プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2009年01月 
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
バックナンバー

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

これは一大事

[ テーマ: ブログ ]

2009年1月23日18:57:00

来院された方の中に、脳の検査としてMRIとかCTとかの検査を受けて頂く

 

ことがあります。はじめての方の気持ちは、興味半分、不安半分だと思い

 

ます。例えば、70歳くらいの年齢で、脳に幾分脳梗塞の古傷があったりしま

 

すと、ある方は例え古傷であっても脳梗塞のあったことにショックを受け、

 

またある方は70歳にもなればそんなことぐらい誰だってあるよ、といって

 

私を諭します。どちらの心も本当だと思います。ただその方が、その後も

 

元気で暮らしたいと思うなら、脳梗塞の古傷があったことに「これは一大事だ」

 

と考えて頂きたいのです。起こってしまったものはどうしようもありません。

 

でも同じ事を繰り返さないように注意していけば、全然違った人生になるはず

 

です。美しい山を眺めに行ったり、ゆったり気分の温泉に出かけたり、また人

 

助けてあげる仕事をするにも、まず自分が健康でなくてはならないのです。