プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2020年08月 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
バックナンバー

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

平生から準備を

2020年2月6日07:33:26

                                                                                         No.827

風邪を引くと、すこし炎症(CRP上昇)が起こります。

もし風邪をこじらせて肺炎になると、かなり炎症(ひどいCRP上昇)が

発生します。

この状態では、ときに生命の危機もありうるので、まずは炎症を

鎮めることが必要です。そのためにお薬も使います。

次に炎症が起こった原因を考えます。

自分の身体に、肺炎をおこす微生物が入ってきて、とても増えたこと

が原因です。

何故微生物(例えばウイルス)がそれほど増えたのか?

もともと微生物を抑える力が弱いのです。

いわゆる免疫力が弱く、かつ普段から血行が悪いために、

免疫力の活動も低下しているためです。

1.まず日中、足腰、背中に衣類の上からカイロをあててください。

2.十分に栄養を摂り、温かいお茶なども摂ってください。

3.免疫細胞はほとんどグルタミンをご飯にしてます。

  あと亜鉛、ベータグルカン、ビタミンC、大豆たんぱくを摂ります。

  サプリメントを利用するなら目的の摂取量を確実にとれます。

4.還元電子治療を行っている場合は、

  20分~30分の治療時間で60分の間隔をあけ、

  治療を繰り返します。連続長時間1回で済ますのはダメです。

  いま感染症にかかっている場合は必ず1日7回以上です。

  上記1.を実行していると、この治療は極めて有効になります。

5.イオン発生機(ネガティブイオンのみ発生)を利用している場合は、

  自分の周囲で終日稼働させます。必ずイオンの発生を確認。

  ウイルスは死滅しませんが、空気の浄化にきわめて有効です。

6.室内湿度を60%に加湿します。上記5.と併用するのが効果

  的です。

どんな時も大病防ぐためには、平生からの自分の自己防御力が

大切です。それは子供であっても同じです。

親は大切な子供のために、そのことを指導してください。

大事な子供が病気になっても、親が身代わりになることは

決してできないのです。

がんばって乗り越えましょう!


自分の力を使って下さい。

2020年1月12日10:54:14

                                                                                         No.826

長期療養を必要とする病気になった時、

ゆっくりと深呼吸をして、まず落ち着いて下さい。

緊急状態を脱出しているなら、たとえ重篤な病気であっても

時間は十分にあります。

病院さんの治療は必要ですが、

病気を治す力は、自分だけが握っています。

その自分の力を使わないままで…、という人がとても多いです。

自分の力を利用しなければ、病気の治癒は絶対に無理なのです。

不安と心配な気持ちだけでは、治癒へ向けて前進できません。

不安や心配な気持ちをできるだけ払拭し、

まずは病気を治す気持ちをしっかり固めてください。

その上で治療の基本は食べること、睡眠をとること、

身体を冷やさないことです。

そして病気を治し、最期まで自立して過ごすことを目標にして下さい、

それが自分のためでもあり、また社会にとっても大切なことです。

病気を克服する力の一つに「免疫力(免疫バランス)」があります。

栄養不足、不眠、冷え、そして不安や心配な気持ちは、

免疫力の回復を妨げます。

栄養面では積極的にグルタミン(小麦に多く、免疫細胞の主食)、

アルギニン(大豆たんぱく)、亜鉛(海のかき)、ビタミンC(ブロッコリー)、

ベータグルカン(きのこ)とって下さい。

また還元電子治療を行っている方は、短い時間(15分~25分)で、

できるだけ回数を重ねて実践して下さい。

外出もできないとぼやく人もいますが、それが治療です。

どんなことをしてでも、必ず健康に戻らねばなりませんので。


時は何と早いことか。

2020年1月2日08:45:00

                                                                                         No.825

子供のころ、自分の祖母や祖父をみて、とても遠い年齢のように

思えていました。

でも現在の自分の年を思うと、あっという間に祖母や祖父に

近づいています。”時”はなんと早いことか!

さて精一杯生きてみても、わずか100歳ほどの人生です。

200歳や300歳は、到底難しいです。

そう考えますと、せっかくの人生です、

もっと楽しく、もっといきいきと過ごすべきです。

病気になって臥せっていたのでは、満足するとはいえません。

年をとれば必ず体力は衰えます。

「昔はこんな仕事、あっという間できたのに、いまはどうして?」とか

「昔はいく日も徹夜は平気だったのに、いまはどうして?」と

嘆く人がいます。

そこには明らかに健康を過信し、病気に対する油断があります。

年齢的に衰えてしまった体力、それに適した行動をとるべきです。

さらに体力が衰えても、病気になってはいけません。

ず~っと自己防御力(病気を防ぐ力)を維持しなければなりません。

精一杯生きてみても100歳、

けれども健康で100歳の人は少ないのです。

人生最期まで健康で生き抜くためには、自己防御力が必須です。

そして自己防御力が容易に高めるられるのは、

元気な時に限られるのです。

すなわち平生の努力が一生の健康を決めるのです。

実は年をとればとるほど、自己防御力の維持は難しくなります。

私のライフワークは、”還元電子治療”です。

これは自己防御力の回復に必須です。

とりわけ私のような年配者には、なくてはならない存在です。

 


今がチャンス!

2019年12月31日22:25:02

                                                                                         No.824

油断してはなりません。

自分が思っている”健康”とは、本当はかなり疑わしいものです。

つい油断してしまう理由は、自分に何らの自覚症状もないからです。

痛みもなし、だるさもなし、食欲はある、よく眠れる、

ストレスは多くても、日常生活に問題はないのです。

しかし病気は確実に迫ってます。

病気を防ぐ力(自己防御力)が無いのなら、病気は確実にでます。

どうか自身の自己防御力を時々みて下さい。

もし自己防御力が足りないのなら、回復できるチャンスは今です。

病気を発症してから、自己防御力の回復を図っても、

病気の重篤度によっては、必ずしも間に合わないのです。

何の自覚症状もない今こそ、健康を維持するチャンスなのです。


免疫バランスを整える

2019年12月22日08:20:31

                                                                                         No.823

冬場は病気が起こりやすく、悪化しやすいです。

最大の理由は血行障害ですが、それによって免疫バランスが特に

悪化します。

免疫バランスが悪化すると、身近には風邪を引きやすくなります。

風邪は炎症を強く伴い、その炎症が重大な病気を起こします。

風邪は万病のもととは、風邪による炎症が起因してます。

日頃から免疫バランスの悪い方は、風邪を引かないまでも

病気を誘発する高い炎症が持続しています。

そのためウイルス感染があると、容易に重篤な病気に移行します。

免疫バランスの良し悪しは、皆同じはありません。

生まれながらにして、バランスの悪い人も多いです。

免疫バランスが良すぎて困る、などということは決してありません。

日頃から免疫バランスを是非整えて下さい。

還元電子治療の良さの一つは、

免疫バランスを整えることにあります。

実践可能な状況の方は、沢山あててください。

必ず救ってくれると思います。


自分の健康に投資を!

2019年12月9日16:38:45

                                                                                         No.822

自分の健康のために、自分に投資して下さい。

また、末長い健康を希望さるなら、健康の時にこそ築いて下さい。

私のライフワークは「還元電子治療」です。

病気をじかに治す治療ではありませんが、

健康をつくるために、どうしても必要です。

治療の準備ができてる方は、毎日行うことをお勧めします。

健康を築けているかどうかの判定は、自己防御力診断で確認

して下さい。通常の検査では、行えません。


気が付けば、治癒へ

2019年11月7日23:29:06

                                                                                         No.821

重い病気の方は、心身ともに苦しい毎日と思います。

でも一日乗り越えたら、その分だけ治癒に近づいたと思って

さらに先へと進んで下さい。

ちょっとだけ、「なにくそ、精神!」が要ります。

そうやって、治療の日にちを重ねていけば、

より大きな治療効果が出て、本当に治癒に向かいます。

あるとき気が付いたら、いろいろな症状が消えています。

いわゆる病気の進行が止まってくるのです。

レントゲンやCT、MRIなどでうつしてみると、確かに病巣は見える

のですが、病巣がかたまってしまうのです。

まず落ち着いて下さい。やれば必ずできると思って下さい。

食が進まないのですが、できるだけ食べてください。

身体を保温して下さい。足、腰、背中(肩)にカイロの貼付を。

少しずつ身体を動かして下さい。

ベッド上で、椅子に座って、ソファーから立ち上がって、

可能な人は外へ出て、少し歩く。いつでも深呼吸をしましょう。

還元電子治療は、インターバル60分を入れて、できるだけ沢山、

飽きるほど。

重篤な病気を治すには、粘り勝ちのスタイルがとても重要です。

頑張ってください!


電子免疫治療研究会カンファレンス

2019年10月23日00:09:23

                                                                                         No.820

11月3日(日)は第9回電子免疫治療研究会カンファレンスです。

今年も大勢の参加申し込みを頂いております。

この研究会は、すべての医療を人々の健康のために考え、

「可能な限り治る医療を目指して!」をスローガンに活動しています。

そのため、当研究会のカンファレンスでは臨床や研究の先生方の

お話しを、直接一般の皆様にも聴いていただけるよう準備してます。

この度もきっと皆様の健康に役立つと思います。

それでは会場でお会いしましょう。


健康食品成分セミナーから学ぶ

2019年10月13日11:02:00

                                                                                         No.819 

10月6日に高松サンポートにて、第9回健康食品成分セミナーが開催

されました。

約90名の皆様のご参加を頂きました。誠にありがとうございました。

私のライフワークは「根元(ねもと)の医療」の実践ですが、

これは病気の根を診て、病気の根を治療するという医療です。

病気の根を検査する方法、これが「自己防御力診断」です。

また病気の根を治療するものの一つが電子補充療法です。

電子補充療法の中には3つあります。

それは抗酸化物質、ネガティブイオン、還元電子治療です。

その共通項目は”電子”です。

健康食品成分セミナーを開催する理由は、食べ物の抗酸化作用

を知って頂き、病気の根を取り除くことの大切さを理解して頂き

たいと思うからです。

また還元電子治療の抗酸化作用は、電子を生み出すための装置

ですから、ほかと比較することのできない効力があります。

しかし体内では電子単独で移動することはできません。

必ず抗酸化物質を電子運搬体として利用する必要があります。

その観点から、健康食品成分の意義はとても大きいのです。

また癌の攻撃に不可欠な免疫細胞(リンパ球・単球)のエネルギー源

は「グルタミン」と呼ばれるアミノ酸だけです。

どれほど免疫細胞の活性を高めようとしても、グルタミン欠乏では、

活性は思うように持続しません。

特に癌を患っている場合は、グルタミンをサプリメントで摂取して

下さい。グルタミンは筋肉の材料でもあるし、腸管粘膜細胞の

エネルギー源でもあるので、少々では不足します。

抗酸化物質の摂取と還元電子治療を毎日実践して下さい。

 

しっかりと自己防御力を回復し、楽しい人生をすごしましょう!


自己防御力診断を受けましょう。

2019年10月8日13:41:42

                                                                                         No.818

当然ですが、健康なときは何も自覚症状がありません。

ですから将来重い病気になるかも知れない、などと思いません。

でもとても多くの人が、人生の晩年、約10年近く病気で過ごします。

足腰が弱い、認知症がある、脳梗塞後遺症がある、がんを患うなど

とても多くの病気になり、人の助けを必要とします。

自分だけは大丈夫!と思うでしょうが、そんな保証は無いのです。

もし最期まで健康で生きれるとするなら、またはそれを望むならば、

それを証明しなければなりません。

病気にならないためには、自分に病気を防ぐ力が必要です。

すなわち自己防御力が必要です。

是非1年に1~2回自己防御力を調べて下さい。