プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2018年04月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
バックナンバー

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

合目的的措置

2018年4月10日15:23:51

                                                                                         No.752

様ざまな病状を持っている患者さんから、沢山のことを学びます。

私はこれまで、病気がでると、”病気とは何とも悪い奴だ”、

そう思っていました。

しかし長く患者さんの様子を聞いたり診たりしていますと、

病気とは、人が生きることを続けるために、やむを得ない措置なのだ

と感じます。

たとえば脳卒中や心筋梗塞が起こる根源に、血管の動脈硬化症が

少なからずあります。

動脈硬化症も病気ととらえることができますが、ひどくなると血管壁に

カルシウムが沈着して石灰化し、血管がとても硬くなり、本来の血管

の弾力性、伸縮性がさらに失われます。

一見すると、とんでもないことですが、こうすることで私たちは生き

のびることができます。

血管が動脈硬化症になるとき、血管壁はとてもひどい炎症を起こし

ています。もしそのままにしておいたら血管は破れ、大出血を起こし

、おそらく命を失ってしまうことでしょう。

しかし血管壁に炎症を鎮めるべくカルシウムがやってきて、血管壁

を頑丈に補強してくれるために、大出血をしないですむのです。

カルシウムが血管壁にくっついて硬い血管になることは、生体と

しての本意ではないものの、生きるためにやむを得ない究極の

措置なのです。すなわち生体の合目的的措置なのです。

そこで私たちは動脈硬化を確認したら、命を奪われないうちに

急いで対策をたてるべきなのです。

そして癌もまた、同様のことが起こっているのです。