プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2017年09月 
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
バックナンバー

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

ガンの対応策~その4

2017年9月23日21:25:44

                                                                                         No.721

末梢の血液循環をできるだけ良くすることで、新陳代謝を良好にし、

正常細胞をより正常化してガン細胞を消滅させることが大事です。

もし抗がん剤を使っているなら、抗がん剤もまた血液循環を介して

目的地へ行きます。よって血液循環が悪いなら、薬の効果も少ない

かも知れません。

先に述べたように、ガン細胞になる過程ですでに血行障害があり

ます。ですからその状態で抗がん剤を投与しても、十分にその効果

を果たせないかもしれません。まずは筋肉の凝りを解消し、

自律神経を安定させることが大切です。

ところで抗がん剤の殆どは、ガンができないようにするための治療

ではありません。あくまでも、ガンの増殖を抑える治療です。

抗がん剤を使って安心するのではなく、抗がん剤を使っている間に、

すなわちガンの増殖が抑えられている間に、自分でガンを防ぐ力

(自己防御力)を身につけて下さい。それがガン治療の目的です。

それ以外にガンから逃れる方法はありません。