プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2012年06月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
バックナンバー

2020年 09月

2020年 08月

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

大局的と局所的

[ テーマ: ブログ ]

2012年6月14日12:41:00

”大局的”という言葉と”局所的”という言葉があります。

 

多分簡単には、「全体」と「部分」という意味と思います。

 

私たちは病気と聞かされれば、その病気の部分だけを治そうとします。

 

もし大腸癌と言われたら、大腸という部分の、しかも癌という部分を

 

診(み)ようとします。それも必要で立派な治療ですが、ではどうして

 

繰り返し、何度も同じ病気がでてくるのでしょうか?

 

言い方を換えれば、大腸癌が起こる前は、どうして大腸癌に

 

ならなかったのですか?

 

私は思うのですが、病気を治す時は「全体」も大事ではないかと。

 

病気になったとき、それがどこの部分であっても、その患者さんの体全体

 

の総合力も大事ではないかと思います。

 

病気は大腸であっても、病気が出ること自体、その患者さんの体調そのもの

 

が悪いのです。つまり体全体の調子が悪いから病気になったのです。

 

そうするといくら局所だけを治療していても、大局的に治療できていないなら

 

病気は治らない、そうなるように思います。

 

でも病気になった多くの方が、目先の局所だけを慌てて治療するのです。

 

そしてCTやMRIの写真を見て、局所が「良くなったね」と言われたら、

 

ホッ!と安心してしまうのです。でも病気はまた出るのですが・・。

 

私たちは病気に対しては、とっても心が弱くなります。

 

不安な心に潰されそうになります。というより押し潰されてしまいます。

 

でもここが勝敗の分かれ目なのです。

 

多分、本気で大局的に治療するということと、不安感を払拭するというのは

 

同じことを指すといっていいでしょう。

 

前回のブログで”なにくそ精神”とかきましたが、それを指しています。

 

とても大ざっぱに表現しますと、

 

「お医者さんに癌だと言われた。直ぐ切りなさいと言われた。自分は

 

お医者さんの言う通り、切ろうと思う。でも二度と切るのはごめんだ。

 

絶対に自分で元気になってやる!」

 

そうやって病気にならない体作りを始めるのです。

 

そして大局的に体を治療するとき、闇雲に治療をしても上手くいきません。

 

大局的に体調を評価する「自己防御力診断」が必要です。