プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2019年05月 
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
最近の記事

炎症を溜めない (05/15)

情熱をもって (04/30)

4月、5月の時期 (04/27)

骨を丈夫に! (04/14)

日々の健康努力を! (03/31)

バックナンバー

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

台風の中、心から感謝します。

2018年9月30日22:39:37

                                                                                         No.778

本日(9月30日)は台風のなか、大勢の皆様のご参加を頂き、こころ

からお礼申し上げます。

ご遠方の方は、九州、新潟からお越し頂きました。

本当にありがとうございました。

この度は、日頃十分にお話できていなかったことをお伝えさせて頂き

ました。

乳酸の除去は、血行改善に必須です。

また免疫機能を良くするためにも必須の作業です。

乳酸の除去に還元電子治療は極めて有効です。

しかし、高齢者やアスリートは乳酸が多く、一時的に疲労感、脱力感、

めまい、胸部不快感を自覚することがあります。

少しずつ、少しずつ治療して下さい。それが、この治療のコツです。

私たちには25年の実績があります。

正しく、しっかり治療して頂ければ、きっとあなたを救ってくれます。

もし画像診断で病巣が見えていても、あなたの日常生活動作(ADL)は

飛躍的に回復します。

そうしたら人生はとっても面白くなってきます。

人生を思いっきり楽しんで下さい!

またお会いしましょう。堀口


シンガポールの皆様に感謝

2018年9月17日08:10:16

                                                                                         No.777

昨日(9月16日)のシンガポール講演では、本当に多くのお客様に

お越し頂き、心から感謝申し上げます。

そして何よりも、大変な時間と労力をかけ準備して下さった

Natural Produce の皆様に感謝致します。

十分にお話できたとはいえませんが、これからも機会を得て、また

伺いたいと思います。

健康で長生きは世界共通の願いです。

また病気になれば、治りたいという願望は当然の気持ちです。

それには、自分にそれ相応の力を持っていなければなりません。

そして何よりも日頃からの努力が必要です。

生涯健康を手に入れ、楽しく満足した人生を送くりましょう。


冬場の静電気帯電に注意!

2018年9月14日16:59:01

                                                                                         No.776

大変暑かった夏も終わり、これからは寒くなってきます。

北海道では氷点下になったところもあるようです。

例年、翌年の3月頃までは寒さが続き、そのため病気が発症しやすく

なります。

また冬場は寒さだけでなく、空気の乾燥が起こります。

ときに湿度20%というときもあります。

空気の乾燥はドアノブでおなじみの”パチッ!”が出ます。

すなわち静電気帯電ですが、これは身体の自律神経(交感神経)を

緊張させるので、血管を縮めます。つまり血行が悪くなります。

さらに血液の粘りけがとても強くなり、血行がますます悪くなります。

血行が悪くなって特に困る病気が脳梗塞と心筋梗塞です。

これらの病気は、明らかに冬場のほうが多くなっています。

ところで職業的に、これらの病気が出やすい場合があります。

それは車の運転を職業とするドライバーの方です。

バスやタクシーやトラックなどドライバーの方は、車のハンドル操作

などで静電気がとても溜まりやすいです。

報告によると10kV(キロボルト)以上になっているそうです。

そのため血管の収縮も血液の粘りけもとても強くなっています。

もちろん動いている車を運転するわけですから、それだけでも精神的

緊張感は強く、なおさら交感神経の緊張で血管が縮みます。

毎年2月頃に車のドライバーの方が急に意識を失って、事故に至る

ニュースが報道されています。

この一因は、著しい静電気帯電の関与が考えられます。

身体に溜まった静電気は、”電子”を与えるとすぐに消えます。

たとえば空気ネガティブイオン(マイナスイオン)発生器からの電子、

あるいは還元電子治療からの電子を与えると、十分に消去されます。

これらは単に静電気を消すだけでなく、交感神経の緊張をとるのに

とても有効ですし、血液の粘りけをなくするのにもよいです。

一人一人が、いつまでも健康で過ごせるよう努力して下さい。

 


他力ではなく自力で!

2018年9月1日23:52:13

                                                                                         No.775

第41回健康講座に、とても沢山の方のご参加を頂き、ありがとう

ございました。少しでも参考になりましたでしょうか。

今回は「がんの治ゆをめざして」をテーマにお話ししましたが、

もしがんになったらどう対応したらよいか、その手順を示しました。

すべての治療は、それぞれに良さがあり、実践して頂いて構いません

が、その治療を行うことがゴールではありません。

言い方をかえれば、すがるものは何か?です。

「自分でがんを克服する力」、それがすがる対象物です。

自分でがんを克服する力を回復すること、それがゴールです。

あらゆる治療を使って、自分でがんを克服する力を取り戻すことです。

もしある治療を行うことが目標になってしまうと、それは”他力”で

がんを治すことを考えている姿です。

がんだけではなく、すべての病気がそうでありますが、

がんは他力で治癒できるものではありません。

自力で治すものです。自分にがんを克服する力がないのに、

どうして治すことができましょうか。

自分でがんを克服する力、これが自己防御力です。

常に自己防御力をみながら、治療法を選択し実践し、その後再び

自己防御力を再評価する。その結果をみながら再び治療法を選択

し、また実践する。その繰り返しです。

そして自己防御力の合格が定着してきた先に治癒が待っています。

頑張って下さい。


ご高齢ほど元気で

2018年8月29日16:04:06

                                                                                         No.774

日常、自分のことは、できるだけ自分でできることが大切です。

いまは以前よりも手厚く介助や介護を受けられます。

しかし、最期まで元気で生きていることが、自分にとって、そして

社会にとってもいいだろうと思います。

加年は単純に年をとることです。これはどうすることもできません。

老化は年を重ねるごとに老いて、やがて病気になることが多いです。

誰にでも老化は起こるのですが、老化のスピードを遅らせる

ことができれば、最期まで元気で過ごすことができます。

これが盤石な自己防御力の維持です。

自己防御力を丈夫にすることは、たとえ年をとっても病気を起こ

させないことを意味します。

そうすれば、ご高齢と言われる年齢になっても、介護や介助を

受けず、むしろ楽しく働くことさえできます。

まずは自分の自己防御力をみて、自分の体を評価して下さい。


すがるものは何か

2018年8月24日18:15:51

                                                                                         No.773

”がん”についての私なりの考えをまとめてみました。

「統合医療でがんに克つ」9月号(㈱クリピュア)をご覧いただけ

たら幸いです。

病気の回復過程は、必ず消長があります。

良い状態ばかりの右肩上がりで治ることは、決してありません。

山~谷~山~が繰り返されます。

しっかり気長に構え、どっかと腰を落ち着けて努力していきましょう。

どんな病気でも必ずチャンスがあります、というよりは

いつもチャンスでいっぱいです。

何かにすがりたい!と思われれば、その相手は「自己防御力」

だけです。必ず必要ではあるのですが、それは薬や健康食品

ではないのです。

自分で病気を防ぐ力強さを、是非目指して下さい。


まずは免疫力を

2018年8月17日13:24:00

                                                                                         No.772

どんな病気でも、病気を悪化させないためには、自己防御力を

丈夫にします。

本来の”自分で病気を防ぐ力強さ”を回復することです。

これが弱いので病気になります。

多くの例で、大病がわかると、医学書やネットをみたりして勉強する

のですが、深みにはまって(迷って)身動きが取れなくなります。

とにかく自分の力を回復することです。

自己防御力の中でも、すぐに免疫バランスを回復すること、

それをお勧めします。

まずは休みを十分にとることです。

重い病気ほど、長く休みをとることです。

仕事を気にしながらの療養は、全くお勧めできません。

食事ではたんぱく質(とくにグルタミン)、ビタミンC、ベータグルカン

などとって下さい。

散歩のできる方はゆっくりと散歩を楽しんで下さい。

還元電子治療は極数選択「1」または「2」標準で頑張りましょう。

追い込まれると、それはピンチですが、一方でこの時、考えられない力

発揮されます。

絶対に病気を乗り越えましょう。

 


攻めの姿勢

2018年8月11日22:20:03

                                                                                         No.771

正直、スポーツのことはよく分かりませんが、

ただ多くの場合、守りの上手さ以上に攻めの姿勢がないと、

試合に勝てないと思います。

病気の場合も同じことが言えます。

病気の治癒(ちゆ)は、攻めの姿勢がカギになります。

攻めるときは身体は、少々不安定になります。

もしかしたら病状が悪化するかも知れません。

それでも自分から動かないなら、結局は病気を克服できないのです。

だからどこかのタイミングで動くべきです。

病気の治癒の目標は明確です。

「自分自身で病気を防ぐ力強さ(自己防御力)」、

というものを回復させることです。

抗がん剤はガン病巣の増殖を抑える上で、とても有用です。

しかし万一、明らかにその薬のために、どんなに頑張っても自己防御力

の回復が見えてこないなら、少なくとも投与間隔を調整すべきです。

あるいは一時中断すべきです。それも攻めの姿です。

きっと、そんなことしたらガンが増殖するのでは、と大変不安になる

ことでしょう。

ただ病気の治癒は、明らかに自分の自己防御力以外に果たせません。


中国講演を終えて

2018年8月7日09:04:45

                                                                                         No.770

この度の中国講演では、本当に大勢の皆さま、先生方にお世話に

なりました。深くお礼申し上げます。

根元の医療(自己防御力診断+還元電子治療)は、とても新しい

医療ではございますが、これからの医療に必要不可欠でございます。

健康の維持、そして病気の治癒には、この考え方がどうしても

必要です。

世界中で行わている今の医療を堅持しつつ、

病気を治癒できるのは、”自分の病気を防ぐ力”の回復のみである

ことに注視して頂きたいと思います。

限りある人生です。できるだけ健康でなければなりません。

どうか実践して下さい。


フルパワー

2018年8月3日16:42:40

                                                                                         No.769

火事場の馬鹿力と言いますが、

人が追い込まれた状態は、病気を治す上でも、とてもチャンスです。

もともと日常生活では、人の最大のパワーを100としますと、

30%ほどしか使っていません。

もし追い込まれたことで、フルパワーを出せれば、病気を治癒する

きっかけになります。

これを実行するには二つの条件が必要です。

1.追い込まれた状態であるが、それでもひるまないこと。

2.フルパワーが発揮できるように身体のすべての細胞を手入れ

  しておくこと。

とても多くの方が、病気で苦痛な日々を過ごしています。

しかし、一時のことですので、フルパワーを発揮し、病気を脱出しま

しょう。ここに還元電子治療も大いに役立ちます。