プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2010年06月 
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 
バックナンバー

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

心身のゆとり

[ テーマ: ブログ ]

2010年6月29日19:13:00

自然界にはネガティブイオンという物質があります。これは電子を持つ空気の

 

粒のことです。以前にはネガティブイオンは空気の酸化(サビること)を防ぐ、

 

もっといえば酸素の酸化を防ぐためにあると言いました。酸素がなかったら体

 

でエネルギーは出来ません。でも酸素を使うことで体にはサビがいっぱい増え、

 

それがまた人の体に病気を起こすことに繋がるのです。そこで神様は酸素を

 

使ってもサビが消せるようにと空気にネガティブイオンを与えたのでしょうか

 

でもネガティブイオンのさらに大事な仕事は、人の体を癒し、心身にリラックス

 

を与えることです。体がリラックスすると、先ほどの体に発生するサビはとても

 

消えやすくなります。また体のリラックスは、その間に体力を回復しやすくなり

 

ます。仕事も勉強もスポーツもとてもうまくやりこなせます。日ごろからネガティ

 

ブイオンを生活の中に取り込み、心身にゆとりがうまれるようにしましょう。