プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2012年01月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
バックナンバー

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

治る方向づけ

[ テーマ: ブログ ]

2012年1月7日16:24:00

病気を治療するときに最も障害になっているのが、患者さんの

 

ある種の”こころ”です。

 

間違いなく全ての患者さんは、病気を治したいと思っています。

 

そこまでは同じ方向なのですが、いわゆる「不安感」が襲ってきます。

 

「この治療で本当に良いのだろうか・・・。」

 

「こんなので大丈夫なのかしら・・?」

 

これは医療を提供する私どもにも問題があります。

 

というより私どもお医者さん側に

 

治せる確固たる治療法を示せずにいることが問題なのでしょう。

 

結果として治ったかどうかは、もちろん重要ですが、

 

しかし、患者さんに対して自信をもって”治せる方向づけ”ができるかどうかが

 

大事です。

 

お医者さん側にそれができないなら、患者さんの不安感が大きくなるのも

 

当然かもしれません。

 

患者さんの”こころ”を治る、あるいは治さなければ、という気持ちにさせること

 

と同時に、患者さんが理解できる内容の治療法も提示しなければなりません。

 

患者さんが「よし、これでやっていこう」、これが何より大切なことです。

 

何故なら、結局病気を治すのは患者さん自身だから・・・。

 

そこに私の場合は、”自己防御力診断”を治せる方向づけに用いています。

 

患者さん自身が病気を治していく力をどの程度もっているのか、を診ます。

 

それをもとに治療法を選択して患者さんに提案します。

 

西洋医学あり、東洋医学あり、そして代替医療ありです。