プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2008年08月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
バックナンバー

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

細胞内検査その4

[ テーマ: ブログ ]

2008年8月27日19:59:00

血液の中には細胞が食べる為のたくさんのご飯があります。ですから

 

血行が良い程、細胞の中へたくさんのご飯が届けられます。ご飯の中

 

には呼吸して取り込んだ時の酸素も混じっています。

 

空気の中には約21%の酸素が含まれていますが、この酸素がなけ

 

れば私達は生きていけません。でも、酸素がどうして必要なのかをち

 

ょっと考えてみましょう。

 

少し昔話をさせてください。私が小学生の頃までは、我家のお風呂は

 

の外にありました。当時は北海道に住んでいましたので、冬になる

 

とたくさん雪が降ります。それで冬の時期、お風呂に入りに行く時は

 

雪をかきわけながらお風呂場に到着するのです。浴槽はなぜか丸い

 

鉄製の釜風呂で、円盤状の木板を沈めてお風呂に入るのです。いわ

 

ゆる五右衛門風呂ですね。近所の家は皆そうでしたので特別不思議

 

なお風呂だとは思いませんでした。このお風呂を炊(た)くのが私の仕

 

事でした。まず小枝や木くずで火をおこし、それから薪(まき)をくべて

 

湯をわかすのですが、なかなか火がつかないのです。それでうちわで

 

一生懸命あおぐのですが順調に薪に火がつくまで長い時間かかります。

 

冬場は薪が雪で湿っているのでなおさら火がつきません。そんな大変

 

なお風呂でしたがとてもよく体が温まり、今考えると最高の入浴でした。

 

実は火をつける時のうちわであおぐ動作なのですが、これは酸素を吹

 

き込んでいた訳です。日頃台所で調理する時に使うガスコンロも火が

 

つく材料はガスだけれども、火が持続して燃えているのは酸素のおか

 

げです。人の体の細胞も酸素がなければいくらおいしい糖分や脂肪

 

分があっても持続して燃焼しません。だから細胞のエネルギーは作ら

 

れず、細胞の元気はでないのです。脳の細胞も、肝臓の細胞も、筋

 

肉の細胞もみな同じです。だから私たちがいつまでも元気に過ごせる

 

のは酸素のおかげと言ってもいいでしょう。