プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2020年07月 
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
バックナンバー

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

自然界をみて考える。

2020年3月29日09:56:15

                                                                                         No.832

私は、自然界がどうなっているのか?

いつもそれを模範に考えながら仕事をしています。

自然界の中には、未知のものも含めて沢山のウイルスがいる

でしょう。ときに人にとって命を脅かすものも沢山あります。

でも自然界をウイルスのいない世界に作り変えることはできません。

知恵を絞って有効なお薬をつくろうというアイディアも生まれ、

またウイルスをもとにワクチンをつくることも考えるでしょう。

一方でウイルスを人から遠ざける方法も必要です。

ウイルスの存在が濃厚かも知れないという物を、安易に、

わざわざ人の暮らしに持ち込んではなりません。

人は人の住む場所を、ウイルスはウイルスの住む場所を、

できる限り、そのすみ分けをまもる必要があります。

それでも人の周囲には様々なウイルスが近寄ってきて、

ときに、とても脅威になります。

それで人の健康をまもるべく、2つのことが用意されています。

1つは、人の生命に好ましい”空気環境”を維持することです。

きれいな空気、汚れのない空気はウイルスも少なくなります。

明らかに汚染物質の浮遊が少なく、やや湿度が高く、

快適に感じる気温があり、あわく日光が降り注ぐ環境、

そのようなところにはネガティブイオン(マイナスイオン)が多く、

ウイルスの浮遊時間は短く、人への曝露も少なくなります。

ですからできる限り、空気を汚してはなりません。

空気を汚すことはウイルス感染の機会を著しく高めます。

もう1つは人の免疫力を高めることです。

免疫力を高めて、身体からウイルスを排除することです。

ウイルスの感染を受けて、免疫力が高まることもありますが、

それでは命を失う場合もあります。

ですから平生から免疫力を高めておくべきです。

ストレスと過労を溜めない、十分に睡眠をとる、

身体を冷やさない、肩こりを解消する、毎日少しずつ散歩する、

グルタミンを摂る(必須)、ビタミンCを摂る、たんぱく質を摂る、

亜鉛やベータグルカンを摂る、などが留意点です。

私のライフワークは「還元電子医学とネガティブイオン研究」です。

還元電子治療とイオン発生器をお持ちの方は、

十分に利用してください。きっとあなたを守ってくれます。