プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2012年01月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
バックナンバー

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

もうじき停年退職だ!

[ テーマ: ブログ ]

2012年1月17日18:43:00

当然かもしれませんが、年齢が高くなるほど病気の方が多くなります。

 

その中でも停年退職前後がとても多いです。

 

風邪や糖尿病のことではなく、重症の病気が起こるのです。

 

いわゆる悪性腫瘍やそれに近い病気です。

 

これは統計ではなく、私が診療を通しての感じです。

 

早ければ18歳から働きはじめ、60歳くらいで退職になります。

 

40年間、家族のため、会社のため、自分のため、世の中のために懸命に

 

働いてきました。あとは残された人生、少しは趣味や娯楽を通して

 

楽しい生活を送るはずでした。

 

それがこんなはずではなかったのに・・・

 

退職直後、めまいがするので病院に行ったら、慢性リンパ性白血病といわれた。

 

退職3ヶ月後、胃の調子が悪いので病院に行ったら、悪性リンパ腫といわれた。

 

退職半年後、お腹がふくれるので病院に行ったら、腹膜偽粘液腫といわれた。

 

そして停年間際の人間ドックで、胃ガンだといわれた。

 

こんな重大な話がとても多いのです。

 

40年の長きに亘って身体をどれほど酷使してきたことか!

 

もうあと少しで停年、もうちょっとで仕事から解放される!

 

ああ、やっと停年だ、やれやれと・・。

 

この状況から察するに、

 

この40年の間にもう十分に病気が出るだけの身体になっていたのです。

 

それが、もうちょっと、もうちょっという気力だけが、病気の体を支えていたのです。

 

自分の体を病気にさせない力を”自己防御力”といいますが、

 

これが40年間のストレスと過労とでとても弱くなっていたのです。

 

本来なら既に病気が出てもおかしくないのですが、

 

私たちには、常に「やらねばならない!」という「気持ち」が付きまといます。

 

これが病気の発症を抑えていたのです。

 

だから気持ちの持ち方で、病気を防いだり、病気を治せたりする、いう趣旨の

 

話がでるのも理解できます。

 

でも、気持ちだけではもうどうにもならないところまで来ている人が多いのです。

 

一刻も早く、失われた自己防御力を回復するべきです。

 

これなくして重大な病気の発症をくい止めることはできません。

 

また治療することはできません。

 

それにはどうしても沢山の”電子(でんし)”の供給が要るのです。