プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2011年03月 
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
バックナンバー

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

がんが起こらないために

[ テーマ: ブログ ]

2011年3月25日19:40:00

還元でんし治療は細胞に”でんし”を与える治療です。

 

”でんし”は何に使われるかというと、一つは細胞の中と外の老はい物を消し

 

ます。それと二つ目は細胞を構成する物質が”でんし”を失ったとき補充の

 

ために使われます。

 

細胞の老はい物には酸性と酸化があります。

 

酸性は水素イオンH+をもつ物質です。

 

細胞の中と外では炭酸がその例です。炭酸は二酸化炭素に由来します。

 

細胞の中が酸性になると、細胞の中の栄養素は燃焼しなくなります。

 

それは細胞の中で燃焼を助ける酵素(こうそ)の活性が悪くなるためです。

 

でもそれ以上に問題なのが、細胞の中の核にあるDNAという遺伝子が傷を

 

うけた時、その傷を治そうとしますが、傷治しも酸性環境では進まないのです。

 

傷が治らなかったらどうなるか、くるった遺伝子をもつ細胞が誕生します。

 

すなわちガン細胞です。

 

実はDNAを直接損傷するのは酸化を起こす物質です。たとえば活性酸素など。

 

でも傷ついたDNAの修復を困難にするのが、酸性環境です。

 

つまりガン細胞になってしまうかどうかの本当の鍵を握っているのは

 

細胞の中の酸性環境次第なのです。

 

ではどうしたら良いか?

 

細胞の中の酸性を治すことです。しかしそれは抗酸化物質ではできない

 

のです。ここがとても大事です。ではどうするかというと、”でんし”を持つ

 

抗酸化物質を与えるのではなく、”でんし”そのものを与えるのです。

 

”でんし(e-)”を与えて、水素イオンH+と反応させるのです。

 

そのことで水素イオン濃度を減らし、酸性環境をアルカリ側へ改善

 

することなのです。それで”でんし(e-)”と反応した水素イオンH+は

 

抗酸化物質の還元化に使われるのです。

 

結局、”でんし”を与えることで酸性と酸化の両方を改善できるのです。

 

ですから”でんし”のみを与える「でんし補充療法」が必要だったのです。

 

そして「還元でんし治療」が誕生しました。  Dr.Horiguchi