トップページ > 院長挨拶

院長挨拶

医師 堀口裕

医師 堀口裕 西洋医学を中核とする現代医療のおかげで、たとえ重篤な病気でも治すことができるようになりました。しかし、大きな問題点が残されております。それは、病気を治療すると一見治ったようにみえるのですが、決して治ってはおらず何度でも病気を繰り返す、という点です。ここで忘れてならないことは、病気が起こるには必ず病気の根もあるということです。
これからの医療は、病気を診て病気を治療する「現代医療」のみならず、病気の根を診て病気の根を治療する「根元(ねもと)の医療」の実践も不可欠と考えます。
1959年     北海道北見市出身
1983年     室蘭工業大学工学部第2部 機械工学科卒
1992年     川崎医科大学卒業後、医師免許取得
長年に亘り空気中のネガティブ(マイナス)イオンの生理的作用について詳細に研究。
現在、独自に開発した細胞内検査と還元電子療法を駆使し、病気を治す根元(ねもと)医療を目指して国内外で活動している。

学術発表

 タイトル掲載資料発表年月
1 Efficancy of Minus Ion Treatment on Allergic Diseases The 2nd World Integrative
Medicine Congress Abstracts
2002.09
2 マイナスイオン印加と抗酸化能の検討(第2報)
―堀口式イオン変換器によるマイナスイオンのヒトへの効果―

日本癌学会総会記事第62回総会

2003.09
3 マイナスイオン印加と抗酸化能の検討
―堀口式イオン変換器によるマイナスイオンのヒトへの効果―

第16回日本バイオセラピィ学会学術総会

2003.12
4 赤血球細胞内酸化還元電位に及ぼすカンゲンイオンの効果

第26回日本フリーラジカル学会
学術集会プログラム・抄録集

2004.06
5 高マロンジアルデヒド化LDL血症におけるカンゲンイオン療法の効果
6 イオン変換器内蔵型直流式電位治療器の抗酸化作用の検討(第1報)

第28回日本フリーラジカル学会
学術集会プログラム・抄録集

2006.05
7 イオン変換器内蔵型直流式電位治療器の抗酸化作用の検討(第2報)
8 カンゲンイオン医学と健康
―C型慢性肝炎における還元電子治療の有効性の検討―

中日21世紀の人類と健康フォーラム・長春2006

2006.09
9 担癌患者の細胞レベルでの酸性・酸化度の評価

第29回日本フリーラジカル学会学術集会
日本過酸化脂質フリーラジカル第31回大会合同学会プログラム・抄録集

2007.06
10 担癌患者の全身疲労度についての生理学的解明と疲労度に及ぼす還元電子の影響

第20回日本バイオセラピィ学会学術集会総会

2007.10
11 予防医学における酸性・酸化度評価の有用性

日本統合医療学会四国支部会報1号

2007.10
12 自己防御力と還元電子治療

日本統合医療学会四国支部会報2号

2008.09
13 担癌患者の早期治療評価のための新しい指標

21世紀の人類と健康フォーラム・長野2009 講演要旨集

2009.09
14 担癌患者におけるスクアレンの抗癌効果の検討

第23回日本バイオセラピィ学会学術集会総会

2010.12
15 病気の根元に対する新しい医療技術―細胞内検査と還元電子治療―

世界中医薬学会連合会 自然療法研究専門委員会設立大会

2011.05
16 マイナスイオン発生装置による培養環境の改善の試み

第29回日本受精着床学会総会学術講演会プログラム・抄録集

2011.09
17 スクアレンの赤血球動態に及ぼす生理学的影響について

第65回日本酸化ストレス学会学術集会

2012.06
18 Toward a Radical Cure - with a Focus on Diagnosis of Patient's Defense Level and Treatment of Replacing Electrons

The 32nd Annual Conference of The International Clinical Hyperthermia Society(ICHS)

2013.11

19 還元電子医学の基礎研究と臨床応用

第2回還元電子医学国際健康フォーラム・広州

2014.09

20 難治性の糖尿病および糖尿病壊疽に改善を認めた還元電子治療の症例

第32回日本東方医学会学術大会

2015.02

21 大気ネガティブイオンと還元電子治療

太(广州)健康呼吸博

2015.05

22 慢性疾患における還元電子治療の意義
~病気の根を抜く治療~

日本良導絡自律神経学会 東日本支部 良導絡研修会(第543回)

2015.09

学術論文

 タイトル掲載資料発表年月
1 全国マイナスイオン医学会関連

全国マイナスイオン医学会誌第1巻第1号~第6巻第1号

1997.8~
2003.9
2 カンゲンイオン医学会関連

カンゲンイオン医学会誌第7巻第1号

2004.11
3 Out-hospital Patients with Hyperlipidemia and
Hepatitis  with Various Backgrounds Improved by Wheat Protein  Hydrolysate(Glutamine Peptide) Administration
薬理と治療 vol.32 no.7 2004 2004.07
4 Effect of Wheat Gluten Hydrolysate on the Immune System in Healthy Human Subjects

Bioscience,Biotechnology,and  Biochemistry  Vol.69,December 2005

2005.12
5 赤血球細胞内検査・血液検査に基づく新陳代謝検査法の開発と「新陳代謝評価スケール」の作成

ラボ・サービス医療と検査機器・試薬
30巻3号 2007

2007.06
6 担癌患者の全身疲労度についての生理学的解明と疲労度に及ぼす還元電子の影響

長春中医薬大学学報第24巻5号

2008.09
7 HIV/AIDSに対する還元電子治療成績

医薬ジャーナル化学療法の領域10月号 Vol.24 No.10

2008.09
8 根元(ねもと)の医療を目指して
~細胞内診療の導入~

日本歯科東洋医学会誌第31巻第1・2号

2012.08
9 Toward a Radical Cure-with a Focus on Diagnosis of Patient's Defense Level and Treatment of Replacing Electrons

Oncothermia Journal Volume10 June 2014

2014.06

10 難治性の糖尿病および糖尿病性壊疽に改善を認めた還元電子治療の症例


東方医学学術誌第30巻第4号 2014                                                                

2015.04
11 電子免疫治療研究会関連

電子免疫治療研究会雑誌 Vol.1 No.1
電子免疫治療研究会雑誌 Vol.2 No.1
電子免疫治療研究会雑誌 Vol.3 No.1
電子免疫治療研究会雑誌 Vol.4 No.1
電子免疫治療研究会雑誌 Vol.5 No.1
電子免疫治療研究会雑誌 Vol.6 No.1

2015.10
2016.10
2017.09
2018.11
2019.10
2020.10
12 還元電子医学の会関連

還元電子医学のあゆみ 第1巻第1号
還元電子医学のあゆみ 第2巻第1号
還元電子医学のあゆみ 第3巻第1号
還元電子医学のあゆみ 第3巻第2号
還元電子医学のあゆみ 第4巻第1号

2015.10
2016.06
2017.03
2017.07
2018.04

参考書籍・雑誌

 タイトル掲載資料発表年月
1 漢方医薬新聞 No.469 記者:旭丘光志
発行所:㈱漢方医薬新聞社
2010.01.01
2 細胞内診療 著者:旭丘光志
発行:株式会社メタモル出版
2010.10.15
3 natureナチュール8号

取材:ナチュール編集部LIYURA
発行:アーストリビューン社

2011.11.30

4

統合医療でがんに克つ 2013.8 VOL.62

連載:旭丘光志
発行:株式会社クリピュア

2013.07.30
5 統合医療でがんに克つ 2013.11 VOL.65

構成:希瀬本夕紀(医療ジャーナリスト)
発行:株式会社クリピュア

2013.10.30
6 ライフライン21 がんの先進医療 2014.1 VOL12

取材・構成:朝美淳(ノンフィクションライター)
発行:株式会社蕗書房

2014.01.30
7 アミノ酸研究 Vol.7 No.2 2013

発行:日本アミノ酸学会

2014.02
8

病気の根を抜く医療 ~患者さんから学んだこと、
それは病気には根っこがあった!~

著者:堀口裕/島袋隆
発行:株式会社アピックス
2014.04.30
9 日本抗加齢医学会雑誌 ANTI-AGING MEDICINE
アンチ・エイジング医学 2014 Vol.10 No.5

発行:㈱メディカルレビュー社

2014.10.01
10 統合医療でがんに克つ 2015.11 VOL.89

連載:旭丘光志
発行:株式会社クリピュア

2015.10.30
11 統合医療でがんに克つ 2015.12 VOL.90

取材・構成:吉田繁光
発行:株式会社クリピュア

2015.11.30
12 再発ゼロ がんに負けない体のつくり方

著者:鈴木大次郎
発行:幻冬舎メディアコンサルティング
発売:幻冬舎

2016.03.18
13 統合医療でがんに克つ 2016.6 VOL.96

連載:旭丘光志
発行:株式会社クリピュア

2016.05.30
14 統合医療でがんに克つ 2016.9 VOL.99

取材・構成:吉田繁光
発行:株式会社クリピュア

2016.08.30
15 日本歯科新聞 第1947号 発行所:日本歯科新聞社 2016.10.25
16

もったいないケース
~治るチャンスを手放さないで!~

著者:小澤康敏 ガンの辞典 編集長 2016.12.15
17 統合医療でがんに克つ 2018.1 VOL.115

特集「病気の根を抜く電子補充療法」
発行:株式会社クリピュア

2018.01.30
18 統合医療でがんに克つ 2018.9 VOL.123

シリーズ「医療の現場から」第123回
発行:株式会社クリピュア

2018.08.30
19 統合医療でがんに克つ 2019.10 VOL.136

特集「がんに対する各種療法」
発行:株式会社クリピュア

2019.09.30

トップページ院長挨拶当院の特徴診療案内施設案内交通アクセスお問い合わせ