プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2018年12月 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
バックナンバー

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

ありがとうございました。

2018年11月5日15:46:59

                                                                                         No.783

昨日(11/4)は第8回電子免疫治療研究会カンファレンスにお集り

頂き、誠にありがとうございました。

先生方をはじめ、本当に沢山の方が参加して頂きました。

また早朝から夕方までとても長い時間にわたり、熱心に聴講して

頂きました。

終了後皆様からとても大きな反響を頂戴しました。

患者さんに率直に医療事情を伝え、健康を維持すること、病気を

治すきっかけを得て頂くことが、この会の目的です。

このことが私どもにとって何よりの励みになります。

次回も皆様に喜んで頂ける講演を準備したいと思います。

今後とも是非ご参加下さい。


血行を良くすることが最大の治療法

2018年11月1日21:45:05

                                                                                         No782

病気の起こるところに、必ず血行障害があります。

すなわち血行が悪くなること、そこが病気の入り口です。

血行障害の理由になっているのは

1.自律神経のうち交感神経の活動が優位になっていること

2.筋肉の凝りがあること

この2つです。

これから空気が乾燥して、身体に静電気も溜まります。

静電気は交感神経の緊張を高めますので、対策が必要です。

①抗酸化物質を摂って静電気の影響を減らす、

②居室内を加湿して静電気帯電を減らす、

③ガンマアミノ酪酸を摂って副交感神経を回復する、

④ネガティブイオン発生器を使って静電気を消す、

⑤還元電子治療を行って静電気を消去する、

⑥散歩や深呼吸、マッサージ、入浴で副交感神経を回復する、

などが有効です。

筋肉の凝りについては、

①還元電子治療を1回30分以上背中や肩、腰にあてる、

②仕事中に過度の意識集中で息こらえをして、酸素欠乏になるので

ときおり休憩をとり深呼吸をする、

③筋肉の材料であるたんぱく質と筋肉を動かすコエンザイムQ10

を摂る。ビタミンB1、B6も大切です。

④寒いときは肩、背中、腰などにカイロの貼付が有効です。

⑤散歩や入浴、マッサージ、体操を行う。

ガン患者さんでは抗がん剤を使っていることが多いですが、

血行が悪くなると効果が出にくくなります。

抗がん剤が効かなくなったのではなく、行かなくなったのです。

血行改善を図ると、ときに急にガンマーカーが下がったりします。

徹底して血行を良くしてください。


還元電子治療の概念

2018年10月28日22:57:51

                                                                                         No.781

「還元電子治療」という概念ですが、

本来病気になるかどうかは、自分の身体が決めること、

自分の身体に病気を防ぐだけの力強さがあれば、病気は出ない、

もし病気になるとすれば、自分に病気を防ぐ力強さが無いため、

だからもう一度病気を防ぐ力強さを回復する以外に、

健康に戻れる方法はない、

このような力強さを”自己防御力”といい、

この自己防御力を回復させるための考え方を「還元電子治療」、

という概念で説明しています。

「還元電子治療」をガンや糖尿病や認知症と直結して考えている場合

がありますが、それは明らかに間違いです。

ガン病巣に直接、そのような考え方の治療を施しても、

ガンは決して治りません。

病気の原因が自己防御力の低下ですから、それを回復することが

「還元電子治療」の考え方です。


健康食品成分セミナーを終えて

2018年10月14日21:27:20

                                                                                         No.780

本日(10月14日)は、ご多忙のところ第8回健康食品成分セミナーに

大勢の皆様のご参加を頂きました。心から感謝申し上げます。

健康は平生が大事です。病気になってから慌てて治療しても、快復に

手こずることが多いです。

毎日のちょっとした努力で、一生涯の健康が手に入るなら、こんな幸せ

なことはありません。

健康だと思うと、ついつい身体の手入れをおっくうに感じ、何も努力を

しない人が多いです。

でも考えてみて下さい。私たちは人生の晩年約10年ほど、人様からの

介助や介護を受けて過ごすのです。

誰もが期待するピンピンコロリとは、程遠い現実がそこにあります。

健康を維持するための身体の手入れとは、大きく2つです。

1つは食べ物と空気の摂取、もう1つは心身(脳と体)を適度に動かす

ことです。

たとえば、自分にはどんな食べ物が良いのか、あるいは健康食品が

必要なのかは、自身の「自己防御力診断」をみて決めて下さい。

細胞の元気を回復すべきか、免疫力を回復すべきか、あるいは

炎症を消すべきか、その結果に応じて選択してください。

外来診療をみてて思いますが、平生から自己防御力診断に沿って

健康に努力している方は、やはり元気な姿で一生を終えてます。

生涯人生を楽しむために、これからも一緒に頑張りましょう。


一度きりの人生

2018年10月10日13:26:16

                                                                                         No.779

健康状態を自覚症状や外見だけで判断してはいけません。

病気になるときに自覚症状を感じながら、徐々に病気になった、

という人はほとんどいません。

「いつも調子は良かったのに、健康診断で大病が見つかるとは?」

「昨日まであんなに元気そうだった人が、病気で入院したなんて!」

そういう場合がとても多いのです。

日本はますます高齢化になりますが、多くの人が将来の病気に備え

いろいろと考えているようです。人生の晩年、男の人は約9年間、

女の人は約12年間、他人からの介助や介護を必要とします。

そこで早くからお金を貯え、また自宅のリフォームや施設の入居準備

なども考えているようです。それも一つの考え方です。

しかし人生を最期まで自立して生きていくなら、ほぼ老衰のごとく

終わっていくなら、その方がきっと満足した人生と思います。

自覚症状や外見に左右されず、平生から大病しないための努力を

実践するなら、ずっと自立して生きていくことは可能なことです。

大病しないための力をもっているかどうかは、自己防御力診断で、

そして自己防御力を引き上げ、それを維持することを還元電子治療

で実践して下さい。

一度きりの人生です。どうか大切にしてください。


台風の中、心から感謝します。

2018年9月30日22:39:37

                                                                                         No.778

本日(9月30日)は台風のなか、大勢の皆様のご参加を頂き、こころ

からお礼申し上げます。

ご遠方の方は、九州、新潟からお越し頂きました。

本当にありがとうございました。

この度は、日頃十分にお話できていなかったことをお伝えさせて頂き

ました。

乳酸の除去は、血行改善に必須です。

また免疫機能を良くするためにも必須の作業です。

乳酸の除去に還元電子治療は極めて有効です。

しかし、高齢者やアスリートは乳酸が多く、一時的に疲労感、脱力感、

めまい、胸部不快感を自覚することがあります。

少しずつ、少しずつ治療して下さい。それが、この治療のコツです。

私たちには25年の実績があります。

正しく、しっかり治療して頂ければ、きっとあなたを救ってくれます。

もし画像診断で病巣が見えていても、あなたの日常生活動作(ADL)は

飛躍的に回復します。

そうしたら人生はとっても面白くなってきます。

人生を思いっきり楽しんで下さい!

またお会いしましょう。堀口


シンガポールの皆様に感謝

2018年9月17日08:10:16

                                                                                         No.777

昨日(9月16日)のシンガポール講演では、本当に多くのお客様に

お越し頂き、心から感謝申し上げます。

そして何よりも、大変な時間と労力をかけ準備して下さった

Natural Produce の皆様に感謝致します。

十分にお話できたとはいえませんが、これからも機会を得て、また

伺いたいと思います。

健康で長生きは世界共通の願いです。

また病気になれば、治りたいという願望は当然の気持ちです。

それには、自分にそれ相応の力を持っていなければなりません。

そして何よりも日頃からの努力が必要です。

生涯健康を手に入れ、楽しく満足した人生を送くりましょう。


冬場の静電気帯電に注意!

2018年9月14日16:59:01

                                                                                         No.776

大変暑かった夏も終わり、これからは寒くなってきます。

北海道では氷点下になったところもあるようです。

例年、翌年の3月頃までは寒さが続き、そのため病気が発症しやすく

なります。

また冬場は寒さだけでなく、空気の乾燥が起こります。

ときに湿度20%というときもあります。

空気の乾燥はドアノブでおなじみの”パチッ!”が出ます。

すなわち静電気帯電ですが、これは身体の自律神経(交感神経)を

緊張させるので、血管を縮めます。つまり血行が悪くなります。

さらに血液の粘りけがとても強くなり、血行がますます悪くなります。

血行が悪くなって特に困る病気が脳梗塞と心筋梗塞です。

これらの病気は、明らかに冬場のほうが多くなっています。

ところで職業的に、これらの病気が出やすい場合があります。

それは車の運転を職業とするドライバーの方です。

バスやタクシーやトラックなどドライバーの方は、車のハンドル操作

などで静電気がとても溜まりやすいです。

報告によると10kV(キロボルト)以上になっているそうです。

そのため血管の収縮も血液の粘りけもとても強くなっています。

もちろん動いている車を運転するわけですから、それだけでも精神的

緊張感は強く、なおさら交感神経の緊張で血管が縮みます。

毎年2月頃に車のドライバーの方が急に意識を失って、事故に至る

ニュースが報道されています。

この一因は、著しい静電気帯電の関与が考えられます。

身体に溜まった静電気は、”電子”を与えるとすぐに消えます。

たとえば空気ネガティブイオン(マイナスイオン)発生器からの電子、

あるいは還元電子治療からの電子を与えると、十分に消去されます。

これらは単に静電気を消すだけでなく、交感神経の緊張をとるのに

とても有効ですし、血液の粘りけをなくするのにもよいです。

一人一人が、いつまでも健康で過ごせるよう努力して下さい。

 


他力ではなく自力で!

2018年9月1日23:52:13

                                                                                         No.775

第41回健康講座に、とても沢山の方のご参加を頂き、ありがとう

ございました。少しでも参考になりましたでしょうか。

今回は「がんの治ゆをめざして」をテーマにお話ししましたが、

もしがんになったらどう対応したらよいか、その手順を示しました。

すべての治療は、それぞれに良さがあり、実践して頂いて構いません

が、その治療を行うことがゴールではありません。

言い方をかえれば、すがるものは何か?です。

「自分でがんを克服する力」、それがすがる対象物です。

自分でがんを克服する力を回復すること、それがゴールです。

あらゆる治療を使って、自分でがんを克服する力を取り戻すことです。

もしある治療を行うことが目標になってしまうと、それは”他力”で

がんを治すことを考えている姿です。

がんだけではなく、すべての病気がそうでありますが、

がんは他力で治癒できるものではありません。

自力で治すものです。自分にがんを克服する力がないのに、

どうして治すことができましょうか。

自分でがんを克服する力、これが自己防御力です。

常に自己防御力をみながら、治療法を選択し実践し、その後再び

自己防御力を再評価する。その結果をみながら再び治療法を選択

し、また実践する。その繰り返しです。

そして自己防御力の合格が定着してきた先に治癒が待っています。

頑張って下さい。


ご高齢ほど元気で

2018年8月29日16:04:06

                                                                                         No.774

日常、自分のことは、できるだけ自分でできることが大切です。

いまは以前よりも手厚く介助や介護を受けられます。

しかし、最期まで元気で生きていることが、自分にとって、そして

社会にとってもいいだろうと思います。

加年は単純に年をとることです。これはどうすることもできません。

老化は年を重ねるごとに老いて、やがて病気になることが多いです。

誰にでも老化は起こるのですが、老化のスピードを遅らせる

ことができれば、最期まで元気で過ごすことができます。

これが盤石な自己防御力の維持です。

自己防御力を丈夫にすることは、たとえ年をとっても病気を起こ

させないことを意味します。

そうすれば、ご高齢と言われる年齢になっても、介護や介助を

受けず、むしろ楽しく働くことさえできます。

まずは自分の自己防御力をみて、自分の体を評価して下さい。