プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2012年06月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
バックナンバー

2020年 10月

2020年 09月

2020年 08月

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

治療は始まっている

[ テーマ: ブログ ]

2012年6月23日22:03:00

人が病気になるときは、体の中は既に治療も始まっている、

 

そう思います。

 

もしそういう働きがないなら、私たちは発病とともにすぐに命をおとすに違

 

ありません。

 

でもその治療はあくまで手の内を見せてくれるだけです。

 

「こんな治療が始まっているのですよ・・」と。

 

私たちはそれをもとに、あとは自分の努力で治療を完結しなければなりま

 

せん。もし自分の努力なしに、勝手に体が病気を治してくれるなら、

 

人としての輝きがないかも知れません。

 

ところで、体の中でどんな治療が進行中なのかは、多くはお医者さんが説明

 

すべきかもしれません。

 

言い方はいろいろでしょうが、その患者さんの健康に向かう力を引き出す

 

ことです。それ以外にはありません。

 

そのとき使われる最も重要な因子が”電子(でんし)”です。

 

食べ物の抗酸化物質、そして空気のネガティブイオンです。

 

もし電子の供給を急ぐなら、機械的に電子を補充することです。

 

言い忘れましたが、健康に向かう力を「自己防御力」といいます。