プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2011年02月 
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 
バックナンバー

2020年 08月

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

ゴールは何処でしょう

[ テーマ: ブログ ]

2011年2月26日17:53:00

私は講演に伺った先で必ず「細胞内診療」についてお話します。

 

言葉としてはまだ数年しか経過していませんので、知らない方も多く、つい私も

 

気合が入ります。自身が考案した医療ということもありますが、この医療は

 

世の中の全ての人に絶対欠かせない医療なのです。

 

既に出来上がってしまった病気を治療するだけなら、いままでの医療方針で

 

良いと思います。当然ですが、それは症状の改善にとどまる医療です。

 

対症療法ですから・・。

 

でもここに病気の起こる根元(ねもと)を探し出して治療するという医療を加えると

 

---これが細胞内診療ですが---とても満足のいく結果が得られます。

 

何故なら病気をなくする医療だからです。

 

ここ、とても大事なのですが、私は日々の診療の中でこれまでの西洋・東洋医学

 

必ず使います。

 

そしてもし私が万一病気になることがあったとしたら、やはりこの医療を自分に

 

使います。但し細胞内診療と一緒にです。これが条件です。

 

病気が根こそぎ治るという治療法は、きっと何通りかあるはずです。

 

とても複雑な計算式に基づいて病気の理論を解き、絶妙な化合物の調合に

 

よりあっという間に病気を根こそぎ治す方法もあるでしょう。

 

私のように少々子供じみた考えから、既存の対症療法に根元(ねもと)治療

 

を組み合わせて、時間を掛けてゴールに達する場合もあるでしょう。

 

病気が根こそぎ治るならどの方法を使ってもいいです。でも病気しか治さない

 

という医療は、もう終わりにしないといけません。