プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2012年06月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
バックナンバー

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

血行障害です

[ テーマ: ブログ ]

2012年6月9日18:01:00

病気を克服する決定的な方法はありません。

 

というより、病気を治すのは、自身に与えられた試練のようなものです。

 

病名は同じでも、克服するのは自身の問題です。

 

克服した人の方法は参考になっても、決してその方の力を拝借すること

 

はできません。

 

結局は自分で何とかしないといけません。

 

それは病気が治ることを信じてくださいませんか。

 

正確には病状が落ち着き、日常生活が満足にできる、

 

そうなることを信じて下さい。

 

ただ病気が良くなるという方角が見えてないでしょう、患者さんの多くは・・

 

西へ行けばいいのですか?それとも南へ向かえばいいのですか?

 

そこのところをお教えすのが私の役目と思っています。

 

あとは自身の頑張りです。

 

昨日は学会発表で病院診療をお休みさせて頂きました。

 

診療を休んではいられないのですが、患者さんに治療の方向を

 

お示しするのに、研究発表を公に行い、ご理解頂くことも

 

今は必要な時代ですので・・。

 

全ての病気が起こる始まりの第一歩は、”血行障害”です。