

いま患っている病気を治すときも、とても役に立ちます。

免疫力は自律神経の影響を受けますので、こころの負担が大きい

場合でも、激しい運動でも免疫機能は低下します。

ですから身体を鍛えたプロのスポーツ選手だから免疫力も抜群?

という分けではありません。むしろ反対のことが多いかも?

もし心身の負担、過労が大きいと思ったら、まず休むことです。

十分に睡眠もとることです。

免疫力は免疫細胞で成り立ちますから、免疫細胞を元気にすること

が大切です。そのために自律神経を安定させます。

ゆっくりと散歩して、ときおり鼻での深呼吸をしましょう。

また少しぬるめのお風呂につかり、さらに食事大麦や発芽玄米も

そこに含まれているギャバ(GABA:γーアミノ酪酸)のお陰で

自律神経が安定しやすいです。

直接免疫細胞にかかわる物質も沢山ありますが、お勧めは

①ビタミンC、②グルタミン、③亜鉛、④βーグルカンです。

私は食事と併せ、すべてサプリメントも使うようにしています。

そして何より大切なアイテムは還元電子治療になっています。

もし還元電子治療がなければ、ここまでの健康維持は到底不可能

であったと思っています。

疲れ切った免疫には、繰り返し極数選択「1」です。

頑張って下さい。健康は、きっと幸せにつながります。


血行不良は、病気の始まり

2017年8月31日07:33:15

                                                                                         No.716

病気が起こるときに必ず伴うもの、それは血行障害(血行不良)

です。血液の流れにご飯や野菜、ハンバーグ、みそ汁(栄養)を

積み、さらに呼吸で取り込んだ酸素、そして美味しい水なども載せて

細胞まで運搬します。

また細胞から出た沢山の不要なもの(老廃物)を運搬するのも血液

の流れです。

もし、慢性的に血液の流れが悪ければ細胞は元気に生きられず、

病気の細胞になるか、消滅してしまいます。

ここに病気のはじまりがあります。

血行不良の最大の原因は、筋肉の凝りです。

凝った筋肉で血管を圧迫するのです。

筋肉の凝りの最大の原因は酸素欠乏です。

酸素欠乏は、仕事や勉強での集中が続くことで、十分に酸素を吸え

いないのです。ときおり集中を中断し、ゆっくりと深呼吸をして酸素

十分に取りましょう。酸素は無料です。

ちなみに身体に酸素が不足すると、細胞は活動できません。

何故なら酸素なしでは、細胞のエネルギーは作れないからです。

どれほど沢山ご飯やハンバーグを食べようとも・・・。

さて、意識の集中では、自律神経系の緊張も伴います。

すると血管は収縮しやすくなり、それも酸欠の原因になります。

忙しい人ほど、一息いれてください。

筋肉と自律神経の緊張緩和に、還元電子治療はとても有効です。

どうぞお試しください。


治療内容を見直す

2017年8月6日19:51:26

                                                                                         No.715

ここ一週間ほどは、喉の痛みを訴える風邪症状の方が多いです。

お薬を処方しますと、とても回復が早いです。さすが、お薬です!

本当に多くの人が、現在の医療に救われています。

ときには命を長く、さらに長く、つないでくれます。本当に感謝です。

しかしながら、たとえ風邪であっても、病気を治せるのは、

患者さん自身の力です。もし患者さんに病気を乗り切る力が無いなら、

いくら優秀なお薬でも、病気は治らないのです。

ガンになると、風邪引き同様、お薬(抗がん剤)を使います。

これは、誠に正しい選択です。

抗がん剤はガンを小さく、より小さくするのに、とても大切です。

しかし、抗がん剤は決してガンを治しません。

抗がん剤の名手の先生がいて、ガン病巣がレントゲンやCTから消え

ても、ガンが治ったことにはなりません。

ガンを治すには患者さん自身の力が必要なのです。

自分で病気を防ぐ力を、必ず回復しなければなりません。

これを自己防御力と言いますが、抗がん剤も含め、あらゆる治療は

自己防御力を取り戻すための治療です。

抗がん剤も含め、あらゆる治療が、もし、自己防御力をひどく低下させ

る状況に至ったなら、その治療内容を見直す必要があります。


熱中症

2017年7月30日09:17:11

                                                                                         No.714

体調が優れていると思うときほど、健康に気を配って下さい。

体調が良いと、安心感が強くなります。

安心すると、つい無理を重ねてしまいます。

いつも健康であるためには、常に健康を維持する努力が必要です。

私は、もう25年還元電子治療を続けていますが、健康を保つために

とても貢献していると感じています。

昨日お越しの患者さん、診察室に入られ、

「還元電子治療、ええですね。」「これ無しには、生きられませんわ!」

それぞれの感じ方とは思いますが、熱中症も心配される時期、

とても役立っているようです。

熱中症は、細胞が熱中症と考えて下さい。細胞の代謝が急に低下し、

免疫機能も壊れ、体内に炎症が起こります。

対処として、水分を補給し、身体を涼しくしますが、免疫機能の回復

に急いで下さい。

在宅に還元電子治療がある場合は、極数選択「1」です。

この時期、この使い方をして、免疫機能を良くして下さい。

きっとお役に立ちます。


気候の変化に負けない!

2017年7月18日07:28:00

                                                                                         No.713

気候の変化が大きく、体調を管理することが容易ではありません。

私の地元は北海道ですが、子供のころ”今日は暑いな~”と思っても

32℃くらいでした。いまでは、たとえ一瞬でも37℃になります。

これからも、きっと急激な気温上昇と、大雨があちこちで繰り返され

ると思います。

こんなとき、身体が思うように慣れていかないものです。

身体がだるく、食欲がなく、元気がでないのです。

対策として、一番大事なことは、体力の維持です。

これを自己防御力と呼んでいますが、どんな時も自己防御力があれば

元気に過ごしていけます。

そこで以下のことに注意してください。

①いつもより早めの入眠

②少し早めに起きて散歩と深呼吸

③水分摂取、汗が多いときは、少々塩分を含むものが良いです

④汗が多い時はこまめに着替える

⑤クーラーや扇風機は、直に身体にあてない

⑥細胞の中でパワーを作らせるために、L-カルニチン、

コエンザイムQ10、αーリポ酸をしっかりとる

⑦細胞を守るために、ビタミンC,ビタミンEをとる

⑧免疫力の維持のためにグルタミン、亜鉛、βーグルカンをとる

⑨身体の炎症を消すためにスクアレンをとる

⑩還元電子治療は極数選択「1」1回20分、1日4回以上

どんなときも、自己防御力をガッチリと維持しましょう。

心身ともに健康なら、きっと楽しい人生になります。


梅雨時は注意が必要です。

2017年7月10日16:21:00

                                                                                         No.712

梅雨時は、湿度が高く、また気温差が激しいです。そのため体調の

管理が難しく、身体のだるさ、胃腸障害、関節痛、風邪、ヘルペスなど

起こります。まずは汗がよくでる場合は、できるだけ早めに乾いたも

着替えましょう。

また睡眠を十分にとり、脱水を防ぐために水分補給をしてください。

さらに免疫機能を支えるために、食事では①グルタミン、②亜鉛、

③ベータグルカンを摂ると良いです。

在宅で還元電子治療を実践している場合は、極数選択「1」で片手足に

1回20分、1日3回程度行って下さい。標準のあて方でも良いです。

 

昨日は猛暑の中、大勢の皆様が、還元電子医学の会勉強会に

ご参加下さいました。心からお礼申し上げます。

平生の健康が維持できなければ、自身の希望することがあまり

達成できないかも知れません。

楽しい人生になるように、是非健康を手に入れましょう。


十分にチャンスはある

2017年7月1日20:11:00

                                                                                         No.711

もし、病気になったら、速やかに病院での治療を受けて下さい。

しかし病気の所見がレントゲンやCT、血液検査から消えても、決して

安心してはいけません。検査上、病気の所見が消えてしまっても、

それは患者さんの力とは一切関係ありません。

患者さんの力と一切関係ないので、そのままでは再び病気ができます。

病気を治して健康になれるのは、患者さんの力だけです。

これを自己防御力と言います。

自己防御力を回復することは、実は容易なことではありません。

私は還元電子治療を用いていますが、それでも時間と根気が必要です。

でも十分に時間をかけて粘り強く努力すれば、必ずチャンスはあります。

健康になって人生を大いに楽しみましょう。

さて、お知らせですが、

在宅で還元電子治療をされている方、また初めて勉強する方を対象に

7月9日(日)東京にて還元電子医学の会 勉強会を開催します。

是非、一緒に勉強しましょう。

詳細は還元電子医学の会 事務局までどうぞ。

 


平生が大事です。

2017年6月25日10:11:38

                                                                                         No.710

何事も平生が大事です。

一生健康で過ごそうと思うなら、平生から健康づくりをすべきです。

しかし、普段、何も症状が無いと、あえて健康を作ろうとはしません。

でも、ここが大きな分かれ目です。

病気を発症したときは、よほど身体を害したときです。急に対応策を

とっても、どうにもならないことが多いです。

ましてや、大病ともなれば、なおさらです。

平生から、ほんの少し、身体をいたわる努力をして下さい。

人生が一度限りとするなら、今が健康でなくてなりません。

健康でなければ、思うことの万分の一も実行できません。

健康を作るのに、何も難しいことは要りません。

慢性的な過労を避け、よく睡眠とり、バランスのよい栄養をとり、

幾らかの散歩・ウオーキングをしましょう。

何よりも心の負担を減らすように、気持ちを切り替えて下さい。

さて、本当に健康づくりができているかどうかは、調べなければ分か

りません。自己防御力診断が、そのことを明らかにします。

1年に1回は、自己防御力診断を受け、健康のあかしをつけましょう。


ストレス度

2017年6月15日15:10:00

                                                                                         No.709

ほとんどの場合、病気になる時の自覚症状はありません。

気が付けば、すでに病気が発症していた、という感じです。

自覚症状が無いわけですから、他の何かを指標に、病気の可能性を

予測しなければなりません。

通常病気の発症にかかわるのは、繰り返す心身のストレスと過労です。

ですから、ストレスと過労を評価して、判断してください。

たとえば、ストレス度を

仕事の内容的に①少しの量、②普通の量、③かなりの量

仕事の時間的に①短い時間、②普通の時間、③かなりの時間

に分けます。仕事の無い方は、仕事以外として評価してください。

仕事の内容的にも時間的にも③に該当する場合は、ストレスが大きい

と判断し、何も自覚症状が無くても、病気になり易いと考えます。

こんな場合は、しっかりと身体の休息と睡眠、栄養をとって下さい。

また緑黄色野菜や青魚を摂り、さらに散歩にでて深呼吸をしましょう。

在宅で還元電子治療を実践されている方は、まずは基本形の極数選択

「2」標準を1回20分、1日4回、インターバル1時間で行います。

 


おそるおそる

2017年6月4日11:06:00

                                                                                         No.708

病気の入り口は”油断と過信”と思います。

健康と思っていて病気になった時の”油断と過信”は、

私は若いから大丈夫よ!とか、

いつも体調が良いから、大丈夫よ!とか、

職場の健康診断で、何も問題なかったわ!・・・から始まります。

一方、病気になって、再び病気を繰り返すときの”油断と過信”は、

この前も治ったし、今回も治るわ!・・・から始まります。

この意味、分かりにくいので、患者さんの仰った言葉をお借りすると、

心のどこかで”病気を馬鹿にしてる、病気を甘くみてる”

・・・そんな感じだそうです。

ついでながら”油断と過信”の話とは違うのですが、病気になって

中々治癒しない場合、

心のどこかで”病気を高級品扱いしている”ことがあります。

多くの場合、”風邪を引いてしまって!”と言ったら軽く受けとられ、

”ガンを患って!”と言ったら重く受けとられますので、つい自分でも

”ガン”を高級品にしているところがあります。

確かに風邪とガンでは病態も治療法も、また病気の長さも異なります。

でも、いずれも病気は病気で、病気の本質に、そう大差はないのです。

つい、ガンを高級品にしてしまっている心とはどんなものか?

それを表現するピッタリの言葉が、中々見つかりません。

あえて言えば、決して風邪引きのときには無かった・・・

”おそるおそる”でしょうか。

どこかに”怖がる気持ちや不安な気持ち”が強く続いているという感じ

かも知れません。

随分前には、自分がガンであっても、ガンだと知らされていない時代が

ありました。当然ですが、”おそるおそる”という気持ちはありません。

今ほど素晴らしい抗がん剤もありませんでしたが、随分元気になられ、

時に、ガンの病気とは全く無関係の病気で終わる方もおりました。

告知をすることが悪いという意味ではありませんが、たとえ自分がガン

と知っても、高級品にせず、風邪引きと同じ程度に養生する気持ちで

あったなら、かなりガンの治癒は早まるのではないでしょうか。

病気の治療で一番厄介なことは、”おそるおそる”の気持ちなのです。

自分のなかで、これを解消できるか否かが、治癒を決めているのです。