プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2010年07月 
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
バックナンバー

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

私のチーム

[ テーマ: ブログ ]

2010年7月27日11:25:00

はじめから医療に関心があったわけではありませんが、でも今は患者さんを診さ

 

せてもらうことになりました。今年で18年です。医療界への出だしはとても華々し

 

くというわけにはいきませんでした。正直開院すら困難な状況でした。でも医療

 

に携われて、今はありがたいと思ってます。世の中にはいろいろな職業があって

 

どれもやりがいがあるでしょう。ただ医療もそうなんですが、自分の携わっている

 

仕事の目標が何であるのか?で進む方向は全く異なります。ですから意見も当然

 

異なってきます。それは外科をやるのか、産科をやるのか、小児科をやるのか

 

ででてくるような意見の相違ではありません。わたしは病気になりうるであろう全て

 

の人に対して、すこしでも健康でいられるように、そしてもう病気になってしまった

 

人に対して、すこしでも体が楽になるようにしてあげようと思います。何故なら

 

折角生まれてきたのですから、生まれてきて良かったと思える、楽しかったと

 

思える人生にしてあげたいと思うからです。そこには最早何の理屈もありません。

 

ですから本当にそう思って頂ける先生と、本当にそう思って頂ける方々と手を

 

つなぎ、チームを作ります。