プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2011年05月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
バックナンバー

2021年 01月

2020年 12月

2020年 11月

2020年 10月

2020年 09月

2020年 08月

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

考え方を据える

[ テーマ: ブログ ]

2011年5月5日11:35:00

とても多く質問を受けるのですが、

 

「良いということは、いろいろやってみたけど、結局どうしたらいいの?」

 

これは病気を治すときの”考え方”が見えていないのです。

 

それと病気の具合をみる”ものさし”をもっていないのです。

 

考え方ですが・・

 

病気はそもそも誰に起こっているのか?それは人に起こっているのですが、

 

その人がかつて元気にしていた時と、病気の今とではいったい何が違うのか?

 

これが分かれば十分なのです。

 

人の体は使えば使うほど病気になってしまいます。でも病気を出さないで

 

元気にしているときは、そう簡単に病気を出さないだけの自分自身の力を

 

持っていたです。これを”自己防御力”といいます。

 

それで病気になっている今の自分は、自己防御力が足りない状態なのです。

 

たったそれだけです。

 

ですから再び健康になろうと思ったら、もう一度どん底の自己防御力を

 

引き上げてくるしかないのです。他に手はありません。

 

今一例として、「ガンが起こって切除しました。抗癌剤もしていました。

 

とても経過は良かったのですが、他の臓器にガンが転移しました。」

 

こんなときの治療をどうしたらいいでしょうか。

 

私はまず患者さんが「体の具合がいいね~」といわれることを先にやります。

 

新たな抗癌剤治療への挑戦が先ではなく、まず自己防御力をつけることです。

 

その一方で自己防御力はガンが存在すると、思うように高くならないことが

 

あります。そのとき手術や抗癌剤や放射線をしていただきます。

 

ただし特に抗癌剤は自己防御力を落としますので、上述のように先に

 

自己防御力をつけてから行います。

 

もし患者さんが「体の具合がとても悪いね!」といっていて、そして自己防御力

 

が低いとしたら、私は抗癌剤治療はすすめません。

 

仮に一度抗癌剤治療ができたとしても、もし二度目の抗癌剤治療に際して

 

そのような状況があるなら、やっぱり抗癌剤治療はやりません。

 

それは常に「体の具合がいいね~」が先だと思っているからです。

 

そして自己防御力が先だと思っていますので・・。

 

何故なら自己防御力なしで健康が手に入るということは、絶対にそして

 

絶対にあり得ないからです。